3:お金・ビジネス

引き寄せの法則とお金の関係性

投稿日:

「引き寄せの法則」と「お金」の関係について詳しく理解することは、お金について学ぶこと、お金との付き合い方を意識したり

お金というもの自体に対する意識を変え、お金を引き寄せることにも繋がるので

もっとお金を引き寄せたいと思ったり、健全にお金とお付き合いしたいと考えるのであれば、ぜひ引き寄せの法則とお金の関係性について学んで、自分自身の現実に役立てて頂ければと思います。

お金に関するマイナスなイメージを払拭したり、裕福な自分になることを自分自身に許すこと、自分が何の為にお金を必要としているのかを明確にすることなど

引き寄せの法則とお金に関しての課題というのは人それぞれ色々とあるかと思うので、1つずつゆっくりと考えてみたり、紙に考えを書き出してみたりして

自分自身が豊かな人生を生きることを選択してもらえればと思います。

*お金を引き寄せるということ

引き寄せの法則とお金の関係性についてですが、まずはお金を引き寄せたいと考えるなら「お金を引き寄せる」「お金が欲しい」ということを意識すること自体が間違っていることに気づくことが大切になります。

引き寄せの法則は「人は自分に合った現実を引き寄せている」という解釈をすると分かりやすく

例えば「もう少し収入を増やしたい」と思えば「仕事を増やす」「給料のいい会社に転職する」「副業する」などが一般的には思い浮かぶかと思いますし

それをすると収入が増えることは「確実」だと思えますよね。

この「確実にそう思える」というのが自分の潜在意識の「目安」にもなる重要なものなのですが

引き寄せの法則全般に言えることですが、自分自身が「信じている」とどれだけ顕在意識で考えたり思っていたとしても、大切なことは「潜在意識が何を信じているか」なので

どれだけ自分が意識してイメージしたとしても、それを本当に心の底から信じることが出来ていなければその現実を引き寄せることは出来ません。

逆に言えば「心の底から信じることが出来ていればお金持ちになれる」ということ。

つまり「理由が説明出来るぐらいの理解と行動」が出来る人はお金を引き寄せることが出来る、収入を増やすことが出来るということですが

大切なことは「お金持ちはお金が欲しい(足りない)とは思っていない」と理解することや「現実的に考え行動する」こと。

引き寄せの法則は「自分に合ったもの」を引き寄せるので、「お金が足りない」「お金がない」「お金が必要だ」と思えば思うほど、その現実を引き寄せることになると理解したり、実感することが重要で

「今あるお金に感謝する」ことや、「今ある豊かさに目を向ける」ことが、豊かに生きる為に必要な最初の一歩で、忘れてはいけない「初心」の部分ですね。

*お金に対するイメージを変える

お金に対するイメージは自分自身の収入にも繋がってくるもので

例えば「お金は苦労して手に入れるもの」だとか「頑張って働かなければ得られないもの」だとか「お金は喧嘩の種」だとか「お金の話をするのは良く無い」いうイメージが自分の中にあると

無意識に自分にお金の流れが来ないように振舞ってしまうことにも繋がりますし、それはお金が無いと感じる現実を「潜在意識で望んでいる」ことになります。

お金に対するイメージを変えることは、健全にお金と付き合うことにも繋がるので、ぜひお金と良好な関係を結ぶ為にもお金のイメージをいいものに変えて行きましょう。

そもそもお金というのは「価値交換のツール」であり、今まで生きてきた中で「お金があると解決すること」「お金があると手に入れられるもの」が多いことから「お金は必要なもの」だと認識し

それは「多くのお金を得ること」を目的に生きることにも繋がることもありますが、お金というのは「手段」であり「目的」ではありませんよね。

そしてお金というのは「循環するもの」なので、自分の「収入」が「自分のお金」だという認識を持っていると、お金を使うことを躊躇ってしまうことにも繋がるかと思います。

そこで、お金は「循環するもの」であり、一時的に自分が「預かっている」という認識を持つことで、「自分のお金」という意識も変わりますよね。

「お金を引き寄せる」ということを意識するなら、自分の元へ「流れてくるお金を増やす」というイメージを持つことや

「多くのお金を預かるのに相応しい自分」であることが大切なので

お金に対するイメージを良くすること、例えば「お金は人々の生活を豊かにするもの」であり「感謝の循環」「豊かさの循環」だという意識を持つことが大切になりますね。

*自分の扱えるお金の器を広げる

人は誰でも「自分が扱えるお金の器」に合った収入、「自分の現実に合う収入」を得ていて、それが「引き寄せの法則とお金の関係性」でもありますが

自分自身が「扱えるお金の器」が広がると自分自身の収入も増えることに繋がりますし、自分自身が扱えるお金の器を広げることを考えるなら

同じように「扱えるお金の器が広い人」と人間関係を築くことや繋がりを持つことも大切になります。

自分自身の価値観や考え方、生き方が変わると周りの人間関係も自然と変わることになりますが

豊かに生きることを選択するなら「豊かに生きることをよしとしている世界」に生きること、そうした人間関係を築くことは重要になりますね。

自分の周りの人は自分と近いステージにいる人になるので、豊かに生きることを選択している人と関わりを持つことで自分自身も豊かに生きることに繋がりますし

今の現実、今の自分の収入というのは「今の自分にとって丁度いい収入」なので、お金の流れを増やすことを考えるなら自分自身を成長させたり

「自分の代わりに働いてくれる人やものを持つ」ことでお金の流れを自分の元へと引き寄せることにも繋がります。

自分の扱えるお金の器を広げることが、自分自身の為だけでなく周りの人の為にもなることだと思えるなら特に、自分が扱えるお金の器を広げるということは重要なことになりますね。

例えば身近なことだと結婚して家族を養うと考えた時に、自分だけの為ではなく家族の為にも、自分の扱えるお金の器を広げることを意識したり

人の為に出来ることを考えた時に、お金があるとよりスムーズに支援したり手伝ったりすることも出来るので

自分が「何の為に収入を増やしたいのか」や「理想の現実の為に必要な資金はどれぐらいなのか」を明確にすることも大切ですね。

*生きたい現実を明確にする

人は今の自分に合った現実を生きているもので、お金を引き寄せたいと考えるなら「お金持ちにふさわしい自分」や「生きたい現実」を明確にすることで

今やるべき事や、これからの自分の行動の指針を明確にすることにも繋がりますよね。

更にお金を引き寄せたいとか、今の現実を変えたいと考えるなら現実的な行動が必要になりますし、自分が生きたい現実に「どれほどのお金が必要」なのか

そして「お金持ちに相応しい自分」はどんな自分か、一度ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。

自分の器に相応しくない収入、身にあまるお金を所有することや得ることは、謙虚さを忘れ自分自身を不幸にすることに繋がることもありますし

生きたい現実を明確にすることと同時に、それに相応しい自分になることが大切になり、それに伴う周りの変化も、受け入れる姿勢が必要になりますね。

現実を変えること、生き方を変えることを選択する時というのは、自分自身の「過去に対する執着」も手放す必要があり

それが新しい生き方を受け入れることにも繋がるので、自分が生きたい現実を明確にして、「それに合う自分で在る」選択をすることが重要ですね。

*豊かさを受け取ることを許す

自分が豊かさを受け取ることを許すことは、豊かさを引き寄せるとても重要なポイントです。

「所有しているお金」=「豊かさ」だとは言い切れないことから、お金も含めた「豊かさ」についても考えていきましょう。

引き寄せの法則で有名な「ザ・シークレット」でも出てきたかと思いますが

ヘンリーフォードの名言に「本人ができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもその人が思ったことは正しい」という言葉があります。

同じ現実に生きていたとしても、その「現実に対する見方」「現実の解釈の仕方」は人によるもので

それはその人がどのような現実を生きていたとしても、「自分が見たいものを見ている」「自分が生きたい現実を生きている」ということになるので

豊かさを受け取りたいなら、まずは自分自身に「豊かさを受け取ることを許す」こと

豊かさに目を向け、豊かさを感じ、豊かさで心を満たすことが大切になります。

お金を受け取りたいなら「お金を受け取ることを許す」こと

今あるお金に目を向け、お金があることに感謝し、満たされている気持ちを持つことが大切になります。

感謝の気持ちはとても大切なものなので、日々感謝できることに目を向けることや、感謝の気持ちを心から感じることも「豊かな人生」へと繋がりますね。

豊かさを受け取ることを許す為には、まずは「豊かさを感じる」こと、今の現実の中から「豊かさに目を向ける」ことが大切です。

「自分は豊かなのだ」と「感じられる人」は、これからも豊かな人生を歩むことになるので

豊かさを感じることを許し、豊かな人生を歩むことを許し、自分が望む現実を生きることを許しましょう。

あなたが豊かに生きることが、人の豊かな人生へと繋がっていきます。

*お金の流れる水路を作る

「お金」と「仕事」というのはセットで考えることも多いかと思うので、少しビジネスの面でお金と引き寄せの法則についても触れていきましょう。

ビジネスやお金に関する知識を学んだり勉強している人は、色々なところで聞いたことがあるかもしれませんが、自分の元へと流れてくるお金を増やす為には

「お金の流れる水路を作る」ことが大切だ、とよく言われています。

川に水を汲みに行く(労働)のではなく、自分のところまで水路を作る(不労所得)ことで、より多くのお金を自分の元へと流れさせることが出来るということですが

簡単に言えば「仕組み化」することや「自分以外の人やものに働いてもらう」ことで「水路(お金の流れ)」を作ること

引き寄せの法則は魔法ではありませんから、現実的に自分の元へとお金の流れを引き寄せることを考えるなら、この「お金の流れる水路を作る」ことは

より多くのお金の流れを自分の元へと引き寄せることに繋がります。

多くのお金を引き寄せることを考えた時には、「自分だけで出来ること」「一人で出来る仕事」というのは限られるので、「労働で得られる収入」にはある程度限界があると気づきますが

自分自身の「資産となるもの」を所有することや築くことで、より多くのお金の流れを自分の元へと引き寄せることが出来るので

「お金の流れる水路を作る」ことが、より多くのお金の流れを引き寄せる為には重要なポイントになりますね。

「資産となるもの」、もとい「所有することでお金の流れを産み出すもの」と言えば「不動産」や「書籍」など、一般的には少しハードルが高いもののイメージがありますが

例えば今の時代だと「個人のブログ」や「電子書籍」、「ダウンロード型の有料商材」「YouTubeなどの動画」や「有料メルマガ」「オンラインサロン」なども「所有することでお金の流れを産み出すもの」になり得ますし

視野を広げて可能性に目を向け、今の時代に合った「お金の流れる水路」を、1つずつ出来るものから作っていくことで、より豊かさを引き寄せることにも繋がりますね。

自分に出来ることは何か、人に与えられるものは何か、豊かさを共有できるものは何か、目の前に広がっている可能性に目を向けて

自分に「出来ることから1つずつ行動する」ことで、より生きたい現実を生きることを、ぜひ選択してみて下さい。

自分の望み、潜在意識で望んでいることというのは「自分の行動」に現れています。

引き寄せの法則とお金の関係性について、気づいたことや考え方が変わったこと、変える必要があると感じたことや、これからやるべきこと、やっていきたいことが見えてきたら

ぜひ行動することを選択し、より自分が望む現実を歩んでみて下さいね。

-3:お金・ビジネス
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.