2:人間関係

人を信じるために大切なこと

更新日:

人を信じて生きることは、自分の人生にとっても、自分の周りの人の人生にとってもとても大切なことになりますが、人を信じることが怖いと感じたり、誰を信じればいいのかが分からないと思う人は

「人を信じるために大切なこと」に意識を向けることや、人を信じるために大切なことを思い返しながら日々を過ごすことで、人を信じながら生きることが選択出来るようにもなりますし

人を信じて生きる為には、自分が「人を信じられる強さ」を持つことはとても大切になりますが、人を信じて生きたいと思っていても、そう出来ない日があるのも人の人生ですよね。

ですが自分自身が出来るだけ「人を信じること」を選択して生きていれば、出来るだけ人を信じられる世界で生きることに繋がるものなので

「人を信じるために大切なこと」を意識して、日々思い返しながら生きることが大切になりますね。

*人を信じるということ

人を信じるということには色々な意味が含まれるものですが、人が人を「信じている」時というのは、自分のことを「理解してくれている」とか「受け入れてくれている」と感じる時であり

「信じていた人に裏切られた」とか、「もう人を信じられない」と思う時というのは、自分のことを「理解してくれない」とか、「受け入れてくれない」と感じる出来事があった時かと思います。

つまり「自分を理解してくれる人」や「自分を受け入れてくれる人」のことを人は信じられると感じますが、そうでない人は「信じられない」と感じることになるので

人を信じる為には、自分自身が「人を理解する」ことや、「人を受け入れる」ことが、とても重要なポイントになります。

自分自身が人を理解することや人を受け入れることで、色々な人の価値観や現実の見方を知り視野が広がったり、人が信じていることを知ることで、本当に信じられる人を見極めることにも繋がるので

人を信じることを考えるなら、信じられる人を見極める目を肥やすことも大切になりますね。

*言葉よりも行動を見る

人を信じる為には、人の言葉よりも行動を見ることも大切になります。

人の無意識の望み、本当の望みというのは言葉よりも行動に現れるものであり、人はそれぞれ自分に合う現実を生きているので

自分と合わない人というのは自然と離れていくことになりますし、自分に合う人は自然と繋がりを持つことになりますが、言葉よりも行動を見ることで、その人が本当に望んでいることが見えてきます。

相手が本当に望んでいることが見えると、その人が何を信じて生きているのかも見えてくるので、その人を信じられるかどうかも見えてきますよね。

例えば「優しくされた」から相手が自分のことを「好きだろう」と思うのは早計ですし、周りをよく見て、自分以外の人にも優しくしている人なら、ただ「優しくありたい人」なだけの可能性が高いですよね。

人を信じる為には広い視野を持って人を見ることが大切になるので、自分の思い込みを手放して、相手の「行動」を見ることで、本当に信じられる人や、相手が信じていること、相手の望みが見えてくることにも繋がります。

言葉よりも行動を見ることで「相手を理解する」ことが出来ると、相手の行動の「真意」が見えたり、それによって相手を許すことにも繋がるので、それは人を信じて生きることへと繋がっていきますね。

*人を許す

「人を許す」ということも、人を信じる為にはとても大切なことになりますね。

人は誰でも間違えることがあったり、本当はやりたくないことをしてしまったりすることがありますし、例えば怒りたくないのに怒ってしまったり、やりたくないと思いながら仕事だからやらなければいけない時があったり

自分も含めて一人一人の人が、そうした現実をつくる原因にもなっていると気づくこと、相手を「そうさせた原因は自分にもある」と気づくことで、それは人を許すことにも繋がります。

人を信じて生きる為には、「自分が被害者」だと思うのではなく、現実を創っているのは自分だという「当事者意識」を持って人を許すことがとても大切になりますし

そこから、人を信じて生きる為に自分に出来ることを行動に移すことで、人を許しながら生きることや、より人を信じられる世界で生きることへと繋がりますね。

人を許せる人は自分を許せる人でもあるので、人を信じる為には自分自身を許すことや、自分自身を受け入れることも大切になります。

*人を理解する

人を信じる為には「人を理解する」ことはとても大切なことになりますし、特に自分が理解できないと思う人や、価値観が違うと思う人を理解することは自分の視野を広げることにも繋がり、それはより人を信じられる自分になることにも繋がります。

人を理解することで「自分に見えていなかったものが見える」ようになると、自分の言葉や行動が相手に「どう映っているのか」を理解することにも繋がりますし

相手を理解することで相手の気持ちに共感し、それは人を許すことにも繋がりますよね。

例えば同じ仕事をしている人でも、それを簡単に出来る人とそうでない人が居るように、人によって出来ることや見えているもの、優先順位は違うものなので

人を信じる為には「相手は何を見ているのか」や「相手は現実をどんな風に見ているのか」を知ること、相手を理解しようと努めることは大切になります。

「人を信じて生きている人」「人を疑って生きている人」「自分に自信がない人」「自分に自信がある人」「自分のことだけを考えている人」「周りの人のことを考えている人」など

人によって様々な生き方があるように、一人一人に共感を示し、相手が見ているものを同じように見ることが人を理解すること、相手が信じていることを知ることにも繋がりますよね。

「人は自分が信じたいものを信じて生きている」と気づくと、人を信じて生きる為に大切なことは「人を信じて生きている人」や「人を信じて生きたいと思っている人」と一緒に生きることだと気づきますし

「相手が信じていること」や「相手の生きている世界」が理解できると、その人の言葉や行動に対して理解出来るようにもなるので、自分が本当に信じられる人を見つけることにも繋がります。

*自分を信じる

人を信じる為には自分を信じることもとても重要なことになりますし、自分を信じられない人は人を信じることが出来ないように、人を信じる為にはまず自分が自分を信じること、自分に自信を持つことが大切になりますね。

自分を信じることは周りの人がいてこそ成り立つものではありますが、まずは自分が自分を信じること、自分の「可能性を信じること」に目を向けることは大切になります。

自分の可能性に目を向け、自分の可能性を信じることで、それに合う現実を引き寄せることにも繋がりますし、人を信じて生きる為には、自分自身が「自分を信じて生きると決める」ことや

1つずつ、より自分を信じられるように行動していくことも重要になりますね。

自分を信じる為には「現実は自分が創っている」という自覚を持って生きること、自分が変われば現実は変わるものなので、「人を信じている」ということを「行動で示す」ことを意識することで、より人を信じて生きることへと繋がっていきますし

1つずつ行動を積み重ねていくことで、より自分自身を信じて生きることにも繋がります。

*人を信じられる自分で在る

人を信じて生きる為には、出来るだけ「人を信じられる自分で在る」ことが大切になりますが、人を信じられる自分で在る為には人を信じられる強さを持つことが重要になりますね。

人は自分が傷つきたくないと思ったり、人を傷つけたくないという理由から嘘をついたり誤魔化したり、自分を守ることを選択することがありますが、人を信じる為には自分を守ることを辞め、出来るだけ心を開いて生きることが大切になります。

その為には人を受け入れることや、人を許すこと、人を理解することなどに意識を向けて、本当に相手の為を思った行動をとることで、お互いに理解し合ったり、違いを認めることにも繋がりますよね。

人はそれぞれ自分が信じたいものを信じて生きているので、自分と合わない人と出会うこともあるかと思いますが、相手の人生は相手のものなので

自分は自分の生きたい人生を生きることに意識を向けること、人を信じて生きることを選択するなら、人を信じて生きることに繋がる行動をとることで、より生きたい現実を生きることへと繋がっていきます。

「人を信じている」という一人一人の思いが、多くの人が人を信じられる世界をつくることにも繋がるので、出来るだけ自分自身や周りの人が人を信じて生きられるように、こちらの記事をお気に入りやブックマークへ登録して、いつでも読めるようにしておくのもお勧めです。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.