4:生き方・ライフスタイル

「自分の為に生きる」ために考えたいこと

投稿日:

「自分の為に生きる」ことを考えることは、自分が本当にやりたいことをして生きることや、自分の人生に対して自分自身で責任を持って生きることにも繋がるものなので

出来るだけ「自分の為に生きること」について考え、自分の為に生きる選択をすることが、より生きたい人生を生きることに繋がりますよね。

自分の為に生きる事を考える時には、「自分の為に生きること」と「誰かの為に生きること」は同じだと気づくことはとても大切なポイントですが

その他にも自分の為に生きることで、自分自身や周りの人にとってどんな影響があるのかを知り

自分の為に生きることの大切さに気づき、自分の為に生きることを選択してもらえれば幸いです。

*誰かの為に生きていると思う時

誰かの為に生きていると感じる事があると、自分の為に生きたいと思うことに繋がりますが

人との関わりの中で「誰かの為に生きている」と思う時の多くは

自分がやりたくない事を人の為にしていると感じるときですよね。

それは例えば「仕事」や「家事」などで「自分の身を粉にして働く」ことは、自分を犠牲にしていると感じる代表的なものですが

「自分がやらなければいけない」といった思い、責任感が強い人や真面目な人は特に

「相手の為に尽くすこと」を選択してしまうこともあるかと思います。

そうした選択を積み重ねることは、自分自身が疲れ果ててしまうことに繋がるので

自分を犠牲にしていると思うぐらいに頑張りすぎてしまう人は

「誰かの為に生きている」と思った時には、一旦休む事を選択するか、周りに頼ることに目を向けて

自分自身を大切にする事を選択してみて下さいね。

*人は誰でも自分の為に生きている

人は誰でも自分の人生を自分で選んで生きているものなので

「誰かの為に生きる」ことも自分の選択だと受け止めることは大切になります。

誰かの為に生きること自体は悪いことではありませんし

誰かの為に生きることで自分自身を成長させたり、自分の望みを叶えることにも繋がるものですが

誰かの為に生きることが「辛い」と感じた時には

その気持ちを受け入れて、気持ちを切り替える事が大切になりますね。

辛いままに生きる事を選択すると辛い人生を生きることに繋がりますし

それを望まないから「自分の為に生きること」に目を向けたなら

より自分が生きたい現実を生きられる可能性に目を向け

それに繋がる選択をする事で、自分の為に生きる選択をすることが大切になります。

*自分の為に生きることを追求すると人の為に生きることに繋がる

自分の為に生きる事は人の為に生きることに繋がる

という事を自覚しておくことも、自分の為に生きる為には大切なことになります。

簡単に考えてみても、自分の周りの人間関係や周りの環境を良くすることは、自分が生きる環境を良くすることにも繋がりますよね。

例えば職場の風通しが悪いと感じるなら職場の風通しを良くする為に働きかけたり

風通しのいい職場に移るという選択肢もありますし

全て自分で解決しなければいけない環境よりも、周りの人と協力してみんなが働きやすい環境や生きやすい環境を作る方が、自分自身も生きやすいですよね。

人によって育ってきた環境や価値観が違うので「自分の為」も人によって違いはありますが

自分が自分の為に生きる選択をする事で、自分の周りの人間関係や周りの環境というのは自分が生きたい環境へと変化することに繋がります。

それは自分が影響を与えるということもそうですが

自分自身が自分にとっていいと思える影響を与えられる環境を選ぶことも出来るので

出来るだけ自分が「生きたい現実に繋がる環境を選択する」ことも大切になりますね。

*自分を大切に生きること

自分の為に生きる為には、自分を大切にすることも大事なことになりますよね。

自分を大切にするには「自分を大切にしてくれる人と付き合う」ことや

「自分を大切に出来る環境で生きる」ことがポイントになりますし

自分自身も「大切にしたいと思う人と付き合う」ことや

「人を大切に出来る環境」に意識を向けて、それに繋がる行動を取ることで

より自分を大切に生きること、周りの人を大切にしながら生きることに繋がります。

自分自身を受け入れること、自分がやりたいと思う事をする事

自分が生きたい世界で生きる事など

自分を大切に生きる為に出来ることは色々とありますが

自分自身が人生に対して満足しながら生きられるように、自分自身と向き合い

自分が本当に望む生き方を選択することが、自分を大切に生きることに繋がりますね。

*周りの人と支え合うこと

人は生きている中で多くの人と関わり合いながら生きているものなので、周りの人と支え合いながら生きているものですが

例えその繋がりが直接目に見えるものではなくとも

自分は自分に出来る事をする事で、周りの人と支え合って生きていると自覚することは大切になりますね。

例えば誰かの体調が悪い時には出来る人が代わりにやったり

自分に出来ないことは出来る人に頼ったり、誰かから何かを頼まれたら自分に出来ることをしたり

自分の為に生きることを大切にするなら、「自分は自分が出来る範囲で手伝う」ことで

周りの人も気負う必要なく「自分に出来る範囲で手伝ってくれる」ことにも繋がりますよね。

自分が出来ることを増やすことで、より多くの人と支え合いながら生きることや

一人一人がそうした意識を持って生きることで、より多くの人が生きやすい環境を作ることにも繋がりますし

それは自分自身が生きやすい環境を作ることにも繋がりますよね。

*自分が大丈夫であること

自分の為に生きる為には、自分自身が「大丈夫」な状態であることも大切なことになります。

生きていれば何かしらの出来事が起こるものなので、誰にでも大丈夫ではない日もあるものですが

出来るだけ「自分が大丈夫である」ことを意識しながら生きるのとそうでないのとでは人生は大きく変わりますし

自分自身が大丈夫であることが、周りの人の安心にも繋がりますよね。

自分自身が大丈夫な状態であり、ゆとりや余裕のある状態であれば誰かを手伝うことも出来ますし

自分の為に時間を使うことも出来ますよね。

「大丈夫」だと言える自分である為には、日頃から自分自身の心と身体のバランスを整えたり

前向きに考える癖をつけたり、自分が信じられる人と人間関係を築いたり

大丈夫だと言える要素を増やしておくことも大切になるので

人を信じることや自分自身を信じることで、より自分の為に生きることを選択してみてはいかがでしょうか。

*人の課題はその人の課題

自分の為に生きる為に大切になる考え方としては、人の課題と自分の課題を混合しないこと

自分は自分の課題をクリアしていくことに意識を向けることも大切になります。

「誰かを助けたい」とか「人に迷惑を掛けてはいけない」といった思いを持っていることによって

自分自身を犠牲にして人の為に生きていると思うなら

誰かを助けたいとか、人に迷惑をかけてはいけないと思い過ぎないこと

人の課題はその人の課題だと線引きをして

自分は自分を大切にしながら、自分が出来る範囲のことをすることや、そう出来る環境で生きることが大切になります。

それは「自分が大丈夫であることが大切」だということにも繋がりますが

人は同調したり共感したりして生きているものなので

「自分の在り方」が自分の周りの現実を作ることに繋がると意識して

「自分の現実をよりよくする」ことを選択することが、自分の為に生きることに繋がりますね。

*自分の人生は自分で背負う

自分の為に生きる為には、自分の人生に対して責任を持って生きることも大切になります。

人は誰でも自分が生きたい人生を生きているもので

生まれた環境や育った環境に違いはあっても、自分が「何を選ぶのか」は自分で決めることが出来るもので

今の現実はこれまでの自分が選んできたことの結果として目の前に現れていますよね。

働く環境、住む場所、一緒にいる人、食べるもの、着る服、見るもの、聴くものなど、日々色々なことを無意識に選択していることも多いかと思いますが

そうした「選択」が自分自身をつくっているのだと自覚する事で

より「自分の為に生きる」ことに繋がる選択をすることも出来ますよね。

「自分はどんな人生を歩みたいのか」

「自分は何をして生きていきたいのか」

「自分はどう在りたいのか」

「自分は何を信じて生きていきたいのか」

自分の為に生きるには、自分自身と向き合い、自分が本当に望むことを明確にすることや

自分が本当に生きたい現実を生きることが大切になるので

視野を広げて可能性に目を向け、より自分が生きたい現実を生きる選択をすることや

今の現実から受け取るものを変えることで、自分自身を満たすことが大切になりますね。

自分の為に生きる為には、自分の生き方を周りに示すことで、現実をより自分が生きたい現実へと変えることに繋がるので

出来るだけ「生きたい現実を生きること」を、選択してみて下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.