4:生き方・ライフスタイル

自分の生き方は働き方に現れる、働き方を選ぶことは生き方を選ぶことである

投稿日:

世の中で生きている多くの人は、何かしらの「役割」を持って働きながら生きているかと思いますが、自分が「好きなことをして生きる」ことや「やりたいことをして生きる」ことは

「自分らしく生きる」ことや「自分に素直に生きること」にも繋がるものですし、自分らしく生きることや自分に合う人生を生きることは、自分自身を満たして生きることにも繋がるものですよね。

自分らしく生きている人や、自分に素直に生きている人は、自分の人生にも満足しながら生きることが出来ているかとは思いますが、自分の生き方は働き方に現れている、ということや

働き方を選ぶことは生き方を選ぶことである、ということについて理解すること、実感することで、より生きたい現実を生きることや、自分の可能性を広げながら生きることが出来ますね。

*自分の生き方は働き方に現れる

世の中には色々な生き方や働き方があるものですが、その中で自分は何を選ぶのか、というのは日本に生まれ育った人なら、多くの人が自分自身で選ぶことが出来るかと思います。

私たちが子供の頃は、生まれた環境や育った環境の影響を自然と受けながら生きることにはなりますが

大人になるにつれて知識や経験が増えると、自分自身で自分が歩む道や、自分がどんな働き方をするのかを自分で決めることが出来るようにもなるもので

例えば「自分が得意なことで働く」ことや「出来るだけお給料が良いところで働く」こと

「自分が好きなお店で働いて貢献する」ことや「出来るだけ簡単な仕事をする」こと

「フリーランサーとして働く」ことや「地元のお店で働く」こと

「旅をしながら働く」ことや「在宅で働く」ことなど、色々な選択肢の中から自分自身の「生き方」に合う「働き方」を、自然と選びながら生きているもので

誰でも自分の生き方が働き方になっているものですよね。

*働き方を選ぶことは生き方を選ぶこと

自分自身の働き方を選ぶということは、自分自身の生き方を選ぶということなので、自分がどう生きるのかによって何をして働くのか、というのも変わってくるものですよね。

「働く」という言葉の捉え方も人それぞれあるかとは思いますが、世の中に対して何かしらの価値を提供することだと考えると、自分が人に対してどんな価値を提供するのか?が自分の「働き方」になるので

自分は世の中にどんな価値を提供したいのか、自分は世の中にどんな価値を提供できるのか、によって「何をして働くのか」は変わることになりますね。

そして人が何に価値を感じるのか、というのも人それぞれの価値観があるので、自分が提供できる価値とそれを価値として受け取ってくれる相手がいることで価値を提供するということが成立するので

例えば「飲食店で働く人」は、「そこで食事をすることに価値を感じる人」が居るから成り立っているもので、「服屋さんで働く人」は「そこで服を買うことに価値を感じる人」が居るから成り立っているものですが

外食をする、服を買う、となった時に「何に価値を感じてそのお店に行くのか?」というのは人それぞれですよね。

お店の人が知り合いだから、料理が美味しいから、雰囲気が好みだから、サービスがいいから、安くて美味しいから、そこでしか出来ない経験があるから、お店の理念に共感するから、など

人は自分の「生き方に合う価値を提供してくれる」ところに行くもので、自分自身が働いている場所というのも、自分の生き方に合う場所であり、自分の価値観に合う場所だということになります。

*人は誰でも自分の生き方に合った働き方をしている

人は誰でも自分の生き方に合った働き方をしているものなので、自分自身の生き方が変わる時には自分の働き方も変わることになったり、自分の周りの環境が変わったり、付き合う人が変わる、ということもありますが

今の自分がいる環境や、今の自分が働いている場所、今の自分の周りにいる人というのは「自分に合う人」であり「自分に合う現実」だと受け止めることで

より自分が生きたい現実を生きることや、自分自身の可能性を広げながら生きることも出来ますよね。

人の生き方は人の数だけあるものですが、当事者意識を持って自分の人生を歩むことで、自分らしく生きることや、自分の人生に満足しながら生きることを続けることが大切なポイントになりますね。

*時代と共に人の生き方や働き方は多様化している

人の生き方や働き方というのはその時代によっても変わるものですよね。

今多くの人が持っている機械や道具、パソコンやスマートフォン、車や電車なども昔は無かったものですし、そうした人の生き方や暮らし方、働き方を変えるものが発明されるということは

それだけ人の生き方や働き方が変わることにも繋がるもので、機械や道具をあまり使わずに昔ながらの暮らしを大切に生きている人もいれば、機械や道具を使うことで新しい生き方をしている人も居ますが

「自分はどう生きるのか」を決めることが、自分の生き方や働き方に対して当事者意識を持って生きることにも繋がります。

自分の生き方や働き方に対して当事者意識を持って生きるということは、自分の選択に対して自分自身で納得して生きることにも繋がるので

その方が自分自身も自分の人生に満足しながら生きることが出来ますよね。

*生き方が変われば働き方も変わる

人の人生には色々とライフステージがあるものですし、自分自身の生き方が変わる時というのは生きている中で何度か経験している人も多いかと思いますが

自分自身の生き方が変われば働き方も変わるものなので、その都度自分自身と向き合うことで、その時の自分に合う働き方や生き方を選択することが出来ますよね。

そしてそれは自分の周りの人や、生きている全ての人に当てはまるものでもあるので、人の生き方や働き方は人それぞれが「今のその人に合う生き方や働き方」をしていると受け入れることで

「自分は自分の人生を自分らしく生きること」が出来ますし、人は誰でも自分の人生を自分らしく生きている、とも言えますね。

誰の人生もその人を中心に回っているものなので、自分自身がどんな世界に身を置くのかや、自分の生き方を決めることで

より生きたい現実を生きることや、自分自身の生き方に合う働き方をすることが出来ますね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.