2:人間関係

安心できる人の特徴や、周りの人が安心できる自分で在る為に出来ること

更新日:

顔を見ると安心する人や一緒に居ると落ち着く人、何かあっても守ってくれそうな人や、この人なら信じられると思う人など、そうした「安心できる人」には一体どんな共通点があるのか?

「安心できる人」でいる為には何が必要なのか?

出来るだけ自分自身も、周りの人に安心感を与えられる存在で居たいと思うなら

安心できる人の特徴を知り、出来るだけ周りの人が安心できる自分で在る為に、自分にできることをしていくことが大切になるので

できることから意識を変えたり、行動を変えることで、より周りの人が安心できる自分で在ることに繋げてみて下さいね。

*人を受け入れている

人を受け入れている人は、相手の立場に立って物事を考えたり、「共感を示す」ことや「理解を示す」ことが多く

「自分を理解してくれている、分かってくれてる」と思う人には安心感がありますよね。

人を受け入れる為には、自分自身が人を信頼することや、相手を理解すること、相手が現実をどう見ているのかを知ることも大切ですし

「理解してから理解される」という有名な言葉があるように、人を受け入れている人は、相手の事を理解し受け入れているので、安心して一緒に居ることができますよね。

周りの人が安心できる自分で在る為には、自分から人を受け入れること、相手を理解することがポイントになりますね。

*心を開いて生きている

相手に対して心を開いて生きている人も、安心できる人の共通点になります。

心を開いて生きている人は、自分の気持ちに素直に生きているところがあるので、裏表がなく信頼されやすい人だとも言えますし

自分から相手に対して心を開いている人は、相手も心を開いてくれやすくなりますよね。

心を開いて生きる為には、相手を信じることや相手を受け入れることが必要になるので

人との関わりの中でお互いを理解し合い、信じられる人との関わりを増やしていくことも、自分自身が安心できる人で在る為にできることになりますね。

*包容力がある

全てを優しく包み込んでくれそうな包容力がある人も、安心できる人の特徴ですよね。

包容力がある人は器が大きく、ゆったりと落ち着いた雰囲気があるので相手に対して余裕やゆとりを感じさせますし

落ち着いた行動ができる人には安心感がありますよね。

包容力を身につける為には、自分自身がゆとりや余裕を持っていることが大切になるので

日々の暮らしからゆとりを持つことや落ち着いて行動することなど

できるだけ自分自身にゆとりを持てる生き方を選択することがポイントになりますね。

*人を信じている

自分を信じてくれている人や、自分を信頼してくれている人と一緒に居ると安心して過ごすことができるように

安心できる人は人を信じている、ということも大切なポイントになりますね。

人を信じる為にはお互いに信頼関係を築くことが必要になりますが

自分から人を信じることで、よりスムーズに相手に対して安心感を与えることにも繋がりますし

自分が信頼している人が増えることで、その周りの人との人間関係を築くことも容易になりますよね。

例えば「自分が信じている相手が信頼している人」なら、価値観や考え方も近い可能性は高いので

それは自分もその相手を信じることが出来る可能性というのは高いですよね。

簡単に考えると「類は友を呼ぶ」という言葉を思い浮かべてみると分かりやすいですが

人は自然と自分と似た価値観、考え方を持っている人と人間関係を築いていくものなので

人を信じている人の周りには、同じように人を信じている人が集まることに繋がりますし、それは安心できる自分で在る為にも大切なポイントになりますね。

*自信がある

自分に自信がある人も安心できる人の特徴になります。

自分に自信がある人というのは、人からの信頼で自分に自信をつけているところもあるので、人との信頼関係があってこそ成り立ちますが

人との信頼関係を築く為には、相手を信じることや相手を理解することが必要になるので

自分に自信がある人というのは、人を信じている人だということにもなりますよね。

そう考えると、自分に自信を持って周りの人が安心できる自分で在りたいと思うなら、人と関わり信頼関係を築いていくこと

その為には「自分がどう思われるか」よりも「相手の為になること」や「相手に安心してもらうにはどうしたらいいか」を意識することがポイントになりますね。

*自己開示している

自己開示している人も安心できる人の特徴になります。

例えば昔からの知り合いで素性を知っている人や、自分の意見が明確で「どんな人か」が分かる人とは安心して関わることが出来るように

自分から自己開示すること、自分は何が好きで何が嫌いか、自分はどんな価値観や考え方を持って生きているのかなどを話すことによって

相手が自分を理解することにも繋がりますし、それは相手に対して安心感を与えることにも繋がりますよね。

自己開示することは、自分が生きたい人生を生きる為にもとても大切なことになりますし

自分の価値観や考え方を示しながら生きる方が、周りに合わせて生きるよりも自分が本当に生きたい人生を生きることにも繋がります。

*落ち着いている

落ち着いていることも安心できる人の特徴として大きな要素になりますよね。

ゆったりとした雰囲気や、何があっても動じないような落ち着きを持っている人はとても安心感がありますし

周りが見えていたり、いざとなれば頼れる人が多かったり、生きてきた中で色々な経験をして落ち着きを得た人もいるかと思いますが

自分自身が周りの人に安心してもらえるような落ち着きを持つ為には、寛容に生きることや自分の軸を持つことも大切になりますね。

*自分自信が安心して生きること

安心感がある人は、自分自身が安心して生きることを選択している、ということも大きい要素になりますし

自分自身が安心して過ごせる範囲、コンフォートゾーンを広げることでも周りの人が安心できる自分で在る為にできることになりますよね。

自分自身が安心して過ごせるのは周りの人が安心して生きているから、ということもあるので

自分自身もそうした「周りの人に安心してもらえる自分で在る」為に、自分自身が安心して生きること、人を受け入れ、人を信じて生きることは大切になります。

その為にも、日々感謝の気持ちを持って生きることや、自分が安心して過ごせるような生き方を選択していくことで

周りの人が安心できる自分で在りながら生きることを選択してみてはいかがでしょうか。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.