4:生き方・ライフスタイル

肩の力を抜く方法、余裕を持って生きる為に出来ること

肩の力を抜くことは、余裕を持って生きる為にはとても大切なことで、自分自身に「ゆとり」や「余裕」が無ければ冷静な判断が出来なくなったり

感情に動かされて「望まない事をしてしまう」事にも繋がりますよね。

優しくしたいのに怒ってしまったり、大切にしたいものを壊してしまったり、そうした「望まない出来事」を起こさない為にも

肩の力を抜くこと、余裕を持って生きる為に出来ることを生活の中に取り入れたり、考え方を変えることで、落ち着いて行動することにも繋がります。

・日常に取り入れたいこと

忙しい日々を過ごしていたり、やらなければいけない事に追われている事が多い人は、日常の中に「リラックスする時間を取る」ことで

今日の疲れを明日に持ち越さないようにしたり、気持ちを切り替えたり、頭をスッキリさせる事にも繋がるので

例えば、好きな香りのアロマを焚いたり、ハーブティーを飲んだり、リラックス出来る音楽を聴いたり、部屋の明かりを消してキャンドルを灯したり、湯船にゆっくり浸かったり、視界を広げて自然に目を向けてみたり…

そうした「こころが落ち着く」こと、自分が「リラックス出来る時間」を取ると同時に

スマートフォンやパソコン、テレビなどから流れてくる「過度な情報」を、一旦遮断することも、重要になりますね。

・考えても仕方がない事は考えない

肩の力を抜く為に、「考えても仕方がない事は考えない」こと

例えば自分の周りで起こった出来事に対して、不満や不安を抱えたとしても、それを解消できるのは「自分自身」で、「誰か」ではありませんよね。

生きていれば誰でも嫌な思いや辛い思いをすること、時には感情が大きく動く出来事があるものですが、それが「望まない感情」なら、その感情を手放すことは大切になりますし

起こった出来事を変える事は出来ないもので、現実は「受け止める」こと

そこから自分が「どう考えるか」というのは「自分で選ぶ事が出来るもの」なので

考えても仕方がない事は考えないこと、出来るだけ今に目を向けて、「自分が望む感情を感じる」ことが、大切になりますね。

・現実を受け止められる器を持つ

余裕を持って生きる為には「現実を受け止められる器を持つ」こと

繊細な人は特に、少しの出来事で自分自身が傷ついてしまうこともあるかと思いますが、現実は受け止めなければ先に進みませんし

現実を受け止めるから、より自分が望む現実を歩む為の選択をすることも出来ますよね。

現実を受け止める為には、一旦「事実だけを見る」こと

人は現実に起こる出来事を「自分が見たいように見る」ことや、「見たいものしか見えていない」ことがあるので

客観的な意見も参考にしながら、視野を広げておく事は大切になりますね。

・環境を変える

「人は環境の生き物」で「習慣の生き物」なので、自分を創っている「環境を変える」ことは、現実を変えることに繋がります。

余裕がない人生を生きている人は「余裕がある人生を生きる」為に、余裕を持つ時間を取り入れることから始める事は大切になりますし

その為には「余裕がある人生を生きる事が出来る環境」に身を置くことや、そうした環境を選択する為に「自分自身を変える」こと

優先順位を変える」ことも重要になりますね。

「ライフワークバランス」といった言葉が広まったのも、仕事とプライベートのバランスを大切にしたいと考える人が増えたことの現れでもありますし

普段、自分が「何に時間を使っているのか」を意識して、そのバランスを変えること、「時間の使い方を変える」ことも、自分の生きる環境を変える大きな要素になりますね。

・考え方を変える

肩の力を抜いて、余裕を持って生きる為には、自分自身の「考え方を変える」ことも、とても重要なことになります。

人は自分の「価値観・考え方」によって生きる道を選択しているもので

「忙しい日々を過ごしている」ことや「それが当たり前だと思っている」と、そうした人生を歩み続けることに繋がるので

今、こうして「余裕を持って生きること」に目を向けているように、自分が「何に目を向けているか」を意識して

「余裕を持つ」「肩の力を抜く」「リラックスする」といったことに、焦点を当てる事、気を合わせることが大切になりますね。

「余裕を持って生きることが大切だ」という意識が自分の中にあれば、余裕が無くなりそうになった時にも「落ち着く」こと、「冷静になる」ことにも繋がるので

日常的に「リラックスする時間を取る」ことや、「余裕を持つ」ことに意識を向けて、行動することを選択してみてはいかがでしょうか。

◎肩の力を抜く方法、余裕を持って生きる為に出来ること:要約

*日常に取り入れたいこと

日常にリラックス出来る時間を取り入れることで、肩の力をぬいて、余裕を持って生きることに繋がるので

自分が「リラックス出来る」「癒される」と感じることを取り入れることや

スマートフォンやパソコンなどから流れてくる「過度な情報」を遮断することも大切になります。

*考えても仕方がない事は考えない

起こった出来事を変える事は出来ませんが、起こった出来事に対する「解釈を変える」ことは出来ますよね。

過去に起こった出来事や、まだ起こっていない未来に関する出来事に意識を向けるのではなく、「いまに目を向ける」こと

いま、自分が「望む状態で在る」ことを意識して生きることを、選択することも重要ですね。

*現実を受け止められる器を持つ

「現実を受け止める」事は、現実に起こる出来事に対して激しく感情を揺さぶられることなく、落ち着いて現実を見ることに繋がるので

「現実を受け止められる器を持つ」ことは、余裕を持って生きることへと繋がりますよね。

*環境を変える

肩の力を抜くこと、余裕を持って生きることを選択する為に、「環境を変える」というのは重要な選択肢の1つになります。

人はどうしても環境に左右されてしまうものではあるので、自分の周りの環境を、出来るだけ「自分が望む環境」に近づけること、又は自分から近づいていくことが大切になりますね。

*考え方を変える

考え方を変える事は、自分の「生き方を変える」ことに繋がりますし、人は「自分に合う環境で生きる」ことになるので

「余裕を持って生きる」為には「余裕を持って生きる為の考え方」を持つことや、「それに合う行動を取る」ことが必要になりますよね。

生きていると色々な出来事があるかとは思いますが、自分自身が余裕を持って生きること、その為に出来ることから行動することを選択することが

自分の周りを変えることにも繋がるので、「出来ることから行動する」ことや「続ける」ことを意識して、現実を歩んでみてはいかがでしょうか。