4:生き方・ライフスタイル

「自分はどう生きるか」を「決める」ことが、生きたい現実を生きることに繋がる

更新日:

人は誰もが「自分に合う現実を生きている」ものですが、その現実を変えることや、より生きたい現実を生きることを考えるなら

「自分はどう生きるのかを決める」ことは、とても大切なポイントになるので

自分が生きたい人生や、自分が生きたい現実、自分が信じたい価値観や考え方を明確にすることで

より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*自分が生きたい現実を明確にする

自分の人生は「自分が生きたい現実を生きること」や「自分が生きたい現実を明確にする」ことで

それに合う人や出来事が自分の元へと引き寄せられることに繋がるものなので

自分はどんな人生を生きたいのか?

自分は何を信じて生きたいのか?を明確にすること

自分の価値観を明確にすることは、生きたい現実を生きる為にはとても大切なポイントになります。

自分の価値観や考え方、自分が生きたい現実というのは「自分が信じているもの」や「自分が知っているもの」で構成されているものなので

視野を広げて現実を見ることや、色々な価値観、考え方や生き方に触れることで、より生きたい現実を生きることへと繋げたり

自分が生きたい世界を広げることで、自分が「本当に生きたい現実」を生きることに繋げてみて下さいね。

*生きたい現実を今生きること

「自分はどう生きるかを決める」ということは、それをただ言葉にするだけではなく、それを「行動で示す」ということもポイントになってきます。

人は「自分に合う現実を生きている」ので、自分自身の「生き方」や「在り方」によって、自分が生きたい現実を生きることへと繋がるので

例えば「豊かに生きたい」と思うなら「豊かさをいま感じながら生きること」がポイントになりますし

「幸せに生きたい」と思うなら、「幸せをいま感じながら生きること」がポイントになるように

生きたい現実を「いま生きること」が、「自分はどう生きるのかを決める」こと、世の中に対して「自分の生き方を提示する」ことへと繋がります。

「〇〇な人生を生きたい」と思うのではなく「〇〇な人生を生きている」

という状態であることが、より生きたい現実を生きることへと繋がるので

自分自身が「いま望む状態であること」や、その為に出来ることをすることで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*感じたい感情を感じること

自分はどう生きるかを決める、というと「どう生きたいのかを考えてしまう」ことに繋がることもありますが

考えるよりも「感じていること」の方が大切になるので

自分がいま「感じたい感情を感じる」こと、自分自身が「どう在りたいかを決めておく」ことが、その状態を長く続けることにも繋がっていきますし

感じたい感情を感じながら何かしらの選択することが、より生きたい現実を生きることへと繋がる選択になるので

自分自身の感情が「望む状態であること」を、日頃から意識しながら生きること

出来るだけ「望む状態で在り続けること」で、より生きたい現実を生きることへと繋がげてみて下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.