4:生き方・ライフスタイル

パラダイムシフトと人の生き方について考え、生きたい現実を生きることへと繋げる方法

更新日:

「パラダイムシフト」というのは「パラダイム(ものの見方や捉え方)」が「シフト(移動)」することで、分かりやすく言うと「世の中の常識が変わる」ことですが

パラダイムシフトは個人にも起こるものなので、自分自身の価値観や考え方、現実の見方が変わることは「個人的なパラダイムシフト」だと捉えることが出来ます。

世の中の価値観や考え方が変わると、個人の価値観や考え方、生き方なども自然と変わるものではありますが

生きたい現実を生きる為には、それに伴うパラダイムシフトが起こることはポイントになるので

「気づき」や「実感」によって自分自身の現実を、より生きたい現実へと変えることを選択してみて下さいね。

*人の人生を変えるパラダイムシフト

人の人生を変えるほどの大きなパラダイムシフトというのは、ものの見方が大きく変わった時に起こるものなので

それは例えば「被害者意識を持って現実を見ていた人」が「当事者意識を持って現実を見る」ことが出来るようになったり

「理解出来なかった人」を「理解出来るようになる」ことが出来たりするものなので

生きたい現実を生きる為には、自分自身が「生きたい現実を生きる為のものの見方や捉え方」をすることがポイントになります。

*自分自身のパラダイム(ものの見方や捉え方)を知る

人の人生というのは、その人が信じているもの、現実の見方によって出来ているので、人によって生きている現実は随分と違うこともあります。

不幸な人生を生きている人も、幸せな人生を生きている人も、山あり谷ありの人生を生きている人も、凪の人生を生きている人も、自分が生きたい現実を生きていて

人によって「現実をどう受け止めるか」や、現実に起こる出来事の「何に焦点を当てているのか」の違いによって現実の見方は変わるので

自分が普段何に目を向けているのかや何を感じているのかを考えてみると、自分がどんな人生を歩んでいるのかが分かりますし、それを変えることが出来るのも自分です。

今の現実を、より自分が生きたい現実へと変えていく為には「現実の見方を変える」こと、そして「自分自身の行動を変える」ことがポイントになるので

視野を広げて現実を見渡し、自分がどう生きるのかを「選択する」ことが、より生きたい現実を生きることへと繋がりますね。

*人の仕事の機械化

人が出来る仕事の機械化は進んでいるので、人は人が出来ることを、機械は機械が出来ることをすることで、人の仕事は楽になりますが

それに伴って専門的な知識が必要だったことも機械がしてくれるようになると、人の仕事が無くなることにも繋がりますよね。

そうして人の「働き方が変わる」と「生き方が変わる」ことにも繋がるので、そうした現実を受け入れることで

自分は自分が出来ることをすることで、生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ます。

世の中の変化の流れに乗ることは自然の流れに乗ることなので、自然の流れに乗りながら生きることで

生きたい現実を流れに乗って生きることにも繋がりますし

人は人が出来ることをして生きることは、これからの時代を生きる為の大切なポイントになりますね。

*これからの時代の生き方

今の時代は「機械化」と「多様化」が進んでいるので「人の生き方」や「仕事の在り方」というのも変わってきていますし

無料で学べるサービスも増えていることから、学ぶことに対するコストも下がっています。

つまり本当に「やりたいことをして生きる」ことが可能で、更に「学ぶ為にお金もそんなに必要ない」のですが

その為には「自己管理出来ること」や「視野を広げて現実を見ることが出来る」こと「行動出来る自分で在ること」などは、とても大事な要素になってくるかと思います。

私たちは今「どう生きるか」を割と自由に「選べる」ような、とても恵まれている時代と環境に生きているので

出来るだけ視野を広げて、生きたい現実を生きることを選択してみて下さいね。

多くの人の価値観や考え方が変わると「社会の在り方」も変わるものなので

「ワークライフバランス」や「ワークアズライフ」、「好きなことで生きていく」ような考え方が広まっているのも、自分の生き方を見直すきっかけにもなりますよね。

世の中にはどんな生き方があるのかを知り、自分は「どう生きていきたいのか」を「決める」ことで

生きたい現実を生きることを選択してみて下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.