3:お金・ビジネス

ノウハウコレクターから脱出する方法

更新日:

「ノウハウコレクター」とは、知識や情報を沢山持っているものの、それを活用できていない人のことを言いますが、ノウハウコレクターを脱出することは難しいことではありません。

知識や情報を得ることは大切なことですし、自分の視野を広げる事にも繋がりますよね。

ですが「ノウハウコレクターになる人」は、現実を変える為に何かしらの知識・情報を得たいと思ってノウハウを集めているはずなので

本当に現実を変える気があるのであれば、「インプット」では無く「アウトプット」に目を向けることが重要になります。

・ノウハウコレクターになる人の特徴

ノウハウコレクターになる人は、少し夢見がちなところがあったり、知識や情報を「集める」ことで満足してしまったり

とても有益な情報を得ることが出来ていたとしても、それを「実行に移すことが出来ない」「続かない」「信じられない」などの理由によって

「現実を変えない選択」を、無意識にしてしまっているので

ノウハウコレクターを脱出する為に大切なことは

「知っている」ではなく「出来る」「やっている」状態であること

そこに向けて歩みを進めることであり、それは何をするにしても大切な要素になります。

自分自身の経験としても言えることなのですが、大切なのは「何をしたか」「どれだけ行動に移すことが出来たか」です。

現実を変える為には知識を「得る」だけではなく、「活用する」ことが重要だと認識できると、現実はスルスルと自分が望む方向へと変わっていくので

ノウハウコレクターだと自覚のある人は、自分が「何をしたか」や、「自分に出来ること」に、目を向けてみることが大切になりますね。

・ノウハウを活用する

ノウハウコレクターの人は、知識や情報を沢山持っているので、インターネットに載っている情報や世の中の仕組みを全体像で理解したり

一般の人とはまた違う見方をすることは出来るようになっているかと思いますが

現実を変える為には「ノウハウを活用する」こと、「ノウハウを活用する」為には、「自分に出来ること」から、始めることが重要になります。

人によって「出来ることのレベル」は違うので、「自分が簡単に出来ること」が「誰かにとっては簡単ではない」ように

自分のレベル(現実の見方)に合った知識や情報を得て活用する」ことが、ノウハウコレクターを脱出し、自分の現実を変えることへと繋がっていきます。

・「アウトプット」に目を向ける

ノウハウコレクターになる人は、「インプット」が大好きです。

自分が「どれだけ知っているか」ということにばかりが意識が向き、それを「使う」ことに至らないので、悪く言えば「宝の持ち腐れ」、よく言えば「博識」のような状態になります。

美味しい出し巻き卵のレシピを知っていても、卵を割って出汁と混ぜて、卵焼き器で焼いて巻いてみなければ、美味しい出し巻き卵を食べることは出来ませんし

それどころか卵を焼いている途中で上手く巻けずに失敗する事もあるかもしれません。

ノウハウコレクターの人は「美味しい出し巻き卵のレシピを知っている人」であり

「美味しい出し巻き卵を作れる人」ではない事を「自覚」すること

まずは「美味しい出し巻き卵を作れる人になる」ことや、その為の「行動を起こすこと」「継続すること」で、ノウハウコレクターからの脱出に繋がりますし

「アウトプット」の土台が出来ると、他のレシピを得た時にも、それを「作り出すこと」が出来るようになりますね。

・アウトプット出来る「環境」に変える

ノウハウコレクターから脱出する為には、環境を変えることも大切になります。

勉強をするつもりが部屋の片付けをしてしまった…。

という経験がある人も多いかもしれませんが、キッチンを片付けなければ料理が作れないように、自分の周りの環境を整えたり、アウトプットに集中できる環境に赴くことも、重要になりますね。

「自分の望み」を明確にして、それに向けた行動を取ること。

ノウハウコレクターになる人は、知識や情報を「何の為に集めているのか」を自問自答することで

「ノウハウコレクターになること」が望みなのか、それとも「自分の現実を変える」ことが望みなのか、自分の現実を変えることが望みなのであれば

「行動が伴っているか」を、意識することが大切になりますね。

・少しずつでも歩みを進めること、継続すること

ノウハウコレクターから脱出する為には「行動すること」が一番重要な要素になります。

ノウハウコレクターになる人は、無意識に「行動しないこと」を選択していることがあるので、自分の「行動」に焦点を当てて、少しずつでも歩みを進めることで

自分の現実は変わり始めますし、自分のレベルに合った現実を引き寄せることに繋がります。

「継続する」ということはとても重要なことで、「続けることが出来る」ことは自分の自信にも繋がり

何かを継続している人というのは周りから見ても「続けることが出来る人」だと評価されます。

そして「行動する」こと、「続ける」ことで、失敗したり成功したり、出来なかった事が出来るようになったり

人の好き嫌いを知ったり、新しい食材やレシピを活用する事で、より多彩な料理を作ることが出来るようになりますし

それ自体を楽しむ事が出来るようになると、「インプットの為の知識」ではなく「アウトプットの為の知識」を得て、活用することが出来るようになります。

ノウハウコレクターから脱出する為には「現実を見る」こと

そして「自分に出来る事から始める」こと、「続ける」事で、「ノウハウコレクター」から「創造主」へと、意識も変わっていきますね。

◎ノウハウコレクターから脱出する方法:要約

*ノウハウコレクターになる人の特徴

ノウハウコレクターになる人は「知識を得る」事で満足してしまう事が多かったり、得た知識を「信じる事が出来ない」「行動に移す事が出来ない」ので

ノウハウコレクターを脱出する為には「何をしたか」「どれだけ行動に移すことが出来たか」を意識して、行動することが大切になりますね。

*ノウハウを活用する

ノウハウコレクターの人は、それなりに知識や情報は持っているはずなので、それを「活用する」ことに目を向ける事が重要になります。

「知識は使ってこそ価値がある」と意識して、「使う為の知識」だと考えることで「行動」にも目が向きますね。

*「アウトプット」に目を向ける

アウトプット出来る人は、そもそもノウハウコレクターにはならないので、アウトプットする事が習慣になると、それはもうノウハウコレクターではありませんよね。

あとは「アウトプットの量を増やす」ことや「アウトプットの質を上げる」ことを意識していくことで、更に自分が望む現実を創造していくことに繋がります。

*アウトプット出来る「環境」に変える

「人は環境の生き物」だと言われるように、自分の周りの「環境」を変えることや、アウトプット出来る環境に赴くことは大切になります。

例えば、遊びに誘われすぎて勉強出来ないと思う人は、それは自分が「遊びに行くことを選択した結果」であり、そうした環境に身を置いている事が原因ですよね。

自分が「何を優先するのか」を決め、現実とのバランスを取る事も意識してみて下さい。

*少しずつでも歩みを進めること、継続すること

ノウハウコレクターから脱出する為には、「行動する事を習慣とする」こと、それが自分の「日常」になると、そこに苦痛を感じることも少なくなりますし

何もしない人は「何もしないことを選択している」ことを自覚し、何かを変えたいと思うなら、それに向けた「行動を取ること」「継続する」ことで自分自身の成長を実感したり

周りの人の反応が変わることを、実感することにも繋がりますよね。

「頑張る」よりも「行動する」こと、「意識を上げる」よりも「感じたい感情を感じる」ことが重要になるので

自分が「望む現実に向けた行動を取る」こと、「自分に出来ることをする」選択をしてみて下さい。

-3:お金・ビジネス
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.