4:生き方・ライフスタイル

「在り方」が変われば潜在意識が変わり、引き寄せるものも変わる

更新日:

自分自身の「在り方」、普段から自分が「どう在るのか」というのは、自分の現実に何を引き寄せるのか、どんな人生を送るのか、周りにどんな人を集めるのかなどに影響するもので

言い換えると、今の現実は今の自分の「在り方」が引き寄せている現実になるので、自分自身の「在り方を変える」ことによって、生き方を変えたり、引き寄せるものを変えることに繋がります。

在り方が変われば潜在意識が変わり、自分が引き寄せるものも変わりますが、自分の「在り方」を一貫すること、自分の「在り方の軸を持つ」ことによって

より生きたい現実を生きることや、自分が本当に望む現実を歩み続けることに繋がるので

自分自身の「在り方」について考えたり、適度に見直すことで、出来るだけ自分が本当に歩みたい道を歩むことを続けてみて下さいね。

*人は自分の「在り方」に合うものを引き寄せている

人は誰でも自分の「在り方」に合うものを引き寄せているもので、自分自身の在り方を変えれば自分が引き寄せるものも変わります。

在り方を変えれば引き寄せるものが変わるのは、人は自分の周波数に合うものを引き寄せるということ、単純に考えると「類は友を呼ぶ」という事が実体験としても実感しやすいですよね。

幸せに生きている人は幸せを感じられる出来事を、不幸に生きている人は不幸を感じられる出来事を経験しますが、どちらがいいか悪いか、というよりも、自分が「どう在りたいのかを決める」ことや

自分が「どう在ることを選択しているのか」を自覚すること

そして自分が引き寄せるものを変える為には、自分の「在り方を変える」ことで、それに合う現実を引き寄せることにも繋がります。

*「在り方」を変えれば引き寄せるものも変わる

自分の現実を変えることや、自分が引き寄せるものを変える為には、自分の「在り方を変える」ことがポイントになるので

自分自身が「そうで在る」ことが、現実を「自分がそうで在れる」ように変えることに繋がります。

例えば「豊かになりたい」と思う人は「豊かで在る」事が大切になるので、今の現実にある「豊かさに目を向ける」ことで「豊かさを感じる」こと、そして「豊かさを受け取る」ことで

「いま、豊かで在る」ことに繋がりますし

「幸せになりたい」と思う人は「幸せで在る」事が大切になるので、今の現実にある「幸せに目を向ける」ことで「幸せを感じる」こと、そして「幸せを受け取る」ことで

「いま、幸せで在る」ことに繋がりますよね。

それが「在り方を変えて引き寄せるものを変える」ということで、生きたい現実を生きるポイントになるので、現実を見て自分自身の「在り方を整える」ことで、出来るだけ生きたい現実を歩み続けることが出来ますね。

*自分は「どう在りたいか」がポイントになる

自分が「どう在りたいか」は自分の生き方を決めるとても大切なポイントであり

自分が「どう在るか」を決めることや、そこに一貫性を持たせることで、潜在意識も書き換わり、生きたい現実を真っ直ぐに生きることが出来ますよね。

「在り方」を決める為には色々な人の在り方を知ることも大切になるので、自分の世界を広げることで、より自分が生きたい現実や在りたい在り方を明確にしたり

色々な人の生き方や在り方を知ることで、自分自身の「在り方」に自信を持って生きることにも繋がります。

*今の現実は今の自分の「在り方」に合う現実

今の現実は今の自分の在り方に合う現実なので、自分自身の在り方が変われば自分が見ている現実が変わったり、現実をどう受け取るのか、現実に対する「解釈」が変わることも在ります。

現実に起こる出来事自体はニュートラルなもので、それをどう感じるのかやどう解釈するのか、そして自分がどう生きるのか、どう在るのかというのは「自分で選ぶ事ができるもの」なので

自分は自分が信じたいものを信じて、自分がやりたいことをして生きることが、自分自身の「在り方」、そして「生き方」に繋がっていき、その「在り方」に合う人生を歩むことになります。

つまり人の人生は「思い込み」によって出来ているので、自分の思い込みに気づくことや思い込みを手放すことで、現実をありのままに受け入れることや、自分が信じたいことを信じて生きることが出来ますね。

*今、在りたい状態で在ること

人は自分の在り方、自分の状態に合う出来事を引き寄せていると考えると、自分自身が「今、在りたい状態で在る」事が、その状態に合う現実を引き寄せることや、その状態で居られる出来事を引き寄せることに繋がるので

いまを大切に生きることや、自分自身の感情に目を向け、自分が望む感情を感じることが、生きたい現実を生き続けることへと繋がりますし

自分自身の「在り方」が大切だ、ということを知っていれば、これから先の人生で何があったとしても、自分自身を律することで、何度でも生きたい現実を生きることが出来ますよね。

自分はどんな人生を生きたいのか、自分はどう在りたいのか、自分は何を引き寄せたいのか、というのは「顕在意識の望み」になるので

自分自身が「在りたい状態で在る」こと、そして「その状態で行動する」ことで、より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.