4:生き方・ライフスタイル

気楽に生きる為の方法と、気楽に生きる為に大切な考え方を知る

更新日:

「気楽に生きる」ということは、読んで字の如く「気を楽にして生きる」ということで、気を張らずに生きることや、リラックスして生きることにも繋がるもので

気楽に生きている人というのは、ある程度共通点があるものなので、もっと気楽に生きた方がいいと言われたり、もっと気楽に生きたいと思うなら

気楽に生きている人の考え方を知ることや身につけること、心からそう思えるように意識を変えることで

気楽に生きることを選択してみてはいかがでしょうか。

*人の評価を気にしない

気楽に生きている人というのは人の評価を気にしていないところがあり、人の評価を気にしても仕方がないと思っているところがあります。

人の評価よりも「自分がどう思うか」の方が大切なので、人の評価に左右されることなく、自分が生きたいように生きることが出来るというのは

人の評価を気にして生きている人からすると、真逆の考え方になりますが

人がどう思うのか、というのは自分が生きている環境や自分が自分をどう思っているかによっても違うものなので

気楽に生きる為には「人の評価を気にしていない人と付き合う」ことや

自分自身が人を評価しないことで、自分自身も人の評価を気にせずに生きることにも繋がりますね。

*人に期待しない

人に過度に期待しないで生きていることも気楽に生きている人の特徴ですよね。

特に人に期待して生きていないので、何かしてもらった時には素直に感謝して受け取りますし

相手から何かをしてもらおうとか、見返りを求めて行動しないので変に相手に対してプレッシャーを与えることもありません。

人に期待しないというのは「人に期待して欲しくない」ということの表れでもありますし

人に期待しなくても出来る人はやるし出来ない人はやらないだろうとか、人は自分がやりたい事をしているだけだと達観しているところもあります。

人からの評価を気にしていないので、期待されてなくても自分がやりたい、やろうと思うことは勝手にやるので

自分のペースで出来ることをすることが、気楽に生きる為には大切になりますね。

*働き過ぎない

気楽に生きている人は自分が気楽に生きられる範囲で働くので、働きすぎるということはありません。

沢山働いて沢山稼ぐよりも、適度に働いて適度に稼ぐ方が気楽に生きる人にとって丁度いいので

仕事が忙しくて辛い人や、仕事に行くことにストレスを感じる人は

仕事を変えたり、ライフスタイルを見直してみることで、少しでも気楽に生きられるような選択をしてみてはいかがでしょうか。

人は自分が得意なことをしている時には「働いている」とか「働かされている」という意識が薄いので

自分が得意なことを仕事にしたり、楽に出来ることを仕事にすることで気楽に生きることにも繋がりますね。

*気楽に生きている人と付き合う

気楽に生きている人と付き合うことで自分自身も感化されて気楽に生きることに繋がることもあります。

自分自身が気楽に生きることを選択すれば、自然と周りには気楽に生きている人が集まることになりますが

自分自身が気楽に生きながら、気楽に生きている人との付き合いを増やしていくことで、より気楽に生きることに繋がりますね。

例えば自分の周りにいる大らかな人、適当な人、悩みがなさそうな人、前向きな人、安定している人と一緒にいる事で自分自身も気を楽にして過ごす事が出来るように

自分自身も気楽に付き合える人であることが大切になりますね。

*自己満足を大切にする

自分の人生に満足している人というのは、人と競ったりすることも無いので気楽に生きることが出来ますよね。

自己満足を大切にすることは自分自身を大切にすることにも繋がりますし

自分が現実に対して満足していると、周りの人に対しても寛容になれるので気楽に生きることに繋がります。

自分で自分を満足させることが出来る人というのは、他人の基準ではなく自分の基準で生きているので

自分で自分を認めることが出来ている」こともポイントですね。

人に認められたいとか人に褒められたいと思う人は、「誰か」ではなく「自分」で自分を認めてあげることを意識してみてはいかがでしょうか。

*生きやすい環境で生きる

気楽に生きる為には自分が気楽に生きられる環境で生きることも大切になりますし、気楽に生きている人は自分が気楽に生きられる環境を自然と選んでいるものなので

自分が気楽に生きられる環境を選択する、ということはとても大切になりますね。

それは例えば職場を変えることや住む場所を変えること、付き合う人を変えることなどで出来るだけ自分が生きやすい環境を自分で作ることは可能なので

まずは今出来ることから変えていくことで、出来るだけ気楽に生きることにも繋がりますよね。

*執着心を手放す

人や物に対して執着しないこと、執着心を手放すことも気楽に生きる為には大切な考え方になります。

人や物に執着しないで生きることは、周りの変化を柔軟に受け入れることや、執着しない事で身軽に生きることにも繋がりますよね。

気楽に生きる為には気の持ちようも大切になるので

人との距離感を適当に保つことを心掛けたり、自分自身がリラックスしながら生きることも大切になりますね。

*人を信頼する

気楽に生きる為には人を信頼するということも大切になります。

人を疑って生きるよりも人を信じて生きる方が楽ですし、人を信じて生きることは人を信じられる世界で生きることに繋がりますよね。

人を信頼するということは自分自身を信頼することにも繋がるので、自分が信じられる人であることも大切になりますし

その為には出来るだけ心を開いて人と接することや、自分自身の価値観や考え方、生き方を示すことも大切になりますね。

*自己開示する

自己開示することが気楽に生きることに繋がるのは、「気楽に生きたい人」だということを周りの人が知ることによって自分自身が気楽に生きることに繋がるからですね。

自分が「どう見られるのか」によって自分に対する人の態度や立場というのは変わるものなので

気楽に生きるなら「気楽に生きている人」だと周りの人に知ってもらうことで、「気楽な自分」に合うものを引き寄せることになり

それがより気楽に生きられる環境や、気楽に過ごせる人との繋がりを増やすことにも繋がりますよね。

自己開示することはどんな生き方をする時にも大切なことなので、自分が生きたい現実に繋がる自分の情報を人に伝える、ということはポイントになります。

自分自身が気楽に生きることで人に変に気を使わせることなく生きることにも繋がるので

気楽に生きる為には、自分がより生きやすい人生を歩みましょう。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.