3:お金・ビジネス

ノウハウコレクターから脱出して自分の現実を創る人になる方法

更新日:

知識や情報を集めることで満足してしまう「ノウハウコレクター」と呼ばれる人たちは

役立つ知識や情報を沢山持っているものの、それを活用できていない人、自分の現実に役立てることが目的ではなく

知識や情報を集めることが目的になっている人のことを言いますが

ノウハウコレクターになってしまっている人が、自分の現実を変える為には

ノウハウコレクターを脱出すること、そして自分の現実を変える為に、その知識や情報を活用することが大切なポイントになりますね。

*知識や情報を活用する

ノウハウコレクターの人が現実を変える為には、その「知識や情報を活用する」こと、自分に出来ることから「行動に移す」ことが大切になります。

「現実を変える為には行動が必要」だという知識を得たなら行動すること

「人は自分が生きたい現実を生きている」という知識を得たなら、自分が本当に生きたい現実を生きることを実践すること

「引き寄せの法則の本質は自分に合うものを引き寄せる」という知識を得たなら、「自分を変えて引き寄せるものを変える」ことなど

何かしらの知識を得たなら、それを活用することで現実は動き出しますし、自分が持っている知識や情報を活用して

より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

*「アウトプット」に目を向ける

ノウハウコレクターになる人は、「インプット」が大好きで、知識や情報を得ることで満足してしまうので

ノウハウコレクターを脱出したいと思うなら、「アウトプット」に意識を向けることが大切になります。

例えば、美味しい出し巻き卵のレシピを知っていても、卵を割って出汁と混ぜて、卵焼き器で焼いて巻いてみなければ、美味しい出し巻き卵を食べることは出来ませんし

それどころか卵を焼いている途中で上手く巻けずに失敗する事もあるかもしれません。

ノウハウコレクターの人は「美味しい出し巻き卵のレシピを知っている人」であり

「美味しい出し巻き卵を作れる人」ではない事を「自覚」し

「美味しい出し巻き卵を作れる人になる」ことで、自分の現実を創る人になることが出来ますよね。

その為には自分の現実と向き合い「何度も練習する」ことや「継続すること」がポイントになりますし

アウトプットすることによって現実を変えることや、自分自身の成長を感じることにも繋がります。

*アウトプット出来る「環境」に変える

自分の周りの環境を変えること、アウトプットできる環境に整えることで、より作業の効率が上がったり

自分がやりたいことに集中することや、生きたい現実を生きることが出来るようにもなりますよね。

例えば、図書館では静かにしなければいけないように、その場に相応しい環境というのは必ずあるものなので

勉強するなら「勉強に相応しい環境」

仕事をするなら「仕事に相応しい環境」

家事をするなら「家事に相応しい環境」を考えてみて

自分が居る環境を「アウトプットしやすい環境」にすることで、より現実を動かすことや、より生きたい現実を生きることに繋がります。

*少しずつでも歩みを進めること、継続すること

ノウハウコレクターから脱出する為には「行動すること」が大切なので

自分が「行動したこと」や「アウトプットしたこと」に焦点を当てて、自分が「現実に対して何をしたか」を見ることで

自分の成長を感じることも出来ますし、自分の成長を感じることが出来ると、行動に対するハードルも下がりますよね。

自分の現実、生き方を変える為には「継続する」ことがとても大切なポイントで、「続けることが出来る」ということは自分の自信にも繋がりますし

周りの人から見ても「続けることが出来る人」だと評価されます。

「行動する」こと、「続ける」ことで、失敗したり成功したり、出来なかった事が出来るようになったり

人の好き嫌いを知ったり、新しい食材やレシピを活用する事で、より多彩な料理を作ることが出来るようになりますし

それ自体を楽しむ事が出来るようになると

自然と「インプットの為の知識」ではなく「アウトプットの為の知識」を得て、活用することが出来るようになるので

ノウハウコレクターから脱出する為には「現実を見る」こと

そして「自分に出来る事から始める」こと、「続ける」事で

「情報を集める人」から「自分の現実を創る人」へと意識を変えて

自分が生きたい現実を創ること、より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

-3:お金・ビジネス
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.