4:生き方・ライフスタイル

自分の生きる環境を変えることで、より生きたい現実を生きる方法

更新日:

自分が生きている「環境を変える」ことは、より生きたい現実を生きることを考えるなら、とても大切なことになりますし

環境を変える為に今の自分に出来ることは何か、環境を変えるとどうなるのか、環境を変えると何が得られるのかなど

環境を変える為の方法や、それによって生きたい現実を生きる方法について考えることで、より生きたい現実を生きることに繋げてもらえれば幸いです。

より自分が生きたい現実を生きる為には、自分が「本当に生きたい環境」を明確にして、より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

*働く場所を変える

環境を変える1つ目の方法は「働く場所を変える」こと。

自分が働く環境を変えることは「自分の周りにいる人」を変えることにも繋がりますし

それぞれの職場や、社会のコミュニティに「どのような人が居るのか」や、「その環境に根ざしている価値観」は自分自身の日々の暮らしにもとても影響のあることなので

自分が在りたい自分で在れる場所に身を置く、ということは大切になりますし

それと同時に「そこに合う自分で在る」こともポイントになりますね。

今の環境で自分自身の影響を広めることでも、自分の周りの環境、人間関係や周りの雰囲気は変わっていくものですが

自分自身が身を置く場所を変えることは、自分の生きるステージを変えることに繋がるので

より生きたい現実があるのなら、自分が働く場所を変える選択をすることで、より生きたい現実を生きる時間を増やすことが出来ますよね。

仕事の内容というのは人によって合う合わないもありますし、人のコミュニケーションが得意な人、苦手な人、それぞれ合う環境は違うので

「自分は何をして生きていきたいのか」「どんな環境が合うのか」を明確にすることで仕事の内容にも満足しながら生きることに繋がります。

仕事の内容に対する「捉え方を変える」ことでも、自分自身のモチベーションを保つことにも繋がりますし

職場の場所や雰囲気、お給料や福利厚生、仕事の内容など、色々な条件の中から自分に合う場所を選んでいるかとは思いますが

より生きたい現実に繋がる選択が出来る場所で働くことが、自分自身も満たされながら、より生きたい現実を生きることに繋がりますね。

*住む場所を変える

環境を変える2つめの方法は「住む場所を変える」こと。

住む場所を変えることは生活の拠点を変えることになるので、自分がどんな生き方をしたいのかによって「どのような場所に住むみたいのか」は変わりますが

住む場所を変える時には、その周りの環境が自分に合うかどうかを調べておくことや、住んだ時のイメージを色々としてみることは大切になりますね。

自分が優先したいことや譲れないことを書き出してみたり、自分が送りたいライフスタイルに合う場所をイメージして、それに近い場所を探すこと

仕事を優先したいなら仕事がしやすそうな環境

家族を優先したいなら家族にとってよさそうな環境

過ごしやすさを優先したいなら過ごしやすそうな環境など

これからの人生で自分が優先したいこと、生きたい現実に繋がる場所を選択することで、より日々の暮らしに満足しながら生きることにも繋がりますよね。

住む場所を変えるとライフスタイルは大きく変わりますし、田舎に住んでいるか都会に住んでいるかによっても、日々の生活の習慣を変えることになるので

自分はどんな習慣を取り入れたいのか、生きたい現実に繋がる習慣を意識することで、住みたい場所も明確になりますね。

*人間関係を変える

環境を変える3つめの方法は「人間関係を変える」こと。

環境を変えることでより生きたい現実を生きる為に、一番自分自身を変えることに繋がるのが、この「人間関係を変える」ことになりますが

人は「人との関わりによって自分をつくっている」ので、自分の周りにどのような人が居るのか、というのは自分を構成する大きな要素になりますし

自分は「周りにいる5人の平均」だとも言われるように、周りの人間関係が変わると自分自身も変わることに繋がります。

自分が変わると付き合う人も変わるので、人間関係が変わっていくのは自然なことでは在りますが

出来るだけ自分自身も「在りたい自分で在ること」、その為に出来ることをしていることは大切なことになりますね。

人間関係を変えることや、新しい人間関係を築く為には「人との出会い」が必要になりますし

今はインターネットで色々な人と繋がりを持てる時代になっているので

自分が興味のあるコミュニティに入ってみたり、人と会う機会があるなら出向いてみて

色々な人との繋がりを増やしたり関わりを持ったりしながら生きることで、より自分自身の世界を広げることにも繋がります。

自分の世界が広がると、自分の可能性や視野を広げることにも繋がるので、より豊かさや充実感を感じながら生きることにも繋がりますね。

*今の環境は今の自分に合う環境だと知る

自分の周りの環境を変えることは自分の生き方を変えることに繋がりますし、自分の生き方を変えることは自分のこれからの未来を変えることに繋がりますよね。

「環境を変えること」を考える時に1つ大切なことになるのは、「今の環境は今の自分に合う環境」だということを自覚しておくこと

つまり、今いる場所で色々な経験をし、学びや気づきを得てから「より生きたい現実を生きること」に繋げる為に環境を変える、という意識がとても大切になりますし

学びや気づきを得ることで、自分自身が変わると自然と環境を変える選択をすることにもなるかと思いますが

今の環境を変えることを考えるなら、自分自身が学びや気づきを得て「新しいステージに相応しい自分で在る」ことで

より生きたい現実を生きることに繋がりますよね。

現実に対して当事者意識を持って生きることは、生きたい現実を生きる為にはとても大切になりますし

現実は自分が引き寄せたものであり、自分が変わることで自分の現実を変える選択をすることで

これまでの人生の経験を自分自身の糧として、より生きたい現実を生きることに繋げることが出来ますよね。

*自分が変われば環境は変わる

人は自分に合う環境に生きているものなので、自分が変わればそれだけ周りの環境も変わることに繋がります。

それは自然と変わるものでもありますが、より意図的に「生きたい現実に繋がる選択と行動」を取ることで

より自分が生きたい現実を引き寄せることになりますね。

人が生きる環境というのは日々変わり続けていて、仕事の仕方や人の生き方はアップデートされ続けているので

そうした変化にも対応しながら、自分にとっても人にとってもいいと思える選択をすること

出来るだけ自分自身も学び成長し続けることは大切になりますし、そう在り続ける為の選択と行動をとれる自分で在ることもポイントになりますね。

自分自身が「どう在るか」を決めることで、自分が「生きたい現実を生きる」為に取るべき選択や行動も見えてきますし

自分自身の「在り方」についても出来るだけ明確にしておくことで、より生きたい現実を生きることへと繋がります。

*変化に対応できる自分で在ること

人の世の中は変わり続けていて、人の生き方、働き方、価値観、信じているものなども人や国、地域によって違いますし、時代によっても変わり続けているものですが

私たちはその時、自分が一番正しいと思うことを信じて行動するしかありませんよね。

「環境を変えること」は自分自身のライフステージによっても変化していくことにはなるかと思いますが

出来るだけ自分が本当に正しいと思うことをすること

自分が信じたいものを信じて生きることが出来る自分で在ることで、「生きたい現実を生き続ける」ことにも繋がりますし

理想の現実、生きたい現実を生き続けることはとても大切になります。

人の人生は「今の繰り返し」であり、「今この瞬間」に意識を持ってを生きることはとても大切になりますし

生きたい現実を「いま生きる」ことで、そうした日々が続くことにも繋がりますよね。

その時々で自分にとって最適な環境へと変えていくことが出来る自分で在る、ということはとても大切なポイントになるので

世の中の変化に対応できる自分で在ることで、より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.