3:お金・ビジネス

生きたお金の使い方

投稿日:

人の暮らしに関わりの多い「お金」は、その使い道によって自分自身のこれからの人生の方向性を決めることに繋がりますし

多くの人のお金の使い道によって「人の未来」の方向性も変わることにも繋がりますよね。

多くの人のお金の使い道を自分がどうにかすることは出来ないかもしれませんが、自分は自分自身のこれからの人生の為に

出来るだけ生きたい現実を生きることに繋がるお金の使い方をすることが、より生きたい現実を生きる為には大切なことになるので

自分が生きたい現実を生きることに繋がるお金の使い方、「生きたお金の使い方」について一度ゆっくりと考え、日々のお金の使い方を見直したり

より生きたい現実を生きる為に「何にお金を使うのか」を意識して、自分自身に何を取り入れていくのか、どのような循環を起こすのかを意図的に選択してみてください。

*自分に投資する

「生きたお金の使い方」として、「自分に投資する」というのは一番思い浮かびやすいかと思いますが、自分に投資するという事にも色々なカタチがありますよね。

「勉強する」ことや「資格をとる」ことも自分に投資することに繋がりますし

「栄養のあるものを食べる」ことや「健康の為にジムに通う」ことも自分に投資することに繋がります。

そして人によって違いがあるのが「好きなものにお金を使う」ということ。

一般的に「娯楽」だとされるようなこと、例えば「映画を見る」「ゲームをする」「優雅な外食をする」など

これも自分に対する投資だと見ることが出来るので、何をしてもそこに「自分が価値を見出す」ことが出来たり、それをすることで人の役に立つなら自分に投資することだと捉えることは出来ますし

自分自身が様々な経験をすること自体が「投資になる」こともあるので、自分がしてきた経験が資源となるような「考え方が出来る」ことは大切になりますね。

*生きたい現実に繋がるものにお金を使う

人は自分が使いたいようにお金を使っているかとは思いますが、出来るだけ「生きたい現実に繋がるものにお金を使う」ことを意識することは大切になりますね。

今はインターネットで食べ物や服、生活用品などが気軽に購入することが出来るようにはなっていますが

自分がそうしたインターネットの通販を使うことは実店舗の需要が減り、実店舗が無くなっていくことにも繋がったり、人の仕事のカタチが変わることなども考えておくことは大切になります。

常識は変わるものですし、人の生き方も変わるものではあるので、そうした変化に対応して生きていくことも大切ですが

「自分が生きたい現実に繋がるもの」にお金を使う為には、自分が生きたい現実を明確にしておくことも大切になりますし

その為の「環境を変える」という選択肢や、自分に出来ることの「可能性に目を向ける」ことも重要になりますね。

*気持ちよくお金を使う

お金を使う時の感情というのもとても大切で、自分が「気持ちよくお金を使う」ことは生きたお金の使い方に繋がります。

お金を使うことでより生きたい現実に繋がると思えるなら、気持ちよくお金を使うことも出来ますよね。

お金は循環しているものなので、自分がお金を使うことで誰かの元へとお金が流れ、それが巡り巡ってまた自分の元へと流れてくる、という意識を持つことで

お金の循環を意識して、より生きたい現実に繋がるお金の使い方をすることが出来ますし

自分は「一時的にお金を預かっている」という意識を持つことや「世の中に還元する」という意識を持つことは、生きたお金の使い方をする為には大切な考え方になりますね。

*お金の循環を意識する

お金は世の中を循環しているもので、お金が循環しているから私たちはお金を受け取ることやお金を使うことによってスムーズに生活が成り立っています。

お金がない時代の世の中は物々交換で成り立っていたり、お米がお金の代わりだったり、そうした時期を得て最終的に今は「お金」によって世の中の多くが成り立っているので

「お金の循環を意識する」こと、「お金の流れを意識する」ことで、より生きたい現実に繋がるお金の使い方をすること、生きたお金の使い方をすることが出来ますよね。

世の中には多くのお金が循環しているところもあれば、あまりお金が循環していないところもありますが

多くのお金を循環させたいと思うなら、多くのお金が循環しているところに身を置くことが大切になりますね。

*日々を豊かにする為に使う

「何にお金を使うのか」「何に価値を感じるのか」というのは人によるものですが、「日々を豊かにする為に使う」と意識することで、自分にとって生きたお金の使い方をすることが出来ますよね。

日々を豊かにする為には、自分自身が健康的に生きていることも大切ですし、人との関わりによって豊かさを感じることや、自分自身が豊かさを感じられる自分である事も大切なので

豊かさを感じながら、豊かさが循環するようなお金の使い方をすることが「生きたお金の使い方」に繋がります。

「豊かさ」にも「精神的なもの」と「物質的なもの」がありますが、双方バランスよく満たされている状態が望ましいので

現実を見ながら自分自身の人生をより豊かに、そして周りの人と豊かさを分かち合うことで、より豊かな人生を送ってみてはいかがでしょうか。

-3:お金・ビジネス
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.