「 現実創造 」 一覧

「今出来ることをやる」ことが大切な理由

「今出来ることをやる」ことは、自分の人生を自分で創ることに意識を向けた状態なので、自分に出来ることに目を向け、未来に向かって前向きに生きることに繋がるので 今出来る事をやる事の大切さを自覚することは、 …

現実を変える方法

現実を変える方法というのは色々とあるものですが、今の現実を変えたいと思ったり、より理想の現実を生きたいと思うなら「現実を変える方法」を「実践する」ことで自分の現実を変えることは可能ですし より生きたい …

生きたお金の使い方

人の暮らしに関わりの多い「お金」は、その使い道によって自分自身のこれからの人生の方向性を決めることに繋がりますし 多くの人のお金の使い道によって「人の未来」の方向性も変わることにも繋がりますよね。 多 …

時間を大切にすることは、生きたい現実を生きることに繋がる

「時間を大切にする」ということは、自分の人生を大切にすること、そして人の人生も大切にすることに繋がるものなので 出来るだけ時間を大切にしながら生きていく選択をする為に、「時間を大切にする」ということに …

理想を現実にする為に出来ること

理想を現実にする為に自分に出来ること、というのは沢山ありますが、人は多くの場合「こうだったらいいな」という「理想」を抱きながら「現実」を歩んでいて 自分が思う「理想の人生」を思い浮かべながらも自分の価 …

「本来の自分に戻る」ということ

「本来の自分に戻る」とか、「本当の自分で生きる」とか、「ありのままの自分でいい」とか そうした言葉を聞いた時、「本来の自分とは…」と思考を巡らせることもあるかと思いますが、本来の自分に戻るということは …

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に目を向け、よりよい現実を生きる為に出来ること

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)とは、「生活の質」や「生命の質」と訳されるように、私たち1人1人が、「ただ生きる」のではなく「どう生きる」のかに焦点を当て 自分自身の人生、生き方に「満足しながら生き …

自分の弱さを認める人が、生きたい現実を生きられる

「自分の弱さを認める」ことは、勝負に負けた気になったり、自分の価値を失う気持ちに繋がることもあるものですが、人は誰でも「弱さを持っている」ものなので 自分自身と向き合って、弱い自分も自分だと受け入れる …

継続は力なり、続けることで得られるものたち

継続は力なり、とはよく聞く言葉で、馴染みのある言葉ですが 続けることが苦手だったり、出来なかったり、飽きっぽい性格の人は、「継続は力なり」を実感することが難しいですよね。 何かしらを「続ける」というこ …

有意義な時間の使い方で、人生を有意義なものにする方法

有意義な時間の使い方をすることは、人生を有意義なものにすることに繋がりますし、誰の人生も一度きり、出来るだけ有意義な人生を送りたいものですよね。 人の人生は細かくして見ると「時間」なので、毎日の時間を …

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.