4:生き方・ライフスタイル

全てはうまくいっている、という言葉の本質を捉えること

投稿日:

引き寄せの法則やスピリチュアルの界隈で出てくることが多い「全てはうまくいっている」という言葉。

現実世界を生きている私たちが「全てはうまくいっている」ということを理解する為には、それに伴う「実感」があることもとても大切なポイントになりますが

自分の現実に起こる出来事というのは、全て自分に合う出来事である、ということを理解することで、世の中で起こっていることは起こるべくして起こっていること

そしてそれに対して「善し悪し」や「天使か悪魔か」「陰か陽か」「メリットかデメリットか」「上か下か」「縦か横か」「光か闇か」「正しいか間違いか」「豊かか貧しいか」などをジャッジしているのは

私たち「人間」がそれぞれ、事実からそれぞれにとって都合のいい解釈をしているだけで、誰が何をしたとしても「全てはうまくいっている」、もとい「現実はあなたの思い通り」で

「全てはうまくいっている」という言葉は、それを本当に理解している人、実感している人にとっては「当たり前の感覚」でもあるので

「全てはうまくいっている」という言葉の本質を捉えることで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*「自分の現実」は「自分の中にあるもの」から創られる

人は誰でも「自分の世界」を持って生きているものですが、自分が見ている現実、自分が生きている環境、自分の周りにいる人、自分の持っている価値観や考え方というのは

全て「自分の中にあるもの」であり、自分が見ている現実の世界というのは、自分の内面が反映された世界でもあるので

人は「自分の中に無いものを相手の中に見ることは出来ない」し、「相手の中に無いものを自分の中に見ることは出来ない」ものなんですね。

例えば「相手は自分のことを好いているのではないか」、反対に「相手は自分のことを嫌っているのではないか」、という思いは、自分が人のことを好いたり嫌ったりしているから相手を通してそれを見ているだけで

人によって「何がいいか」や「どう生きたいのか」というのは違うものなので、人はただ自分に合う人や自分に合う環境で生きているだけですよね。

自分自身が人を受け入れ生きている人の周りには、「人を受け入れて生きている人」が集まるように、自分の周りにいる人や自分が生きている環境というのは「自分の中にあるもの」から創られている

ということを理解すること、実感することで、人はより本当に自分が生きたい現実を生きることが出来るので、現実に対して当事者意識を持って歩むことで、「自分を変えて現実を変える」ことが出来ますね。

*人は誰でも自分に合う現実を歩んでいる

人は誰でも自分に合う現実を歩んでいるもので、自分が生きている現実、自分が歩んでいる人生というのは「今の自分に合う現実」なので、自分が変われば自分が生きる道も変わり

自分が変われば自分の周りの環境や自分の周りにいる人も変わります。

学生は学生と、主婦は主婦と、サラリーマンはサラリーマンと、社長は社長と、自営業者は自営業者と、誰でも自分と話の合う人、見ている世界が近い人と一緒に居ることが多いものですし

インドア派はインドア派と、アウトドア派はアウトドア派と一緒に居る方が楽ですし、居心地もいいですよね。

幸せに生きている人は幸せに生きている人と、不幸に生きている人は不幸に生きている人と、自分の周りにいる人というのは自分に合う人であり、自分が見たい世界を見せてくれているだけなので

いい人も悪い人も自分が創っているということを自覚することで、「自分自身がどう生きるのか」や「自分はどこで生きるのか」を決め、自分が生きたい現実を生きることが出来ますよね。

*全てはうまくいっている、というのは誰でも「自分に合う現実を歩んでいる」ということ

世の中で起こることというのは全てうまくいっていて、例えば人が言う「間違い」すらも宇宙から見れば完璧な秩序で保たれている「正しい」ものなので

その中で自分は「どう生きるのか」や自分は「どこで生きるのか」は「自分に合うようになっている」という実感があると、より現実を信頼できるようになりますし

人は自分に合う現実を歩んでいる、ということを理解すると「全てはうまくいっている」ということも腑に落ちますよね。

全てはうまくいっているので、自分は自分が感じたい感情を感じながら生きることが大切になりますし、その感情が「その感情に合う現実」を自分に見せてくれることへと繋がるので

自分はどう在りたいのか、自分の「在り方」に焦点を当て、自分自身が「そう在る」ことが何よりも大切なポイントになります。

*あなたは自分が本当に生きたい現実を生きている

人は誰でも自分が本当に生きたい現実を生きていて、潜在意識の望みは全て叶っているので、今の自分が歩んでいる現実というのは「自分が生きたい現実」で「全てはうまくいっている」状態です。

そして自分以外の誰かも「自分が生きたい現実を生きている」もので、それが「相手が生きたい現実」で「相手が望んでいる人生」で「相手に合う現実」なので

私たちはみんな、自分が生きたい人生を生きていますよね。

そしてこれからの人生を自分でどうデザインするのか、というのは自分自身で描くことが出来るものなので、生きたい現実を生きながら、より充実した人生を歩んで下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.