「 生き方 」 一覧

お金の循環を意識して生きることの大切さを知り、生きたい現実を生きる方法

お金の循環を意識して生きることは、お金を有意義に使うことや、お金の循環を意識してお金との付き合い方を変えることで 自分の人生を見直すことや、より豊かな人生を生きることにも繋がるものなので お金の循環に ...

自分の生きる環境を変えることで、より生きたい現実を生きる方法

自分が生きている「環境を変える」ことは、より生きたい現実を生きることを考えるなら、とても大切なことになりますし 環境を変える為に今の自分に出来ることは何か、環境を変えるとどうなるのか、環境を変えると何 ...

「生かされている」中で「いかに生きるのか」を決めると、生きたい現実を生きることに繋がる

人は沢山の人との繋がり、社会の中で生きていて、地球に存在している生命、植物や動物から生きる為に必要なエネルギーを貰いながら生きているもので 例えば、普段食べているご飯で考えてみても、農家さんが育てた穀 ...

考え方を変えることで、生きたい現実を生きる自分へと繋げる方法

「考え方を変える」ということは、例えば今まで自分の生きている現実を「人のせい」にして生きていた人が、それは「自分の責任」だと捉えて生きることや 「人のため」に生きるのではなく「自分のため」に生きる方が ...

穏やかに生きる為に大切なことと、穏やかに生きる為に出来ること

日々の暮らしを穏やかに生きることは、人に優しくする余裕が出来たり、自分の時間を大切にすることにも繋がりますよね。 穏やかな日常を過ごすことや、出来るだけ穏やかに生きる為には 日々の生活を見直したり、自 ...

「何のために生きるのか」と思ったら、「何のために生きたいのか」を考えよう

自分は「何のために生きているんだろう」とか、自分は「何のために生きているのか分からない」と思う人は 「何かの為に生きること」から「自分のために生きること」へと考え方をシフトすることで 自分が生きている ...

人の為は自分の為、自分のために生きることで人の役に立つ方法と考え方

世の中では「自分の為に生きる」ことよりも、「誰かのために生きること」がいいことだとされることは多いものですが 「誰かのため」というのは突き詰めて考えてみると「自分のため」になるものなので 「自分のため ...

手段と目的の違いを明確にして生きたい現実を生きる方法

手段と目的の違いを明確にしておくことや、手段として選んでいることは「目的の為の手段」だと自覚しておくことは、何をするにも大切なことになるもので 自分自身の「目的を明確にする」こと、そして目的の為に出来 ...

自分の軸を持つ為に出来ることを知り、生きたい現実を生きる方法

自分の軸を持つことは、人の意見に流されずに自分の意見を大切にしながら、自分が生きたい現実を生きることに繋がるので 「本当に生きたい現実を生きること」を選択するなら 自分の軸を持つことで、自分が「在りた ...

肩の力を抜く方法、余裕を持って生きる為に出来ることを知る

肩の力を抜くことは、余裕を持って生きる為にはとても大切なことで、自分自身に「ゆとり」や「余裕」を持って生きることで 人に優しくすることや、落ち着いて生活することにも繋がりますよね。 肩の力を抜くこと、 ...

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.