「 人間関係 」 一覧

「本来の自分に戻る」ということ

「本来の自分に戻る」とか、「本当の自分で生きる」とか、「ありのままの自分でいい」とか そうした言葉を聞いた時、「本来の自分とは…」と思考を巡らせることもあるかと思いますが、本来の自分に戻るということは …

自分の弱さを認める人が、生きたい現実を生きられる

「自分の弱さを認める」ことは、勝負に負けた気になったり、自分の価値を失う気持ちに繋がることもあるものですが、人は誰でも「弱さを持っている」ものなので 自分自身と向き合って、弱い自分も自分だと受け入れる …

人の為は自分の為、自分自身の生き方が周りに与える影響を知る

「人の為は自分の為」とは、自分が「人の為」と思い取る行動というのは、どのような行動が「人の為になると思うか」が人によって違うことから 「人の為にしていること」というのは「自分の価値観が反映された行動」 …

自分の軸を持つ方法

「自分の軸を持つ」ことは、人の意見に流されることなく「自分はどう思うか」を大切に生きることに繋がるので 人に合わせて生きている人や、人の意見に流されやすい人は特に「自分の軸を持つ」選択をすることが、生 …

豊かな人間関係を築く為に大切にしたいこと

豊かな人間関係を築くことは、自分自身の人生を豊かにすること、そして自分と関わりのある人の人生を豊かにすることにも繋がるもので 自分自身がこころ豊かな人生を送ることが、周りの人の人生にも影響を与えること …

人の目を気にしないで生きる方法

人は誰でも大なり小なり「人の目を気にして生きている」ものですが 人の目を気にしないで生きることを考えている人というのは「人にどう思われるか」を過剰に気にしすぎて疲れたり 「自分がどうしたいか」よりも「 …

他人に期待しない方が人生は上手くいく

「他人に期待しないで生きる」ということは、一見すると冷たく感じるかもしれませんが、それは「見返りを求めない」「現実を受け止める」「人のせいにしない」といった考え方に繋がるので 「期待して裏切られた」と …

引き寄せの法則と人間関係

引き寄せの法則と人間関係について語られる時に重要なポイントとなるのは、自分の周りの人間関係は「自分が引き寄せたもの」であり 今の現実、自分の周りの人間関係というのは「自分に合う人が引き寄せられている」 …

人の気持ちを理解する

「人の気持ちを理解する」ことは、自分以外の人は現実を「どう見ているのか」「どう受け取っているのか」を知ること 「相手の立場に立つ」ことや、「相手に寄り添う」ことで、自分に無い「視野」を得ることや、視野 …

「何の為に働くのか」は自分で決める

仕事に追われて生きていたり、仕事が忙しくてプライベートが疎かになったりしていると、自分は何の為に働いているのだろうと感じたり 働く為に生きている、生きる為に働くことになり 自分を大切にすることや、自分 …

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.