4:生き方・ライフスタイル

余裕のある生活を送る為に出来ること

更新日:

自分自身が「余裕のある生活を送る」ことは、心にゆとりを持つこと、人に優しくすること、好きなことをして生きることなど、その影響を周りに伝えることにも繋がりますよね。

人は余裕が無くなると、人に対して怒ってしまったり、冷静な判断が出来なくなり、本当は望んでいないことを現実に起こしてしまうこともあるもので

誰にでも人生の中で「後悔する」ような出来事というのはあるかと思いますが、余裕のある生活を送ることで、そうした「望んでいない事をして後悔する」ことも少なくなりますし

自分が本当に選びたいものや、生きていたい現実を生きる為にも、余裕のある生活を送る為に出来る事から始めてみては如何でしょうか。

・お金の余裕は心の余裕

人の人生とお金というのは、資本主義社会ではとても密接な関係になりますよね。

お金を稼ぐ為に働き、働いて得たお金を使い生活する、というのは「常識」として浸透していますが、「自分で稼げること」や「貯金があること」は心の余裕に繋がりますよね。

そしてお金を使う時には「消費」よりも「投資」の意識で使うことで、自分自身を磨き、より稼げる自分になることで、更に余裕を産むことが出来るような好循環が起こりますし

色々な知識を得たり、経験をして生きる方が、人生に対しても「充実感を持って歩む」ことが出来ますよね。

・時間にゆとりを持つ

余裕のある生活を送る為には「時間にゆとりを持つ」こと。

例えば予定の時間ギリギリで生活していると、それは「焦り」にも繋がりますし、バタバタと慌ただしく日常を過ごすことになりますよね。

日常の中で忙しい時もあるかと思いますが、出来るだけ時間にゆとりを持てそうなスケジュールを立てられるようにしておくことで、余裕のある生活に繋がりますよね。

その為にも、出来ることは先にやっておいたり、準備が必要なものは先に準備しておくことや、「やるべき事を明確にしておく」ことは大切になります。

忙しくしている時に限って忘れ物をしたり、探し物が見つからなかったりすることもあるもので

時間にゆとりを持てるように「やるべき事、必要なものを明確にしておく」ことや、「事前に準備しておく」ことが大切になりますね。

・整理整頓する

余裕のある生活を送る為には「家の中が整理整頓されている」ことも大切になりますよね。

忙しく生活していると散らかりがちな家の中でも、出来るだけ整理整頓すること、綺麗に保つことで心に余裕も生まれます。

色々なものが部屋の中で散乱していると危険で、目に入ることでも思考の妨げになりますし

何よりも「部屋の状態」と「心の状態」というのは案外リンクしているものなので、部屋を片付けることで自分自身もスッキリとした気持ちになりますよね。

元々整理整頓された部屋なら、少し散らかったとしてもすぐに元に戻せるので、日頃から部屋の整理整頓、配置決めをしておく事が大切になりますね。

・器を大きく持つ

余裕のある生活を送る為には、自分自身が「余裕を持つ」こと、「器が大きい」こと

少しの出来事で慌てたり焦ったりすることは余裕を欠くので、色々な経験を積んで「器が大きい人」である事が出来るようにはしておきたいですよね。

誰にでも焦ったり慌てたりする事はありますが、大人になっていくにつれて知識も経験も増えるので

何かが起こってもすぐに「冷静になること」や「状況を把握すること」が出来るようになりますし

余裕のある対応をする事が出来るようになります。

自分自身の心に余裕があることは、余裕のある生活に直結するので、出来るだけ器を大きく、何かが起きても「大丈夫」だと言える自分で在ることを意識しておきたいですね。

・余裕のある人と付き合う

余裕のある生活を送る為には、余裕のある人と付き合うこと、余裕のある人は「現実をどう見ているのか」や「普段何をしているのか」「何を考えているのか」「どのような空気感なのか」など

余裕のある人を「知る」こと、そして「学ぶ」こと、自分自身が「体感する」ことはとても重要になりますね。

人は環境の生き物だと言われるように、忙しい環境で育つとそれが「当たり前」であり「常識」になりますが

余裕のある状態で生きている人は「余裕がある事が当たり前」なので、「忙しい事が当たり前」の人とは「生き方」も違えば「見ているもの」や「考え方」も違います。

余裕のある生活を送ることは、自然と余裕のある人とお付き合いが増えることになるかとは思いますが、意識して余裕のある生活に移行することを考えるなら

自分の周りにいる「余裕のある人」と一緒に過ごす時間を増やしたり、そうした人の行動や発言を自分の中にも取り入れる事が大切になりますね。

◎余裕のある生活を送る為に出来ること:要約

*お金の余裕は心の余裕

余裕のある生活を送る為には、扱うお金にも余裕を持つことや、その為に出来ること(貯金や資産を持つこと)をしておくことが大切になりますし

所有しているお金に余裕があることや、お金がなくてもなんとか出来る知識や経験、信頼関係などが在ると、それも余裕に繋がりますね。

*時間にゆとりを持つ

焦ってミスをしたり、慌てて間違えたりする経験は誰にでも在るかと思いますし、落ち着いて行動する為にも時間にゆとりを持つこと

予定を先に立てておくことや、未来に向けて出来ることや準備は先にしておくことも、余裕のある生活に繋がります。

*整理整頓する

整理整頓をしておくことは、「探す時間を減らす」ことや「スムーズに物事を進める」ことにも繋がるので

部屋の中を整理整頓しておくことや、今の時代だとスマートフォンやパソコンの中身も分かりやすくフォルダ分けしたり、見やすく整理しておくことも出来ますね。

*器を大きく持つ

器を大きく持つことは、現実に起こる出来事に対して冷静に、落ち着いて「やるべきこと」を出来るような精神を持つことや

寛容に受け止めることで、周りを落ち着かせることにも繋がるので、その為にも自分自身が「現実を受け止められる器を持つ」ことが大切になりますね。

*余裕のある人と付き合う

余裕のある人は余裕のある人と付き合うもので、余裕のある生活を送る為には、自分自身が余裕を持つこと

自分は周りの人によっても出来ているので、余裕のある人と付き合うことが、自分自身も余裕のある生活を送ることへと繋がりますし

出来るだけ余裕を持って生きることが出来るように、無駄に背伸びをしないこと、見栄をはらないこと、等身大の自分を受け入れ、人と比べないことなども大切になりますね。

-4:生き方・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.