3:お金・ビジネス

生きたお金の使い方を知り、お金を有効に使うことで豊かな現実を生きる方法。

更新日:

人の暮らしに関わりの多い「お金」は、その使い道によって自分自身のこれからの人生の方向性を決めることに繋がりますし

出来るだけ「生きたい現実を生きることに繋がるお金の使い方」をすることが、より生きたい現実を生きる為には大切なことになるので

自分が生きたい現実を生きることに繋がるお金の使い方をすること

「生きたお金の使い方」について考え、日々のお金の使い方を見直したり

より生きたい現実を生きる為に「何にお金を使うのか」を意識して、豊かな現実を歩むことを選択してみて下さいね。

*生き金と死に金の違いを知る

「生き金」「死に金」と言われることがあるように、お金の使い方には「生きたお金の使い方」と「死んだお金の使い方」があるもので

「生き金」というのは、それだけの価値が在るものに対して、有効に使われるお金であり、自分自身が「価値がある」と思うものに使うお金や

これからの「自分の人生に役に立つ」ことや、「相応のリターンがある」と思えるものに対して使うお金のことを言い

「死に金」というのは、貯めるだけで活用せずに、お金の価値を果たしていないお金や、特に必要がないものや役に立たないところに使う無駄なお金のことをいいます。

自分が使ったお金が「生き金」か「死に金」かを決めるのも自分の「価値観による」ものですが

出来るだけ「生き金を使う」ことで、より生きたい現実を生きることに繋げてもらえると幸いです。

*自分に投資する

「生きたお金の使い方」として、「自分に投資する」というのは一番思い浮かびやすいかと思いますが、自分に投資するという事にも色々なカタチがありますよね。

「勉強して知識を増やす」ことや「勉強して資格をとる」ことも自分に投資することに繋がりますし

「健康の為に栄養のあるものを食べる」ことや「健康の為にジムに通う」ことも自分に投資することに繋がるので

「自分の為になる」と思うこと、自分自身を成長させることや、自分自身の価値を創ることに繋がるものにお金を使うことがポイントになりますね。

「生き金」の中でも、人によって違いがあるのは「好きなものにお金を使う」ということ。

自分が好きなものにお金を使うことは、それによって自分自身が満たされることで活き活きと生きることが出来るなら

それも自分に対する投資だと捉えることが出来るので、そこに「自分が価値を見出す」ことが出来たり

それをすることで人の役に立つのであれば、それは自分に投資になりますよね。

自分自身が様々な経験をすること自体が「投資になる」こともあるので

自分がしてきた経験が資源となるような「考え方が出来る」こと

自分が使うお金を「生き金」にする考え方を持地ながら生きることも大切になりますね。

*気持ちよくお金を使う

お金を使う時の感情というのもとても大切で、自分が「気持ちよくお金を使う」ことは生きたお金の使い方に繋がります。

お金を使うことでより生きたい現実に繋がると思えるなら、気持ちよくお金を使うことも出来るかと思いますし

お金は循環しているものなので、自分がお金を使うことで誰かの元へとお金が流れ

それが巡り巡って、また自分の元へと流れてくる、という意識を持つことで

生きたい現実に流れているお金の循環を意識して、より生きたい現実に繋がるお金の使い方をすることが出来ますよね。

気持ちよくお金を使うことで、相手も気持ちよくお金を受け取ることが出来ますし、そうした健全なお金の循環を意識することもポイントになります。

*お金の循環を意識する

お金は世の中を循環しているもので、お金が循環しているから私たちはお金を受け取ることやお金を使うことによってスムーズに生活が成り立っているものですよね。

お金がない時代の世の中は物々交換で成り立っていたり

お米がお金の代わりだったり、そうした時期を得て最終的に今は「お金」によって世の中の多くが成り立っているので

お金の循環を意識する」こと、「お金の流れを意識する」ことで、より生きたい現実に繋がるお金の使い方をすること、生きたお金の使い方をすることが出来ますよね。

世の中には多くのお金が循環しているところもあれば、あまりお金が循環していないところもありますが

多くのお金を循環させたいと思うなら、多くのお金が循環しているところに身を置くことが大切になりますし

生きたお金の使い方をすることで、より生きたい現実を生きる為に必要なお金の循環を生み出す為の行動を続けることもポイントになりますね。

*日々を豊かにする為に使う

「何にお金を使うのか」「何に価値を感じるのか」というのは人によるものですが、「日々を豊かにする為に使う」と意識することで

自分が豊かだと感じられる生きたお金の使い方をすることが出来ますよね。

日々を豊かにする為には、自分自身が健康的に生きていることも大切ですし、人との関わりによって豊かさを感じることや

自分自身が豊かさを感じられる自分である事も大切なので

豊かさを感じながら、豊かさが循環するようなお金の使い方をすることが「生きたお金の使い方」に繋がります。

「豊かさ」にも「精神的なもの」と「物質的なもの」がありますが、双方バランスよく満たされている状態が望ましいので

現実を見ながら自分自身の人生をより豊かに、そして周りの人と豊かさを分かち合うことで、より豊かな人生を送ってみてはいかがでしょうか。

-3:お金・ビジネス
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.