2:人間関係

人間関係を円滑にする為のコミュニケーションのコツと考えておきたいこと

投稿日:

職場や家族、友人や知人、ご近所付き合いなど、生きている中で人と関わる機会というのは多く、人との関わり方は自分の生き方にも大きく影響するものなので

人間関係を円滑にする為のコミュニケーションのコツを押さえたり、人間関係を円滑にする為に考えておきたいことを自分自身が納得出来るまで考えてみることで

人間関係を円滑にすることや、自分も自分の周りの人も気持ちよく過ごせる環境を広めることへと繋げてみて下さいね。

*自分から心を開き自己開示する

人と会話をする時には、相手が自分に心を開いてくれているかによってコミュニケーションの内容も変わるものなので

相手に心を開いて会話してもらうことを考えるなら、自分から心を開いて人と接することは大切になりますよね。

人が相手に対して心を開くことが出来るのは、相手の事をよく知っていたり、相手を信頼していたり、相手に安心感を感じていることがポイントになるので

自己開示することによって自分自身を知ってもらうことや、人に安心感を与えられるように働きかけることで、相手との信頼関係を築いたり、人間関係を円滑にすることへと繋がります。

自分から心を開く、ということは「自分から相手を受け入れる」ということなので、自分自身が「人を受け入れることが出来る状態で生きる」ことも大切なポイントになりますね。

*相手が話している時は聞き役に徹する

相手が自分のことを話してくれている時には自分自身は聞き役として徹すること、相手の話に耳を傾けることも、相手と会話をする時には大切なポイントになります。

相手が話をしている時には相手の話に興味を持つことや、質問することによって会話を広げることで、相手に気持ちよく話をしてもらうことにも繋がりますし

コミュニケーションが上手な人は「人の話を聞くのが上手な人」だと言われることもあるように

相手が話をしている時には相手の話に興味を持つことや相手の考えや価値観を理解する事で、相手が望んでいることや相手が望むコミュニケーションの仕方をすることも出来るので

それはより円滑なコミュニケーションへと繋がりますね。

*程よい距離感で付き合う

人との距離感というのは人間関係をスムーズにする為にはとても大切なポイントになりますよね。

人との距離感が近い人や遠い人、人によってパーソナルスペースに違いはありますが、近すぎず遠すぎず、お互いに気持ちよく過ごせる距離感を測れる人は円滑なコミュニケーションが出来る傾向がありますし

付かず離れず、程よい距離感で人と関わることで、長く付き合える人間関係を築くことにも繋がります。

人との関わり方としては、お互いに自立出来ている状態で自分と相手の違いも受け入れることが出来る「相互依存」の関係が理想的ではあるので

人と関わる時には出来るだけ自分自身もいい状態で関わることが出来るように、自分自身が自立した状態で程よい距離感を持って人と付き合うことで、お互いに気持ちのいい時間を過ごすことが出来ますね。

*相手に期待しない

相手に期待しない、ということもコミュニケーションを円滑にする為に心得ておきたいことになります。

人に期待しなくても現実は自分に合うように出来ているので、相手に期待しない方が人生は上手くいくものですが

現実を受け入れて相手に期待せずに自分自身を変えること、当事者意識を持って生きることへと繋げることで、より自分が生きたい現実を生きることへと繋がったり

人との関わり方を変えることや、自分自身を変えることによって「相手から何を引き出すのか」を変えることにも繋がりますよね。

人は誰でも自分が正しいと思うこと、自分の価値観や考え方を持って生きているかとは思いますが、それは相手も同じであり、相手がどうするのかは相手の自由なので

現実を受け入れ、自分は自分がされたいように人と接することも大切なポイントになります。

*感謝の気持ちは言葉で伝える

人との関係を円滑にする為には、感謝の気持ちは言葉で伝えることも大切になりますよね。

心の中で感謝の気持ちを持っていることも大切にはなりますが、それを言葉で伝えることで、お互いにとって気持ちよく過ごすことにも繋がりますし

自分自身が感謝の気持ちを伝えながら生きることで、感謝の連鎖を起こすことにも繋がります。

例えば、人にいい気分で過ごして欲しいと思うなら、自分自身がいい気分で過ごすことが大切になりますし

人に感謝の気持ちを持って過ごして欲しいと思うなら、自分自身が感謝の気持ちを持って過ごすことが大切になるように

日々の暮らしの中で感謝できることというのは沢山あるものなので、感謝できることに目を向けて、感謝の気持ちを持ちながら、人に感謝の言葉を伝えることで、より円滑なコミュニケーションへと繋げてみて下さいね。

*相手に理解を示すこと

人と円滑なコミュニケーションをする為には相手に対する理解はとても大切なポイントになります。

相手を理解することで相手に伝わりやすい言葉を選ぶことが出来たり、相手を理解することで共感できることが増えると会話も広がり、スムーズにコミュニケーションをすることも出来ますよね。

人は自分が理解できる人に対しては自然と人間関係を築くことが出来るものなので

自分とは考え方が違う人や自分と価値観が違うと感じる人に対する理解や共感が円滑にコミュニケーションをする為には大切なポイントになるので

相手は普段から何を考えているのか、相手はどんな価値観を持っているのか、相手は今どんな気持ちなのか、相手が話している時には聞き役に徹することで相手を理解することへと繋がり

相手を理解することは、相手の気持ちに寄り添うことや、相手を受け入れることにも繋がりますし、それはより多くの人と円滑なコミュニケーションが出来ることにもなりますね。

*気持ちのいい会話を心得る

人間関係を円滑にする為にはお互いにとって気持ちのいい会話をすることも大切になります。

お互いにとって気持ちのいい会話、というのは「相手の価値観を受け入れる」ことや「お互いに楽しめる話題を選ぶ」こと

「肯定的に会話をする」ことや「相手の気持ちを汲む」ことなどがポイントになり

お互いにとっていいコミュニケーションをしようとすることで自然と出来ることも多いので

人と会話をする時には、お互いにとって気持ちのいい会話を心得ることで、円滑なコミュニケーションへと繋げてみて下さいね。

*相手といい関係を築くことを考える

相手といい関係を築くことを考えることも、コミュニケーションを円滑にする為には大切なポイントになりますし

人といい関係を築くことは、自分が生きる環境を過ごしやすい環境にすることにも繋がり、それは自分自身の為にも、自分の周りの人の為にもなりますよね。

人とコミュニケーションをする時には「相手の為になること」や「相手といい関係を築くこと」に意識を向けることで自然とそうしたコミュニケーションに繋がるもので

例えば自分から「話しやすい雰囲気にする」ことや「場の空気を変える」こと、「会話の流れを変える」ことなどによってもコミュニケーションの内容が変わりますよね。

人と円滑なコミュニケーションをする為には、そうした「話しやすい雰囲気にする」というのも大切なポイントになりますね。

*価値観が合う人が多い環境で生きる

人は誰でも自分の価値観や考え方を持って生きているものなので、人間関係を円滑にする為には円滑な人間関係を築くことが出来る人が多い環境で生きることや

自分と価値観や考え方が合う人が多い環境で生きることも大切なポイントになります。

人は誰でも自分に合う人と関わりながら生きているものなので、価値観が合う人が多い環境で生きることで自然と円滑な人間関係に繋がることもあるので

自分自身がどんな環境で生きるのか、自分に合う環境はどんな環境なのかを考えたり、自分を置く環境を変えることで人間関係を変えることへと繋げることも出来ますね。

*自分に誠実に生きる

自分に誠実に生きることも、人間関係を円滑にする為には大切なポイントになります。

自分が感じていることや思うこと、考えていることやしている行動というのは「全て自分自身は知っている」ものなので、自分に誠実に生きることが人に対しても誠実に接することにも繋がりますし

自分自身が誠実に生きることは、人を信じられる自分で在る為にも大切なことですよね。

自分を信じられる自分で在ることは相手からも信頼される自分で在ることに繋がるので、自分を信じられる自分で在ることや

日頃から人間関係を円滑にするコミュニケーションを心得ることで、人との関わりをより建設的なものへと繋げてみて下さいね。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.