4:生き方・ライフスタイル

パラダイムシフトと人の生き方

更新日:

「パラダイムシフト」というのは「パラダイム(ものの見方や捉え方)」が「シフト(移動)」することで、分かりやすく言うと「常識が変わる」ことですが

常識というのは変わるものなので、それに合わせて私たちも柔軟に「ものの見方や捉え方を移動する」ことは大切であり

それは特に、変化のスピードが早い今の時代では、とても重要なことになりますね。

世の中の「常識が変わっている」のに「自分が変わらない」で生きることは難しく

「現状維持は後退」と言われるように、世の中が変わっているのなら「自分自身も変えること」を選択することや

個人の「ものの見方や捉え方」を変えていくことが、全体の「パラダイムシフト」に繋がり、全体のパラダイムシフトが個人のものの見方や捉え方を変えることにも繋がりますよね。

・人生を変えるパラダイムシフト

パラダイムシフトが全体で起きていても、それを知らなければ「起きていないのと同じ」であり、自分が「気づいた時点」で自分自身の「常識が変わる」ことになるので

今の時代は特に、出来るだけ「世の中の変化」には、目を向けておくことは大切になりますね。

インターネットの普及によって、自分が今まで「常識だと思っていたこと」が、「他の国では常識では無かった」とか「非常識だと言われること」が「他の国では常識だった」とか

そうした「価値観・考え方の違い」を簡単に知ることが出来るようになり、自分に合う世界を見つけて、そこで生きることをしやすくもなっていますが

人の生き方を変える、大きなパラダイムシフトというのは「被害者意識」から「当事者意識」への移行であり

多くの人が当事者意識を持って現実を歩むことは、とても重要なことになりますね。

・自分自身のパラダイム(ものの見方や捉え方)を知る

人の人生というのは、その人が信じているパラダイムによって出来ているので、人によって生きている現実は随分と違うこともあります。

不幸な人生を生きている人も、幸せな人生を生きている人も、山あり谷ありの人生を生きている人も、凪の人生を生きている人も

自分が生きたい現実を生きていて

生まれた環境、育った環境に影響されることも多いですが、人によって「現実をどう受け止めるか」や「何に焦点を当てているのか」の違いによって現実は変わるので

自分が普段何に目を向けているのかや何を感じているのかを考えてみると、自分がどんな人生を歩んでいるのかが分かりますし

それを変えることも可能ですよね。

今の現実を、より自分が生きたい現実へと変えていく為には「現実の見方を変える」こと

そして「自分自身の行動を変える」ことが重要になりますし

今の時代、より自分が生きたい現実を生きることがしやすくなっているので、自分が「どう生きるのか」を

視野を広げて現実を見て、「選択する」ことは重要になりますね。

・人の仕事の機械(AI)化

様々な物が効率と正確性を求められたり、生活を便利にする為に機械化している今の時代

「遊びが仕事になる」とか「遊んで暮らせるようになる」「人は働かなくていい」「人の仕事が機械に奪われる」など、色々と言われる事がありますが

人が働かなくても世の中が回るのであれば、人は働かなくてもいいので「働かざる者食うべからず」という労働に対する価値観は変わりますよね。

人が働かなくても生きていけるのであれば、人は「自分がやりたいことをする」ことになりますが、人によって「消費者」になりたいか「生産者」になりたいかが分かれることや

仕事が無くなることによって、社会との繋がりを別の場所に求めることになるので「コミュニティ」を求める人が増えたり

普段から自分の人生を充実させている人、自分が生きたい人生を生きる事が出来ている人にとっては、更にやりたい事が出来る世の中へと変わっていくことになりますが

生きる為に働いている人、常識に自分から拘束されている人は、世の中の変化を見ながら自分の仕事も柔軟に変化させていくことが大切になるのではないでしょうか。

・これからの時代の生き方

今の時代は「機械化」と「多様化」が進んでいて、「人の生き方」「仕事の在り方」というのも変わってきていますし

無料で学べるサービスも増えていることから、学ぶことに対するコストも下がっています。

つまり本当に「やりたいことをして生きる」ことが可能で、更に「学ぶ為にお金もそんなに必要ない」のですが

その為には「自己管理出来ること」や「視野を広げて現実を見ることが出来る」こと「行動出来る自分で在ること」などは、とても重要な要素になってくるかと思います。

私たちは今「どう生きるか」を「選べる」ような、とても恵まれている時代と環境に生きているので

出来るだけ視野を広げて、自分が本当にやりたいことをして生きる選択をする事が、自分の人生にとって、とても重要なことになりますよね。

多くの人の価値観や考え方が変われば「社会の在り方」も変わりますし

「ワークライフバランス」や「ワークアズライフ」、「好きなことで生きていく」ような考え方が広まっているのも、自分の生き方を見直すきっかけにもなりますよね。

世の中にはどんな生き方があるのかを知り、自分は「どう生きていきたいのか」を「決める」こと

それは世の中の変化と共に変わっていくことにはなりますが、そうして世の中の変化を見ながら、自分自身も更新していく事が重要になりますね。

◎パラダイムシフトと人の生き方:要約

*人生を変えるパラダイムシフト

人の価値観・考え方を大きく変えるパラダイムシフトは「被害者意識」から「当事者意識」へのシフトであり

現実に対して当事者意識を持って歩むことが、自分の現実をより自分が望むものへと変えることに繋がりますね。

*自分自身のパラダイム(ものの見方や捉え方)を知る

人はそれぞれ「現実の受け取り方」「現実の見方」が違うもので、それが「自分」だとも言えるものなので

自分の「現実の見方を知る」ことで、これから自分がどんな現実を歩むことになるのかも見えてきますし

それを変えることを考えるなら、より生きたい現実を生きることに繋がる「価値観・考え方」を取り入れることが大切になりますね。

*人の仕事の機械(AI)化

今まで人がしていた仕事を機械やAIがするようになると、人は仕事をする必要がなく生きることが出来るようになり

自分が「どんな人生を生きたいのか」や、自分が「やりたいこと」を選択出来る可能性が広がっていくので

自分が「何をして生きていきたいのか」や「どんな人生を生きたいのか」を意識しながら生きることも大切になりますね。

*これからの時代の生き方

人の仕事が機械やAIに任せることが出来るようになり、人が働く必要性が無くなることや、仕事に対する概念が変わると、人の生き方が変わることになりますが

そうした時代の変化、世の中の流れを汲み取りながら、それに合わせて自分自身の働き方を変えることも重要になりますし

視野を広げて現実を見て、自分は自分に出来ることから変えていく事で

変化に対応することや、より生きたい現実を生きることへと繋がりますね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.