2:人間関係

人の気持ちを理解する為に、出来ることや考えたいこと

更新日:

「人の気持ちを理解する」ことは、自分以外の人は現実を「どう見ているのか」や「どう受け取っているのか」を知ること

「相手の立場に立つ」ことや、「相手に寄り添う」ことで人を理解することは、自分に無い「現実の見方」を知ることや、自分自身の視野の広がりを実感する事にも繋がりますし

人間関係の悩みというのは「相手が理解出来ない」ことや「相手と価値観・考え方が違う」こと、「現実の受け取り方が違う」ことによって起こるものなので

人の気持ちを理解する、というのは「その人の価値観・考え方・現実の見方を知る」ことや「実感する」ということなので

自分が理解できない相手が居るのであれば、その相手に対して「興味を持つ」ことや「理解する為の行動をとる」ことが大切になります。

相手が何を考え、どのような現実を生きているのかを知ることや、実際に「自分がその立場になって考える」ことで、理解や実感に繋がりますし

人に理解して欲しいと思う人は、「自分から相手を理解しようとすること」が大切だと意識し、行動に移すことで、お互いを理解したり、違いを受け入れたりする事にも繋がりますよね。

*人の意見に耳を傾ける

人の気持ちを理解する為には、その人の意見に耳を傾けることは大切になりますよね。

相手が何を見て何を感じているのかを聞くことによって、相手が「何を信じているのか」や「どんな現実の見方をしているのか」を知ることが出来ますし

人の意見に耳を傾けることで、自分には無い視点に気づくこともありますよね。

人は誰でも自分の意見や自分が信じていること、自分なりの現実に対する「解釈」をしているものなので、色々な人の意見に耳を傾けてみると、それだけ色々な視点を知ることも出来ます。

世の中には色々な情報が溢れていますし、人の意見も様々なので、「自分の目で見て確かめる」ことや「人はその人に合った現実を見ている」と知ることも大切になりますね。

*人の意見にはその人が信じているものが現れる

人の気持ちを理解する為には、相手が「何を信じているのか」や「どんな価値観を持っているのか」を知ることも大切なポイントになりますね。

人の意見にはその人が無意識に信じているものが現れるので、よくその人の話に耳を傾けてみることで、相手がどんな環境で生きているのかやどんな価値観を持っているのか

何を大切にしていて、どんな人が好きなのか、色々と見えてくると相手を理解することに繋がりますし、相手が喜ぶこと、相手が嫌がることなども見えてきますよね。

人の気持ちが理解できると相手との良好な人間関係を築くことにも繋がりますし、相手が何を信じているのかを理解することで

お互いにとっていい関係を築くことへと繋げてみて下さいね。

*人は自分の中に無いものを人の中に見ることは出来ない

人は自分の中にないものを人の中に見ることは出来ないもので、人を見て自分が思うことというのは「自分の中にあるもの」なので、色々な人の意見を聞いたり、人を理解することによって

自分自身の視野を広げたり、新しい現実の見方をすることが出来るようにもなります。

例えば誰かと話をしている時や、テレビで誰かが話している内容に対して、「自分とは意見が違うなぁ」と感じることは誰にでもあるかと思いますが

そこには自分と相手との現実の受け取り方の違いがあるもので

犬を見て「かわいい」と思う人もいれば「頼りない」と思う人もいるように、人それぞれが「何を見て何を思うのか」は違うものですよね。

人は自分が共感できることに対しては理解を示せるものですが、自分が共感できないものに対しては理解できなかったり、実感が伴わないものなので

人の気持ちを理解する為には、自分自身が「実感する」ことがとても大切なポイントになります。

*実感を伴う経験をする

人の気持ちを理解する為には、自分自身が実際に「実感すること」はとても大切なポイントになるので、自分自身が色々と経験することで経験値を増やしたり

自分自身が「感じる経験を増やす」ことも人の気持ちを理解することへと繋がります。

自分が知らないものや感じたことが無いことに人は共感出来ないので、自分が知っていることや感じたことを増やすこと、人生で色々な経験をすることで

色々な人の価値観や考え方を知り視野を広げることや、色々な人の気持ちを理解することで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.