2:人間関係

人に期待しない方が人生は上手くいく理由と人に期待しないで生きる為に出来ること

更新日:

「人に期待しないで生きる」ということは、一見すると冷たく感じるかもしれませんが

人は誰でも自分に合う現実を生きているものなので、人に期待しなくても「現実は自分に合うように出来ている」と受け入れることで

「人生の主導権を自分自身の手に持つ」こと、当事者意識を持って現実を生きることに繋がりますよね。

他人に期待しないで生きることは「自分は自分がやりたいことをしているだけ」であり「人はみんな自分に合う現実を生きている」という意識を持つことになるので

人に期待することなく、自分に合う現実を生きることで、より生きたい現実へと繋げてみて下さいね。

*期待ではなく当たり前にする

人に期待しない方が人生が上手くいくのは、人に期待している時というのは相手に対して「何かを求めている状態」であり

相手に対して「何かを求めている状態」であることは、「何かを求めている状態を望んでいる」ことになるので

それは相手が「期待通りに動いてくれない」、「期待していたのに裏切られた」ということに繋がりますよね。

「期待していない状態」で生きる方が人生が上手くいくのは、自分が当たり前だと思うこと、潜在意識で望んでいることが現実に現れるので

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉のように、人に期待するのではなく、自分は自分に出来ることをすることで

それに合う現実を生きることや、より生きたい現実を生きることに繋がります。

*見返りを求めずに生きることに繋がる

人に期待しないで生きることは、見返りを求めずに生きることにも繋がるもので、見返りを求めずに生きることは、自分が本当に生きたい現実を生きることへと繋がります。

見返りを求めるというのは、「自分はこれだけしてあげたのだから、相手も同じだけ返して欲しい」といった思いを持つことですが

人は「与えた瞬間に受け取っている」ということを理解すること

自分が誰かに何かをした時に、自分も受け取っているのだと自覚することで、見返りを求めることも無くなりますし

人に期待することなく、自分が生きたい現実を生きることに繋がりますね。

*自分が生きたい現実を生きることが出来る

人に期待しないで生きることは、誰かや何かに依存しすぎることなく、自分自身が生きたい現実を生きる選択をすることにも繋がります。

人に期待して生きていると、例えば相手に「察して欲しい」とか「気づいて欲しい」とか「相手から行動を起こして欲しい」と思うことにも繋がるものですが

そうした期待をしないことで、自分の意見を言うことや自分から行動すること、主体的に生きることにも繋がりますよね。

自分自身が主体的に生きることは、現実に対して当事者意識を持って生きることにも繋がりますし

当事者意識を持って生きることは、より自分が生きたい現実を生きる為の行動を起こすことにも繋がりますよね。

*当事者意識を持って生きることに繋がる

人に期待しない方が人生は上手くいくのは、自分の現実は自分に合うように出来ていると理解することで、現実に対して当事者意識を持つことに繋がり

人に期待するのではなく、「自分を変える」ことや「自分は自分に出来ることをする」ことで

自分が生きたい現実を生きることへと繋げることが出来るからですね。

現実に対して当事者意識を持って生きることで、自分からの働きかけによって、より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ますし

人に何かをしてもらうことを期待して生きるよりも、自分がやりたいことをして生きる方が、自分の人生に対して満足しながら生きることにも繋がりますよね。

*現実を信頼することができる

人に期待しないで生きることは「現実は自分に合うように出来ている」ことを理解すること、実感することによって

「現実を信頼することが出来る」ようにもなります。

現実を信頼する、ということは自分が生きている現実は「自分に合う現実」であり、人に期待しなくても「今の自分に合う現実」が自分の目の前に現れているので

自分自身を変えることで、生きたい現実を生きることに繋げることが出来ると、自分自身を信じることにも繋がりますよね。

人は自分が生きたい現実を生きる選択をすることが出来るものなので

人に期待しないで、ありのままの現実を受け入れ生きること、そして自分自身を信じて生きることで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.