3:お金・ビジネス

潜在意識にあるお金のイメージを書き換える為に考えたいこと

更新日:

自分の潜在意識のお金のイメージを書き換える為には、自分が今持っているお金に関するイメージを変えることが大切になるので

お金に対して自分が持っている思い込みを手放すことや、お金に対する考え方を変えることで「気づき」を得ることが

お金に対するイメージを書き換えることになり、お金との関わり方を変えることが出来るようにもなるので

潜在意識のお金のイメージを書き換えることで、お金と健康的に付き合うことや、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*お金とは何か

潜在意識のお金に対するイメージを書き換える前に、まずは「お金とは何か?」ということについて考えることは大切になるので

普段私たちの身近にある「お金」について考えてみましょう。

お金というのは簡単に考えると「価値を交換する為の仲介役」のようなもので

お金そのものの価値というのは「お金を使うことでさまざまな価値と交換することが出来る」こと、これは人の信用によって成り立っているものではありますが

お金があることで「スムーズに価値の交換が出来る」というのは、とても凄いことですよね。

お金があるから買いたいものが変えたり、住みたい家に住めたり、こうしてWebサイトから情報を集めることが出来たり

家族や友人と出かけたり、時には海を超えて海外へと旅をすることも出来るもので

私たちはお金を使うことによって、自分が生きたい現実を生きることが出来ています。

そうして日々を過ごしていると、「お金さえあれば好きなことが出来るのに」とか

「お金さえあればもっと生きたい人生を生きられるのに」と思うこともあるかもしれませんが

人は誰もが「自分に相応しい現実を生きている」ものなので、自分の元へと流れてくるお金というのは、今の自分に相応しい金額だと知ること、気づくことで

今の現実を受け入れ、お金に対するイメージを変えることで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*お金持ちは「人に多くの価値を与えている人」だと知る

潜在意識にあるお金のイメージを変える為には、お金を持っている人、多くのお金が流れている人というのは

それだけ「人に価値を与えている人」だと知ること、気づくことこともポイントになります。

お金というのは「価値を交換する為の仲介役」だというお話をしましたが、人は自分にとって「価値がある」と思うものに対してお金を払うものなので

多くの人が「価値がある」と思うものを「与えている人」ほど、多くのお金が集まることは理解できますよね。

つまり自分が「与えている価値の分だけお金を受け取っている」と考えると、今の現実が「自分に合う現実」だと受け止めることにも繋がりますし

今の現実が「自分にとって丁度いい現実」なので

より多くのお金を受け取ることを考えるなら、それだけ「多くの価値を与えること」がポイントになります。

*お金に抱いている幻想を無くす

潜在意識にあるお金のイメージを変える為には、自分の中にあるお金に対する幻想を無くすことも効果的です。

お金に対する幻想というのは、例えば「お金があれば幸せになれる」とか「お金があると不幸になる」とか「お金持ちは悪いやつだ」とか「お金持ちはいい人だ」とか

そうした「お金に対する解釈を無くす」ことでお金に対する幻想を無くすことへと繋がります。

お金はお金、それによって不幸になるのも幸せになるのも、悪さをして稼ぐことも、いいことをして稼ぐことも人は出来るものなので

お金のイメージを変える際には「自分がお金とどう付き合いたいのか」が大切になりますね。

*多くの人が価値を感じるものにお金が集まる

お金というのは「多くの人が価値を感じるもの」に集まるものなので、お金と豊かさを両立させることを考えるなら

お金だけに焦点を当てるのではなく、お金を有効に使うことで豊かな現実を生きることを選択することがポイントになります。

お金は「多くの人が価値を感じるものに集まる」ということは、それがいいことでも悪いことでも

それに「価値を感じる人が居る」限りはそこにお金が集まることになるので

自分は「自分が生きたい現実を生きる」ことでお金の流れを生み出すことが、より生きたい現実を生きることに繋げることが大切になりますね。

*お金は循環するエネルギー

お金というのは「世の中を循環しているエネルギー」であり、自分が持っているお金というのは

自分が「一時的に預かっているもの」だと捉えることも、お金のイメージを変えることに繋がります。

お金は世の中を循環している血液のようなものだと捉えることや、お金の循環を意識して生きることで

お金に対して執着することなく、健康的にお金と付き合うことにも繋がりますし

「お金は使えば無くなるもの」ではなく、「お金を使うことで経済を回している」と捉えることもできますよね。

それは例えば、自分が働いて稼いだお金で、食べるものや着るものを買うことで

それを売っている人の所へとお金が流れ、そのお金がまた誰かの所へと流れていき

そうしてまた、誰かの元から自分の元へとお金が帰ってくる、というイメージをすると分かりやすいので

そうしたイメージを持ちながら、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-3:お金・ビジネス
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.