4:生き方・ライフスタイル

ポートフォリオキャリア、複数の仕事を持つ生き方を選択する為に出来ることや考えたいこと

更新日:

「ポートフォリオキャリア」というのは、簡単に言うと「複数の仕事を持つ生き方」「複数の収入源を持つ生き方」のことで

例えばWebライターをしながらハンドメイド作家をしたり、雇われ仕事をしながらカメラマンをしたり、プログラマーをしながらコンサルタントをしたり

「自分自身が提供できる価値を増やす」ことや「仕事の形を変える」ことによって複数のキャリアを形成する生き方のことを言います。

そうしたポートフォリオキャリア、複数の仕事を持ちながら生きる為には、「自分に出来ること」に目を向け、提供できる価値を増やすことがポイントになるので

「自分に出来ることを増やす」ことで「出来る仕事を増やす」ことや

新しいスキルを身に付けることで、新しい価値を提供することに繋げることが出来ますよね。

*自分に出来ることを知る

ポートフォリオキャリアという言葉だけを見ると、なんだか難しそうに感じるかもしれませんが

人は誰でも自分に出来ることで「人に価値を与えることが出来るもの」を持っているものなので

そうした「価値を発見する」こと、自分が出来ることで人が喜んで受け取ってくれる価値を「見いだすこと」は、ポートフォリオキャリアの鍵になってきます。

自分が得意なことや自分が詳しいこと、自分が興味のあるものなどは、それを知らない人からしたら「教えて欲しい」と思われることでもありますし

自分が出来ることや人よりも詳しいと思うこと、自分が興味があって知識が多いと思うことを書き出してみたりすることで

自分は「人にどんな価値を与えることが出来るのか?」を見つけてみて下さいね。

*自分に出来ることを増やす

複数の仕事を持つ生き方を選択するなら、「自分に出来ることを増やす」こと、「人に与えられる価値を増やす」ことで、より価値を与えられる人になることが出来ますよね。

自分が「出来ること」「人に教えられること」「提供できる価値」を増やす為には自分自身が「学び、成長する」ことも必要にはなってきますが

それだけ「自分の世界を広げる」ことや、自分自身の「経験を増やす」ことで充実した人生を生きることや

視野を広げて色々な視点から物事を見ることが出来るようにもなりますよね。

自分が「出来る事を増やす」ことを考えるなら、「それが自分に合っているか」や「続けられるか」も含めて考えることで

より自分が生きたい現実を生きることにも繋がります。

*自分が「何を広めたいのか」を意識する

ポートフォリオキャリアについて考えると「複数の仕事を持つこと」に意識が向いてしまいがちですが

ポートフォリオキャリアでもパラレルキャリアでも大切なのは「自分は何を広めたいのか」や「どんな価値を提供したいのか」なので

ポートフォリオキャリアというのは「手段」であって「目的ではない」こと

目的の為に選ぶ手段として「ポートフォリオキャリア」が最適であれば、それを選ぶだけだ、という意識は大切になりますよね。

目的というのは、例えば「人の成長に貢献したい」とか「多くの人が豊かな人生を送る機会をつくりたい」とか「安心を届けたい」とか

「何をしてもそれに繋がるもの」であることが大切なポイントになるので

その「目的」の為に「取れる手段を増やすこと」が、理想的なポートフォリオキャリアに繋がっていきます。

*人に与えられる価値を形を変えて与えること

ポートフォリオキャリアというのは、人に与えられる価値を形を変えて与えることだと意識すると分かりやすいもので

例えば「自分が持っている知識を人に与える」為には、「ブログで発信する(ブロガー)」ことや「セミナーを開く(セミナー講師)」こと

「動画で発信する(YouTuber)」ことや「本を出版する(作家)」など、色々な手段があるように

人に与えられる価値を形を変えて与えることを意識してみると、自分が与えられる価値を広く与えることが出来るようにもなりますよね。

複数の仕事を持つ生き方をする為に大切になるのは、自分が与えられる価値を形を変えて与えることを意識して、自分に出来ることを増やすこと

そして何よりも「行動すること」が大切になるので

複数の仕事を持つ生き方を選択するなら、自分にできることから行動することで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.