4:生き方・ライフスタイル

当たり前の幸せに気づくことで、日々の大切さを実感する

投稿日:

私たちが何気なく過ごしている日常の中には、当たり前のようにあることや当たり前のように居る人、当たり前のように感じている出来事というのが沢山あるものですが

そうした何気なく「当たり前」だと感じていることは、本当はとても幸せなことだと気づくことは、感謝の気持ちを持って生きることや、幸せを感じながら生きることへと繋がるものですよね。

日常にある「当たり前」に目を向けること、そしてそれに感謝することで、幸せを感じながら日々を過ごすこと、足るを知ることで現実に対して満足しながら過ごす人生を送ることで

自分自身が満足して人生を送ること、そして周りの人とも幸せを分かち合う人生を共に過ごして下さいね。

*食べるものがあるという幸せ

私たちが普段食べているものというのは、それを作っている人があってこそ成り立っているものですし、食べるものがあるから私たちは生きていくことが出来るものですよね。

パンやお米、野菜や果物、お肉や魚など、普段から当たり前のように食べているものが簡単に購入できる世の中である、ということはとても恵まれているということを自覚することで

生産者の人や流通に関わっている人、食事を提供してくれている人にも感謝の気持ちを持つことが出来るものですし

そうした世の中に生きている、ということもとても幸せなことですよね。

*着る服があるという幸せ

私たちが普段から着ている服や、それを販売しているお店というのも、当たり前のように存在しているものですよね。

普段着やドレスコード、流行りの服や古着、ブランド衣類など色々な服が有りますが、そうした衣類も生地となる植物を育てている人や布をつくっている人

デザインを考える人やそのデザインに沿って作る人、そしてそれを販売する人など、多くの人が生産に関わっているもので

そうして創られた服を私たちは普段から着ているのだと考えると、着ている服や持っている服に対して感謝の気持ちを持つことや、物を長く大切に使うという意識にも繋がります。

*住む家があるという幸せ

雨や風を防いだり、安心して寝ることが出来る場所や、帰る家があるということもとても幸せなことですよね。

マンションや一軒家、アパートなど、家の形にも色々とありますが、家を建てる人やデザインする人、不動産屋さんや大家さんなど、色々な人との関わりがあって住むことが出来る家は

私たちの当たり前の日常を支えてくれる、とても大きな存在です。

帰る家があるからこそ私たちは外に出て色々な経験をし、学び、感じ、より生きたい現実を生きることが出来るもので、当たり前のように感じている住む家の存在にも感謝することでも、幸せを感じることが出来ますよね。

*人との繋がりがある幸せ

幸せな気持ちというのは一人でも感じることは出来ますが、私たちは人との繋がりの中でより幸せを感じることが出来ますよね。

家族や友人、職場の人や趣味仲間、家の近くの人やよく行くお店の人など、人との繋がりというのは生きていると色々なところにあるものですし

人との繋がりによって、何気ない日常の中にも幸せを感じられることもありますよね。

私たちは生まれてから沢山の人と関わりながら生きているもので、周りの人と関わりながら生きたい人生を生きることや、自分自身の役割を見つけたり、人生に意味を見出したり

それぞれが「生きる」ことに向き合うきっかけというのは、人との繋がりの中で見出すことが多いものですし

周りの人に感謝しながら、人との繋がりがあることの幸せを感じることで、幸せを分かち合いながら生きて下さいね。

*生きているということの幸せ

自分自身が今ここにいて生きている、ということはとても幸せなことですよね。

生きていると色々な出来事がありますが、生きているなら出来るだけ自分自身が幸せに生きることを選択したいと思いますし、幸せに生きている人と関わりながら生きる方が日々を幸せに生きることにも繋がりますよね。

何に幸せを感じるのか、というのは人それぞれだと思いますが、自分が今生きていることに幸せを感じることから、当たり前の幸せに気づくことや日々の大切さを実感することが出来ますよね。

*感情を感じられる幸せ

人には喜怒哀楽があり、それぞれの感情があるからこそ幸せを幸せとして感じることが出来ますよね。

辛いことや悲しいことがあったからこそ、より今の幸せを感じられるということもありますし、その全てが愛おしく感じられるということもあるもので

それは私たちが生きているからこそ感じられることですよね。

人は誰でも色々な感情を感じながら生きているかとは思いますが、出来るだけ自分が感じたい感情を感じながら生きることが大切になるので

当たり前の幸せに気づくこと、当たり前の幸せに目を向けることで、日々の大切さを実感しながら生きることが出来ますね。

*人を愛せるという幸せ

人を愛せるということはとても幸せなことですし、人を愛していると感じる時には自分自身も幸せな気持ちになりますよね。

誰かを愛するということは自分を愛することと同じなので、人を愛せる人は自分自身を愛することが出来る人でもあり、それだけ幸せを感じることも多いものなので

当たり前のように自分の周りにいる人達に愛情をもって接することで、より日々を大切に過ごすことも出来ますね。

*色々な場所に出かけられる幸せ

私たちが生きている現代では、行こうと思えば行ける場所も多いもので、色々な場所に出かけられるということも、とても幸せなことですよね。

近くを歩くだけでも幸せを感じることは出来ますが、色々な場所に出かけて実際に自分自身が経験するということは何にも変え難い経験になりますし

電車や車、バスや飛行機なども昔は無かったものなので、今の時代を生きている私たちはとても色々な可能性や選択肢がある時代に生きているもので

そうした今の時代の当たり前に気づくことでも、より日々の大切さを実感することが出来ますね。

*色々な経験が出来る幸せ

日々の暮らしの中でも、私たちは色々な経験をすることは出来ますが、そうした経験が出来ることも幸せなことだと気づくことで、日々の大切さを実感することが出来ますよね。

例えば、本を読むこと、料理をすること、散歩をすること、ブログを書くこと、外食すること、働くこと、家事をすること、育児をすること、自然と戯れること、買い物をすること、お風呂に入ることなど

当たり前のような日々の暮らしの中でも私たちは色々な経験をしているもので、そうした当たり前のことが幸せだと気づくことや思い出すことで

日々の暮らしの中でも幸せを感じながら生きることが出来ますね。

*学べる環境があるという幸せ

私たちの周りには何かを「学べる環境」というのが沢山存在しているもので、子供の頃には義務教育が主になりますが、大人になってからも色々と自分の興味があることなどを学ぶことが出来ますよね。

何かを学ぶということは自分の人生をより豊かで充実したものにすることにも繋がりますし、これまで生きてきた人達が残してくれた知識というのは今の時代の私たちの生活の基盤になっていたり

知識を増やすことで周りの人に与えられるものを増やすことが出来たり、自分が本当にやりたいことを見つけたり、自分の生き方を決めることにも繋がるものですよね。

何かを「学ぶ」ということは、勉強するということだけではなく、日々の中で何かを感じたり考えたり、自分自身で経験することでも「学ぶ」ことは出来ますし

そこから「学びを生かす」ことで、より自分自身も、自分の周りの人も豊かさや幸せを感じること、日々の暮らしの大切さを実感しながら生きることも出来ますね。

*幸せは自分で見つけることが出来るという幸せ

「しあわせはいつも じぶんのこころがきめる」という相田みつをさんの言葉、有名ですよね。

私たちは生きている中で「幸せを感じること」を自分で見つけることが出来るもので、それは自分が目を向けるだけで、自分がどこに居たとしても存在しているものですが

幸せを感じながら生きる為には「有るもの」に目を向けることが大切なポイントになるので

日々の暮らし、当たり前の日常、何気ない出来事の中にある「幸せ」に目を向け、日々の大切さを実感しながら生きることを続けることで

より幸せや豊かさを感じながら生きる人生を歩んでみて下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.