4:生き方・ライフスタイル

「ポートフォリオキャリア」、複数の仕事を持つ生き方

「ポートフォリオキャリア」というのは、簡単に言うと「複数の仕事を持つ生き方」のことで、1つの仕事に従事する従来の働き方とは代わり「複数の収入源を持つ」ことによるリスク分散や

「複数の仕事を持つことで見える繋がり」による「新しい価値の創造」や「創作」

自分自身の学び、成長」によって「世の中に提供できる価値を増やす」ことや「自分の世界を広げる」ことに繋がるもので

それは例えば今まで「戦士」をしていた人が「魔法使い」のスキルを上げて「魔法戦士」になるようなもので

戦士としての自分、魔法使いとしての自分、魔法戦士としての自分など、色々な面で生きていくことが出来る。

単純に考えるとそういったことになりますが

ポートフォリオキャリアというのは「自分に出来ること」を「仕事にする」こと、「自分に出来ることを増やす」ことで「出来る仕事を増やす」ことになるので

自分に出来ることを書き出してみたり、新しいスキルを身に付けることを選択することから始まりますね。

・これからの時代の働き方

「ポートフォリオキャリア」が注目されている理由としては

これからの時代は「人の仕事はAIがするようになる」とか「終身雇用制度の崩壊」「年金崩壊」「少子高齢化」「人生100年時代」と言われているように

勉強していい大学に行って大企業に就職して一生安泰という「レール」がどうやら難しそうで、それを「組み替える」こと、「働き方を変える必要性」が出てきていることもありますし

「AIに出来ること」はAIに任せることが出来るようになるので

人は「人としての価値」や「創造性」に焦点を当てることや、「自分の価値」が高まること、「コミュニティ」を持つこと

「自分の世界観」を広めてその輪を広げることや、「自分自身の学びや成長・健康」がより重要視されることになるので

これからの時代の働き方の流れとしては、「生き方が働き方になる」、「ワークアズライフ」、「自分を生きる×「インターネット」

一番「自分が生きたい現実を生きる」ことに繋がりますね。

・自分に出来ること、人に出来ないこと

「ポートフォリオキャリア」という言葉だけを聞くと「何だか凄い」イメージを持つ人もいるかもしれませんが、「自分に出来ることで人に出来ないこと」は案外有るもので

それを「見つける」こと、「教える」ことで「仕事になる」と考えると

自分が「当たり前に出来ること」の中に「仕事に出来るもの」が有ると気づきますし

「人が知らないこと」を「教える」だけでも、それは「仕事」になりますよね。

インターネットで調べれば何でも出てくる時代ではありますが

「インターネットで調べて知る」ことと「人から直接教えてもらう」「五感を使って感じる」のでは、そこから「受け取るものの差は大きい」ものですし

自分は「みんな知っていて当たり前だと思っていること」を「知らない人」もいるので

「誰に向けて」「何が出来るか」を考えることで、「自分が人に与えられる価値」を見出すことが出来るので

例えば「英語が話せる人」は「英語が話せない人に英語を教える」ことや「英語でガイドをする」こと「英語を日本語に訳す」など、「英語が必要な場所」と「必要な理由」があればそれは「仕事」になりますし

「ハンドメイドが得意な人」は「ハンドメイド品を売る」ことや「ワークショップを開く」こと

「人とコミュニケーションを取るのが得意な人」は「交流会を開催する」ことや「目的に応じたコミュニティを創る」ことなど

「自分に出来ること」を「書き出してみる」と、それを仕事にするキッカケにもなりますね。

・自分に出来ることを増やす

「自分に出来ることを増やす」ことは、「人に与えられる価値を増やす」ことに繋がるので、ポートフォリオキャリアに繋がりますし

自分が「出来ること」「人に教えられること」「提供できる価値」を増やすことは自分自身が「学び、成長する」ことが必要にはなってきますが

それだけ「自分の世界を広げる」ことにもなりますね。

複数の仕事を持つ生き方を選択する時に大切になるのは、「自分がやりたいことかどうか」「続けられることかどうか」

これは「1つの仕事に従事している場合」でも同じではありますが

自分に「向いていない」ことや「やりたくない事」を仕事にするというのは人生の多くの時間を「やりたくない事に使っている」事になるので

「仕事に対する考え方を変える」か「やりたい事を仕事にする」ことは、どう生きるにしても重要な事になりますね。

自分が「出来る事を増やす」時には、「それが自分に合っているか」や「続けられるか」も含めて、考えて選択することで、より自分が生きたい人生を選択する事に繋がりますね。

・自分が「何を広めたいのか」を意識する

ポートフォリオキャリアについて考えると「複数の仕事を持つこと」に意識が向いてしまいがちですが

ポートフォリオキャリアでもパラレルキャリアでも大切なのは「自分は何を広めたいのか」「どんな人生を生きたいのか」なので

ポートフォリオキャリアというのは「手段」であって「目的ではない」こと

目的の為に選ぶ手段として「ポートフォリオキャリア」が最適であれば、それを選ぶだけだという意識は大切になりますね。

目的というのは、例えば「人の成長に貢献したい」とか「多くの人が豊かな人生を送る機会をつくりたい」とか「癒しを届けたい」とか

何をしてもそれに繋がるもの」であることが理想的で

その「目的」の為に「取れる手段を増やすこと」が、理想的なポートフォリオキャリアに繋がっていきますね。

・「仕事」とは何か

「仕事」とは何か、という問いに対する答えは人それぞれ違うものですが、ポートフォリオキャリアについて考えるときには「仕事とは何か」についても考えておくことで、仕事に対する新しい見方も出来ますね。

世の中に「職業の種類」は沢山ありますが、その仕事は「人に対してどんな価値を届けているのか」について意識してみると「人が何を求めているのか」も見えてきます。

「安心」「快適」「便利」「理想」「娯楽」「共感」「興奮」「癒し」「成長」「ドラマ」など、人によって求めているものは違うものですが

自分が「提供したいもの」を「求めている人」が居るところに「提供する」ことで、「仕事として成り立つ」ことになりますよね。

「冬にコートを売るのは簡単」でも「夏にコートを売るのは難しい」ように、需要と供給のバランスによって「仕事」も増えたり減ったりするものなので

視野を広げて世の中を見渡すこと、人が求めていることで自分が提供できることを増やすことが、複数の仕事を持つ生き方にも、繋がりやすいですよね。

◎「ポートフォリオキャリア」、複数の仕事を持つ生き方:要約

*これからの時代の生き方

1人が1つの仕事に従事する生き方から、複数の仕事を持つ生き方へとシフトしているのは

「1つの収入源に頼らないでリスク分散する」考え方と「自己実現に焦点を当てる人が増えている」ことがありますね。

AIの普及によって人の「仕事」が無くなると、「自分は何をして生きたいのか」や「人としての価値」が重要になってくるので

「自分自身と向き合う」こと、「生き方や在り方」が大切になりますね。

*自分に出来ること、人に出来ないこと

「複数の仕事を持つ」ことを考えるなら、「自分に出来ることで人に出来ないこと」を見つけることで、それを「仕事」にすることに繋がりますし

自分が「当たり前に出来ること」を書き出してみたり、自分が「得意なこと」を書き出してみることで、それを「仕事にする」ことに繋がるので

「自分が人に届けられる価値」について、じっくりと考えてみる時間を取ってみるのも、いいのではないでしょうか。

*自分に出来ることを増やす

「自分に出来ることを増やす」のは、複数の仕事を持つことを考えた時にはすぐに思い浮かぶかと思うので

視野を広げて選択肢を見渡し、自分が興味のあること、続けられそうだと思うことや、自分がやりたいと思うことを選択することが、「自分が生きたい人生を生きる」ことにも繋がります。

*自分が「何を広めたいのか」を意識する

自分が「人に何を届けたいのか」や「何を広めたいのか」というのは人によって違うもので

例えば「成長」に焦点を当てるなら「人の成長に繋がること」が「目的」で、その為の「手段」としては「知識を共有すること」や「教室を開くこと」など

「癒し」に焦点を当てるなら「人を癒すこと」が「目的」で、その為の「手段」として「寛げる空間を提供すること」や「リラックス出来るものを販売する」など

「自分に出来ること」「目的の為の手段」というのはもっと沢山あるかと思いますが

自分が「何を広めたいのか」という「目的」を明確にすることは、とても重要なものになりますね。

*仕事とは何か

「人の仕事」というのは世の中が変われば変わるもので、大きく考えると「人が求めているものを提供すること」あたりが妥当かと思いますが

その「人が求めているもの」というのが、世の中が変わると変わってくるので

その「変化に対応すること」を意識しながら、「自分に出来ること」と「求められていること」を擦り合わせることで「仕事」に繋がりますし

複数の仕事を持つ生き方を選択するなら、自分が「人に届けられる価値」を「求めている人へ届ける」ことを意識して、「行動に移す」こと

何もしなければ何も変わらないので、自分に「出来ることから始める」ことが、重要になりますね。