4:生き方・ライフスタイル

「自分を変えたい」と思ったらやるべき事

更新日:

自分に自信が無い人や、自分が嫌いな人、夢や理想、目標を達成したいと思っている人、「自分を変えたい」と考える人は、自分を変えて「得たい現実」や「なりたい自分」があるものですが

自分を変えたいと思いながらも変えられない、どうすれば変われるのかが分からない、変わるのが怖いなど

色々な理由によって「変わらないこと」「コンフォートゾーンの中で過ごす」事を無意識に選択してしまうことも多いですよね。

自分を変えたいと考える時、大切なのは「一歩ずつでも進む」こと、「一歩を大切に扱う」ことです。

「変わらなければいけない」と思えば思うほど、過剰にストレスを自分自身に与えることになりますし

自分自身が出来る範囲で、自分に合ったスピードで「適度なストレス」を感じながら「変化」を楽しめるようになると「自分自身の成長」を実感しますし

周りの人と比べて劣等感や優越感を感じたり求めたりすることなく「過去の自分からどれだけ成長したか、変わったか」に目を向けることも大切なので

自分自身と向き合って、自分が在りたい自分で在れるように学び、行動してみて下さい。

・今の現実が「自分が居たい場所」だと知る

「自分を変えたい」と考えた時、まず受け止めるべき事として、今の現実が「自分に合う現実」であり、「自分が居たい場所」「無意識に選択している場所」だという事です。

「変わりたいと言いながら変わる行動を取っていない人」は「変わりたくない」というのが本音であり「無意識の選択」なので

本当に変わりたい人というのは「誰に言われなくても実際に変わる為の行動を取っている」ものなので

「変わりたい」とか「周りを変えたい」と漠然と思うのではなく「言葉より行動」だと意識して

自分自身の「行動に注目」して、「行動を変える」こと、「自分に出来ることをする」選択をしていくことが大切になりますし

1つ1つ、行動を積み重ねていくことで自分自身の成長にも繋がりますよね。

・自分を変えたい理由を知る

自分を変えたいと考える時、そこには何かしらの目的がありますよね。

その目的、理由を明確にすることで、何を変えていけばいいのかも明確になりますし、自分を変えたい理由によっては、自分自身の考え方を変えるだけで解決するような案件もあります。

例えば家族が仲良く過ごす為に過剰なお金は必要ありませんし、人に認められる為に何かを成し遂げる必要もありません。

自分を変えたい理由、目的とそれを達成する為の手段を分けて考えることで、自分に実現可能な手段を選択しながら自分自身を変えることは可能ですし

「健康的な生活をする」ことを目的とするなら、手段としては「ラジオ体操を取り入れる」「ジムに行く」「毎日ジョギングする」「食事を見直す」「健康的な人と付き合う」「よく睡眠を取る」など様々な選択肢がありますし

自分を変えたい「理由」を明確にすることで、何を変えていけばいいのかが見えてきますよね。

・「どう在りたいか」を決める

自分を変えたいと考えるのは、自分の「在り方」に自分自身が納得していないからだと思いますが、自分が「どう在りたいか」を決めておくことは、人生でとても重要なことですよね。

私たちは「子供」「親」「先生」「生徒」「お客」「店員」など、毎日様々な「役割」をしながら生きているもので

全てに対して納得出来る生き方が出来ている人というのは稀かと思いますし

思い通りに行かなかったり間違ったりするのが人間らしいとも言えるので

その中でどれだけ自分自身が「こう在りたい」と思える自分で在る事が出来るかというのは、自分の人生に対する満足度にも関係してきます。

「誠実で在りたい」「優しく在りたい」「カッコよく在りたい」「自由で在りたい」

自分は「どう在りたいか」というのは、どんな人生を生きることになるかにも繋がる大切なことなので、自分を変えたいと思うなら、一緒に考えておきたいですね。

・自分を変える為に出来ることをやる

自分を変える為には「行動」が必ず必要になってきますし、「出来ない」事が「出来る」ようになったり、経験した事が無いことを経験したりする事で視野が広がると、自分自身の成長も実感しますよね。

自分自身の「行動」が変われば自然と自分の周りの環境も変わるものですが、出来るだけ主体的に自分が出来る事を変えていく事で、より自分の生きたい現実を生きる事にも繋がるので

まずは変えられそうな所から、変えていく事を選択してみましょう。

*外見を変える

自分を変える為に一番簡単で効果的なのは「外見を変える」ことです。

自分がどう「在りたいか」に合った服装をすることを選択することで、それに合った人や環境を引き寄せる事にも繋がりますね。

自分と対面する人が「どういった人か」と判断する時には「服装」を見ることも多いかと思いますし、それは自分自身も「見られている」ということなので

「相手にどんな印象を与えるのか」は意識しておくことが大切ですね。

スーツを着ると気が引き締まり、和服を着ると優美になり、寝間着を着ると眠くなるように、着る服によって自分自身の「意識」も変わりますし

自分自身が理想とするライフスタイルに合った服装をすることで、より自分が行きたい現実を生きる事に繋がるので、変えたい自分に合った服装をする事や

自然とその服装が似合うようになること、セルフイメージを合わせることも大切ですね。

*付き合う人を変える

良くも悪くも、人は「周りの人に左右される」ものなので、自分を変えたいと思ったら「付き合う人を変える」こと、「長く時間を過ごす人を変える」ことも大切になります。

自分が変われば周りも変わるもので、自分も含めて人は「変わるもの」なので、変わらない人間関係は無いと意識しておく事で、過去の人間関係に執着する事なく、自分が本当に歩みたい道を歩む事に繋がりますし

職場を変えたり、コミュニティに属する事によって新しい人間関係を築く事も出来ますね。

どんな自分で在りたいかを意識してみると、自分がどんな人と関わりを持つことが大切になるかも見えてきますし、今の人間関係は「自分が選んだもの」であり

それを変えるのも「自分次第」なので、出来るだけお互いにとっていい関係を築けるような人と付き合うことを、選択することが大切になりますね。

*環境(職場や家)を変える

自分を変えたいと考えた時、自分の置かれている「環境を変える」というのも大きな選択肢の1つになります。

転職して働く場所や仕事の内容を変えることで、新しい人間関係を築くこと、より自分がやりたいことや得意なことを仕事にすること

住む場所を変えて周りの環境を変えることは、人生にとっても大きな変化になりますよね。

「終身雇用の崩壊」が叫ばれている今日では「大企業に就職して安定した生活を送る」という従来の人生モデルに対して向き合い、周りを見渡して自分の「生き方」を考えることも重要ですし

「海外に目を向ける」ことで日本の現状を俯瞰して見ると、より「自分が生きたい場所」や「自分に合う場所」が見つかるかもしれません。

環境を変える事が簡単ではない人もいるかと思いますが、自分に出来ることから始めること、少しずつでも準備を進めていくことで、いざ「環境を変える」時にもスムーズに動けるので

環境を変えることも選択肢に入れるのであれば、その為の「準備」から始めてみてはいかがでしょうか。

*行動・習慣を変える

普段の自分の行動や習慣というのは、これまで生きてきた中で身につけてきたものであり、それは変えることが可能なもので、過去を振り返ると「変えてきたもの」もあるかと思います。

自分を変えること、より自分が生きたい現実を生きることを考えるなら、「意図的に行動・習慣を変える」ことが大切になりますね。

「仕事が朝早いから早起きする習慣が付いた」人と、「早起きを習慣にする為に朝早い仕事を選んだ」人では「意図」「優先順位」が違いますし

行動・習慣を「どう変えるか」は、自分自身が「何を目的とするのか」や「どう生きたいのか」にも関わってくる重要な要素なので

ゆっくりと自分自身と向き合って考えてみてはいかがでしょうか。

・合う人、合わない人がいることを受け止める

「自分を変える」ことを考えた時、気になるのは「今までの人間関係」ですよね。

「付き合いが悪くなった」と言われるのではないかとか、「今までの関係を壊すことになる」のではないかとか、そうした考えが頭をよぎるかもしれませんが

「合う人、合わない人がいる」こと、「自分も変わるし、周りも変わる」ことを理解していれば、「人がどう思うか」は「相手の自由」だと受け止めることも出来ますし

人の縁は交わったり離れたりするものなので、そこに対して「過剰な執着」をしていると「自分を変える」ことは出来ません。

自分は自分が生きたい道を生きることで、自然と周りには自分に合う人が集まり、合わない人は離れていくことになります。

そうした「一期一会」の機会を大切にしながら、「自分は自分の道を歩む」選択をすることが「自分を尊重する」こと、そして「相手を尊重する」事にも、繋がりますね。

・出来ることから「行動に移す」こと

自分を変えたいという思いを持っている人は、それをどれだけ「行動に移すことが出来ているか」を見て行くこと

自分自身をモニタリングすることで、「変化・成長を実感する」ことにも繋がりますし、変化や成長が実感出来ると自信も付いてきますよね。

「外見を変える」ことは比較的簡単に出来るかと思いますし、「行動・習慣を変える」ことも小さなことからなら直ぐに出来ることですよね。

「付き合う人を変える」ことや「環境を変える」事は、人によってはかなりエネルギーを使う事になるかもしれませんが、一歩ずつ階段を登るように段階を踏んでいけば

「そこに合う自分」に辿り着けるはずです。

大切なのは「一歩ずつでも進む」こと、「行動」に焦点を当てること、あとは「目標を高く設定しすぎない」こと

現実を見て「実現可能」だと思えることから始めることが「続けられるコツ」で、「実現可能」だと思える為の「知識や経験値」を得ながら進むことで

更に「自分自身の可能性を広げる」事にも繋がりますし、「どんな自分になりたいか」を意識して、出来る事から始めてみて下さいね。

◎「自分を変えたい」と思ったらやるべき事:要約

*今の現実が「自分の居たい場所」だと知る

人は「自分に合う場所」で生きているもので、不満を言いながら今の現実を生きているなら、それが「自分の生きたい現実」「自分に合う現実」だと理解すること、実感することが大切になります。

そしてそこから「自分を変える」ことで、自分が生きる現実を変えること、自分が生きたい現実に「合う自分になる」ことが大切になりますね。

*自分を変えたい理由を知る

自分を変えたい「理由」を知ること、深く思考を巡らせてみることで、自分が「本当に望んでいること」を知るキッカケにもなります。

「人に理解されたければ、まず自分が理解すること」が大切だと言われるように、人を理解することで解決する問題も多くあるので

自分自身と向き合うこと、そして現実と向き合うことで、「自分が本当に望んでいること」に焦点を当てて生きることに繋がりますね。

*「どう在りたいか」を決める

自分が「どう在りたいか」というのは「無意識に選択している」ことも多いものですが、意図を持って「在り方を選択する」ことで、より生きたい現実を生きることに繋がります。

自分は人生でどんな「役割」を果たしたいのか、と考えてみてもいいかもしれませんね。

*自分を変える為に出来る事をやる

自分を変える為に出来ることは沢山ありますが、自分に出来ることから変えていくことで、流れに乗りながらスムーズに自分自身を変えていくことも出来ますね。

急な変化は耐えられずに挫折する事に繋がることも多いので、少しずつ変えていくこと、成長していくことで、過去の自分とは比べものにならないぐらいの成長に繋がります。

よく自分を知り、自分が出来る事から行動していく事が大切ですね。

*合う人、合わない人がいることを受け止める

自分を変えるという事は、「付き合う人も変わる」という事です。

人は「今の自分に合う人」と関わる事になるので、過去の人間関係に過剰に執着することは自分を変えることの妨げにしかなりませんし

気の合わない人と一緒に居ても、お互いに居心地が悪いだけですよね。

自分を変えたいと考えるなら、「人の縁は交わったり離れたりするもの」だということを受け止め、自分は自分が生きたい現実を歩む事に集中することが大切ですね。

*出来ることから「行動に移す」こと

自分を変えたいと思ったら、変えられるものから変えていくこと、「行動に移す」ことが一番重要になります。

「人の望みは行動を見ると分かる」ので、本当に自分を変えたいと心から思えるのであれば、それを「行動で示す」ことを意識して

「行動と望みが一致している」ことを確認しながら、自分を変える行動を取ってみて下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.