4:生き方・ライフスタイル

人生のステージが変わる兆候と、より生きたい現実を生きる為に出来ること

更新日:

人生のステージが変わるときというのは、自分自身の生き方が変わったり、人間関係が変わったり、住む場所が変わったりと色々な変化があるものですが

人生のステージは自然と変わることもあれば、意図して望むものに変えることも出来るので

出来るだけ生きたい現実を生きる為には、自分自身の「ステージ」を変えることを意識することで

より生きたい現実を生きることへと繋がります。

今の自分がいる場所というのは「今の自分に相応しい場所」なので

自分自身の人生のステージを変えることを考えるなら、自分の価値観、考え方、習慣といった「自分自身の内面や行動」を変えることや

自分が住む「環境」「職場」「人間関係」といった「自分を取り巻く環境」を変えることが大切になるので

人生のステージが変わる時には何が起こるのかを知り、より生きたい現実を生きることや、人生のステージを変える為のキッカケにしてもらえれば幸いです。

*価値観・考え方が変わる

自分自身が色々な経験をする事で、様々な人の価値観・考え方を知り

今まで自分が正しいと思っていたことが正しい事ではないかもしれないと思ったり、これまでにない考え方や物事の捉え方もあると気づいたりすると

今まで自分が信じていたこと、「自分の価値観や考え方が変わる」事に繋がりますが

自分の価値観や考え方が変わると、今まで自分が信じていたものや価値を置いていたものが価値を無くし

今まで価値を感じていなかったものに価値を感じたりもするもので、それは自分が生きるステージが変わることにも繋がりますよね。

自分が「こうあるべき」だとか「これが常識」だと思っているものというのは、他の人のステージでは「非常識」だったりすることもあるもので

例えば「仕事は真面目に取り組まなければいけない」と考えている日本の人は多いかと思いますが

海外に行って真面目に働いているとは言えないような対応を見かけたりするとカルチャーショックを受けますよね。

自分自身の価値観や考え方が変わるきっかけというのは、色々な人の生きているステージを知ること、色々な価値観や考え方を知ることが大切になりますし

自分が「常識」だと思っていることは自分が動けば変わると気づくことで、人生のステージを変えることにも繋がりますね。

*行動が変わる

人生のステージが変わる時というのは、自分自身の行動も変わります。

例えば今まで好きな人を見ているだけだった人が勇気を出して声を掛けたり

今まで受け身に生きてきた人が自分から積極的にやりたい事をするようになったりすることは、今までとは違うステージに立つことに繋がりますよね。

逆に好きな人には声を掛けていた人が声を掛けられなくなったり、主体的に生きていた人が受け身になることも人生のステージが変わることになるので

どちらがいいか悪いか、というよりも「自分が生きたいステージ」を意識して、それに繋がる行動をとることが生きたい現実を生きることへと繋がります。

人生のステージが変わると普段の自分がとる行動が変わることになるので

例えばよく行くお店が変わったり、着る服が変わったり、見ているドラマが変わったり、食べるものが変わったりもします。

それは価値観や考え方の変化から自主的に変えることもあれば、周りの人に影響されて無意識に変わることもあるものなので

人生のステージを変えて、より生きたい現実を生きる為には、出来るだけ自分が本当に望む行動を取る選択をすることは大切になりますね。

*習慣が変わる

「人は習慣の生き物」だと言われるように、自分自身の習慣というのは自分の人生を作る大きな要素です。

「習慣が変われば人生が変わる」とまで言われる習慣ですが、人生のステージが変わる時というのは自分自身の習慣も変わることになりますし

習慣というのは自分の生活サイクルによっても変わってくるものなので、ステージが変われば習慣が変わることは予想出来るものですよね。

本を読むことや新聞を読むこと、ネットを見ることや動画を見ること、ゲームをすることや物作りをすること

勉強することやブログを書くこと、人によって様々な習慣があるものですが

自分自身が普段どんな習慣を持っているのか、何気なくしている行動を紙に書き出してみたり

自分が無意識にしている習慣を変えることは人生を変えることにも繋がりますし

「習慣を変える為にステージを変える」ことも、より生きたい現実を生きる為には大切になりますね。

*周りの人間関係が変わる

人生のステージが変わる時というのは、間違いなく周りの人間関係というのは変わりますし、人間関係が変われば自分のステージが変わるといっても過言ではなく

人との繋がり自体が「ステージ」だと捉えることも出来ます。

例えばサラリーマンとして生きている人は「サラリーマンが多いステージ」で生きているかと思いますし

主婦の人は「主婦の人が多いステージ」で生きていて、フリーランスは「フリーランスが多いステージ」で生きていますよね。

働くこと以外でも、遊ぶのが好きな人は「遊ぶのが好きな人が多いステージ」

ゆっくりするのが好きな人は「ゆっくりするのが好きな人が多いステージ」

学ぶことが好きな人は「学ぶことが好きな人のステージ」で生きているので

人生のステージが変わる時というのは、自分自身が変わることによって「周りの人間関係が変わる」ことになり

周りの人間関係を変えることで「自分のステージを変える」ことにも繋がりますね。

*パートナーが変わる

人生の多くの時間を共有し、共に生きるパートナーが変わる時というのも、人生のステージが変わることに繋がります。

恋人や配偶者、自分がよく一緒にいる人が変わるときというのは、相手と繋がっている人や環境との繋がりも変わることになるので

それは人生の中で大きな変化になりますよね。

パートナーとなる人、よく一緒にいる人というのは自分と気が合う人であったり、同じステージを生きる人でもあるので

自分や相手の生きているステージが変わることで離れることもあるものですし

人との距離を例えるものとして「生きている世界が違う」という表現をすることもあるように

ステージが違いすぎると関わることすら無くなることもあるので

パートナーが変わるときというのは、自分や相手の人生のステージが変わるときだと意識して

お互いにとっていい選択が出来るようにはしておきたいですね。

*住む場所が変わる

住む場所が変わることも人生のステージが変わることに繋がりますし、住む場所が変わると自然と周りの環境や人間関係も変わることに繋がりますよね。

都会に住んでいる人のライフスタイルと田舎に住んでいる人のライフスタイルは大きく違うものですし

都会から田舎へ行く人もいれば、田舎から都会へと行く人もいるかと思いますが

今の自分がいる環境を変えること、住む場所を変えることは人生のステージを変えることに繋がるので

自分がより生きたい場所で生きる為には、自分が住みたい環境へと移動することが大切になりますね。

実家から出て一人暮らしをすることも、一人暮らしから二人暮らし、二人暮らしから子供が増えて家族で暮らすことになるとそれだけ広い場所が必要になりますし、ステージを変えながら住む場所を変えていくことで

その時々の自分や家族に合った環境で生きることに繋がります。

*人生に対する意識が変わる

人は人生に対する意識が変わると、自分の人生のステージを変えることを選択したいと思うようになります。

例えば身近な人が亡くなった時や、自分自身が命の危機に晒されたとき、人の命は有限で、いつ終わるのか分からないのなら

自分が本当に納得できる人生を歩みたいと思いますよね。

そうした思いを持ったとしても「現状維持」を選択してしまいがちなのが人の性ですが

人生に対する意識が変わることは間違いなく人の人生のステージを変えることに繋がりますし

自分の人生のステージを変えることを選択したいと思うのであれば、出来るだけ自分が「生きたい現実を生きること」を選択することが大切になりますね。

*誰の人生も主役は自分

人は誰でも自分が主役の人生のステージに立っているもので

自分が「どんな役をやりたいのか」は自分で選ぶことが出来るものですし、自分で選んできたものでもあります。

人生のステージが変わるときというのは、生きていると何度も訪れることになるかとは思いますが

周りの人間関係が変わったり、環境が変わったり、意識や行動が変わったりすることは「自然なこと」だと受け止めることで

相手の人生は相手のものだと意識し、自分は自分の人生に対して責任を持って生きていくこにも繋がりますよね。

人生のステージが変わるタイミングは人によって違うものなので、自分は自分の人生に集中して

より生きたい現実を生きる為に、生きたいステージで生きることを選択してみてはいかがでしょうか。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.