4:生き方・ライフスタイル

肩の力を抜く方法、余裕を持って生きる為に出来ることを知る

更新日:

肩の力を抜くことやリラックスすることは、自分自身に余裕を持って生きる為にはとても大切なことで、自分自身に「ゆとり」や「余裕」を持って生きることで、人に優しくすることや、落ち着いて生活することにも繋がりますよね。

肩の力を抜くこと、余裕を持って生きる為に出来ることを生活の中に取り入れたり、考え方を変えることで、余裕を持って生きることへと繋げてみて下さいね。

*現実を受け入れる

余裕を持って生きる為には、現実を受け入れることは大切になります。

現実を受け入れることで現実に目を向け、現実を変えることが出来るものですし

今の自分の目の前にある現実を受け入れることで、より自分が生きたい現実を生きる為に、今の自分に出来ることを行動することにも繋がりますよね。

現実を受け入れるということは「自分に出来ること」と「自分に出来ないこと」を明確にして、自分は自分が出来ることをする、という意識を持つことにも繋がりますし

例えば「疲れたなぁ」と感じる時には、ゆっくり湯船に浸かったり、アロマやキャンドルを焚いてリラックスしたり、暖かい飲み物を飲んだり、甘いものを食べたりすることで気持ちを落ち着かせることが出来るように

今の現実を受け入れることで、今の自分に出来ることに目を向け、余裕を持って生きることに繋げることが出来ますよね。

*環境を変える

人は環境の生き物」だと言われることも多いように、自分が居る環境というのは自分の生き方にとても影響してくるものなので

「余裕のある人生を生きる」為には「余裕のある人生を生きる事が出来る環境」に身を置くことや、そうした環境を選択する為に「自分自身を変える」こと

自分の生き方の「優先順位を変える」こともポイントになります。

例えば、働きすぎて余裕がなくなるなら、働く比率を減らせる環境に移ることで余裕を持てるようにすることや

毎日が忙しくて余裕がないと感じるなら、支え合える人たちが多い環境に移動することで余裕を持てるようにすることなど

自分自身が余裕を持って生きることが出来る環境へと移ることを選択してみるのも、現実を変えることに繋がりますよね。

*人に期待しない

人に期待しないことも余裕を持って生きる為には大切な考え方になります。

人に期待するのではなく「現実は自分に合うように出来ている」と受け止めることで、自分自身を変えることで、自分が生きたい現実を生きることに繋げることが出来ますよね。

例えば誰かが「自分の為に何かしてくれるんじゃないか」とか、「自分はこれだけしてあげたのに」というのは「人に期待している状態」なので

「現実は自分に合うように出来ている」こと、自分が無意識に望んでいることが現実になっていることを自覚して生きることで

人に期待しないで、自分が生きたい現実を生きることに繋がりますし

現実は自分に合うように出来ていると実感すると、現実に満足しながら余裕を持つことや、肩の力を抜いて生きることも出来ますよね。

*時間に余裕を持って行動する

スケジュールや予定の時間に余裕を持たせることも、余裕を持って生きる為に出来ることの1つですよね。

時間に余裕のあるスケジュールを組むことや、約束の時間や待ち合わせには時間に余裕を持たせることで、自分自身の心に余裕も生まれます。

時間に余裕があると落ち着いて行動することも出来ますし、自分の時間の「過ごし方」にゆとりを持たせることで、余裕を持って生きることに繋がるので

落ち着いた時間を過ごすことは、余裕を持って生きる為には大切なポイントになりますね。

先の予定が分かっていることが在るなら、出来ることは先にやっておいたり、自分が生きている人生を出来るだけ「気持ちよく過ごすこと」を心得ることで、肩の力を抜いて生きることにも繋がります。

*リラックスする時間を持つ

日常の中にリラックする時間を持つことは、肩の力を抜いてゆったりとした時間を過ごすことにも繋がりますし、自分自身がリラックスした状態で過ごすことは、余裕を持って生きることに繋がりますよね。

リラックスする時間を持つ為には、部屋を自分が落ち着く空間にしたり、ゆっくりと湯船に浸かったり、アロマやキャンドルを焚いたり、リラックスできる音楽を掛けたり、自然の中を散歩したり、色々と出来ることはあるので

自分が好きなやり方でリラックスする時間を過ごすこと

リラックスする時間を持つことで、自分自身の気持ちを落ち着かせることや、自分自身の心に余裕を持つことにも繋がるので

出来るだけ日常の中で、自分自身がゆとりを持てるように計らってみて下さいね。

*日々の暮らしにゆとりを持つ

肩の力を抜いて生きることや、余裕を持って生きる為には日々の暮らしにゆとりを持つことが大切なポイントになるので

自分自身の「生き方」や「働き方」を見直してみることで、自分が余裕を持って生きることが出来るバランスを考えたり、実際にそうした生き方を選択することで

より生きたい現実を生きることや、余裕のある人生を歩むことへと繋げてみて下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.