2:人間関係

人の気持ちを理解する

更新日:

「人の気持ちを理解する」ことは、自分以外の人は現実を「どう見ているのか」「どう受け取っているのか」を知ること

相手の立場に立つ」ことや、「相手に寄り添う」ことで、自分に無い「視野」を得ることや、視野の広がりを実感する事にも繋がりますし

「人間関係の悩み」というのは、誰にでもあるかと思いますが

人間関係の悩みというのは「相手が理解出来ない」ことや「相手と価値観・考え方が違う」こと、「現実の受け取り方が違う」ことによって起こりますよね。

例えば

「なぜあの人はあんなことを言うのか」

「なぜあの人はいつも怒っているのか」

「なぜあの人はあんな行動が取れるのか」

そうした「疑問」というのは「見ているものの違い」から来るもので

例えば「人を傷つけるような言葉を言う人」が居たとして

それが「相手を傷つけていると気づいていない」か「相手の為を思って言っている」か

それとも「思ったことを口にしているだけ」なのか、というのは人によりますよね。

そして、言われた側の人というのも「その言葉によって傷つく」か「自分の為を思って言ってくれている」と考えるか

「そうなんだ」と受け止めるかは「人による」ものですよね。

人の気持ちを理解する、というのは「その人の価値観・考え方・現実の見方を理解する」「実感する」ということなので

相手に対して「興味を持つ」ことが、大切になります。

自分が「理解出来ない」と思う人がいるのであれば、相手が何を考え、どのような現実を生きているのかを知ることや

実際に「自分がその立場になる」ことで、理解や実感に繋がりますし

もし、「自分を理解して欲しい」と考えるのであれば

自分から相手を理解しようとすること」が大切だと意識し、行動に移すことで、お互いを理解したり、受け止めたりする事にも繋がりますよね。

・人それぞれ見ているものは違う

人の現実というのは「事実」と「思い込み」によって出来ているもので

例えば、仕事中に時計を見る人に対して「早く帰りたいのかな」と思うか「仕事の予定を立てているのかな」と思うかは

「自分の思い込み」や「自分の現実の見方」の部分になりますし

「頑張っている人」を見て「自分も頑張ろう」と思うか「頑張りたい人なんだな」と思うか

「頑張られると周りがしんどい」と思うかも人によるものです。

「人それぞれ見ているものが違う」ということを理解すること、「受け止めること」は

理解出来ない相手を受け止めること」や「自分の視野を広げること」に繋がりますが

自分の見ている現実は「自分が見たい現実」であり「自分の中にあるもの」なので

自分自身の「現実の見方を変えること」が、自分の現実を変える一番の方法であり、自分が生きたい現実を生きる事にも繋がりますね。

人それぞれ見ているものが違うこと、そして人が見ている現実は「その人が見たい現実」だということを理解すれば

「人がどんな現実を見ているのか」を気にするよりも

「自分はどんな現実を見るのか」や、「お互いにいい関係を築くことが出来る」ような人間関係を繋げて行くことが大切になりますね。

・立場が変われば見えるものも変わる

「人を理解する」には「その人の見ている現実の見方を知る」こと、「相手の立場に立つこと」が大切にはなりますが

自分が見ている現実というのは「自分の立場から見た現実」だと気づくことは、とても大切です。

立場が変われば人の態度が変わることがあるように、自分の立場が変われば周りの反応や見えるものも変わります。

会社で例えると「アルバイト」としての立場、「一般社員」としての立場、「店長」としての立場、「エリアマネージャー」としての立場など

自分が「見る範囲」が変われば「やること」も「入ってくる情報」も「責任」も変わりますよね。

働いている場面以外でも、「頼る立場の人」「頼られる立場の人」

「助けられる立場の人」「助ける立場の人」

「教えられる立場の人」「教える立場の人」

「与える立場の人」「与えられる立場の人」など、お互いにお互いがいて成り立っているものなので

自分が「どの立場にいるのか」は人によって違うものですが

自分がいる立場によって「周りの人の態度が変わる」ことや「周りの人が自分に抱く印象が変わる」ことに繋がるので

今の「自分の立場が周りを創っている」ことや

自分の立場が「理解出来ない相手を創っている」と自覚することは、とても重要なことになりますね。

・人の気持ちを完全に知ることは出来ない

人の気持ちを理解すること、自分とは違う立場の人を理解することは「自分がその立場になること」で、理解することや実感することに繋がりますが

相手の気持ちを「完全に理解する」ことは出来ませんし

人は「自分に合ったものを引き寄せる」ものなので「自分が変わる」ことで「見えるものが変わる」ことや

「相手から出てくる言葉が変わる」と気づくことが大切になります。

そして「人の気持ちに寄り添う」ことは大切ですが

「自分がここに居るから、相手がそこにいる」のだと気づくことで

自分がどこに居るかが重要」であると理解しますよね。

「変わってほしい」と感じる人が居る時、変えるべきは「自分」であり「相手」ではありません。

自分が変わらないことを選択するのであれば「相手が変わらないこと」を受け止めることや、「自分に合う環境で生きる」ことが大切になりますね。

人は自分と「共感できる人」「同調する人」と一緒に人生を歩んでいくものなので

人の気持ちを理解することで、自分が「共感できる人」が増えると、それだけ人の気持ちを理解することが出来るので、自分自身の視野も広がりますよね。

視野が広がれば、より多くのことを受け止めなければいけなくなるかもしれませんが

それは自分自身の可能性を広げる事にも繋がりますし、自分が「より生きたい場所」に向かうことにも繋がるのではないでしょうか。

・人は「違う」もの

人の気持ちを理解する為には、「自分と人との違いを受け止める」ことが大切になりますが

そもそも「同じ人生を生きてきた人」は居ないもので、「自分は自分」で「相手は相手」の考え方や価値観、現実の受け取り方があるものですよね。

自分と人とは「違うもの」だと受け止めることは、「人と自分とを比べる」のではなく「過去の自分と今の自分を比べる」ことで

無用なレースから脱出する」ことにも繋がりますし

自分と人とは「違うもの」だと受け止めることで

「なぜ理解してくれないのか」ではなく「どうすれば理解出来るのか」に意識も向きますよね。

人は、「理解出来ない人」や「未知のもの」に対して恐れを抱きますが、それを理解しようとすることは「恐れを受け止める」ことにも繋がります。

何が「正しいのか」は人によりますし、生きていれば「変わることもあるもの」で

自分は「自分が正しいと思うことをする」しかありませんが

それは「自分が選んだ道」であり「自分が生きたい人生」だと「自覚して生きる」ことは、とても大切になりますね。

◎人の気持ちを理解する:要約

*人それぞれ見ているものは違う

人の気持ちを理解する為には、人はそれぞれ見ているものが違うと「受け止める」ことは大切になりますし

そこから「相手を理解しようと努める」ことが、重要になりますね。

*立場が変われば見えるものも変わる

人は「立場」によって「見る範囲」が変わるもので、立場が違うと「見えているものも違う」ものですよね。

人を理解しようと考えるなら、「その人の立場になったつもりで現実を見てみる」ことや、実際に似た立場になることで

今まで理解できなかった人を理解することや、理解できなかった人の気持ちを実感する事にも繋がりますね。

*人の気持ちを完全に知ることは出来ない

人に気持ちを理解しようと考えることは、とても大切なことだとは思いますが

人の気持ちを完全に知ることは出来ないですし、相手がどう生きるのかは「相手の自由」なので

自分は「自分が望む現実を生きる」ことや、自分の現実をよりよくする為に出来ることをすることが、大切になりますね。

*人は「違う」もの

人は「違う」もので、誰も「同じ人生を送ってきた人は居ない」ので

似た立場から「似た価値観や考え方を持っている」ことはあっても、「相手を完全に知ること、理解すること」は出来ませんよね。

そこで自分に出来ることというのは、「相手の価値観・考え方を知る」ことや、「自分を知ってもらう」こと

好きなことや嫌いなこと、何がしたくて何がしたくないかなど「お互いに理解する」ことで

お互いにとって「良好な関係」を築く事に繋がりますよね。

人間関係は、自分に合う人は続きますし、合わない人は離れていく事になりますが

人の気持ちを理解することで、自分の視野も広がりますし、その分色々な人と関わりながら、充実した人生を送る事も出来ますね。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.