2:人間関係

自分の軸を持つ方法

「自分の軸を持つ」ことは、人の意見に流されることなく「自分はどう思うか」を大切に生きることに繋がるので

人に合わせて生きている人や、人の意見に流されやすい人は、意識的に「自分の軸を持つ」ことを選択することが、生きたい現実を生きることに繋がりますね。

人には様々な価値観・考え方があり、それは生まれた環境、育った環境によって自分の中に創られた「常識」であったり「固定観念」となりますが

それが「自分の軸」となり、自分自身の「生き方」として現れることになるので、自分の思いを大切に、自分の軸を持ちながら生きることが出来る環境を、選択することも大切になりますね。

・「自分はどう思うか」を大切にする

自分の軸を持つことは、人の意見に同調するのではなく「自分はどう思うか」を大切にすること。

その為には自分自身が様々な知識と経験を持ち、広い視野で物事を見られることも重要になりますが

「自分とは違う意見」「自分とは違う現実の受け取り方」をしている人に対しても理解を示し

その上で「自分はどう思うか」を自分自身で考え、自分なりの答えを出すことが、自分の軸を持つ為には重要なことになります。

例えば「礼儀正しい人」に対して「素敵な人だ」と思う人がいる一方で「壁がある人だ」と思う人もいて、「どう思うか」「何を感じるのか」は「人による」ものですよね。

「素敵な人だ」と思う人は「礼儀正しいこと」は「相手に対する敬意の表れ」で「自分が大切にされている」と受け取っているかもしれませんし

「壁がある人だ」と思う人は「礼儀正しいこと」は「相手に対する距離の表れ」で「自分が大切にされていない」と受け取っているかもしれません。

「自分はどう思うか」や「共感できること」というのは、今までの自分自身の人生の経験から気づきや学びを得て出来るものになるので、それは「変わることもあるもの」だと自覚しつつ

今の自分が正しいと思うことを選択しながら、自分とは違う意見にも耳を傾け、自分の軸をアップデートさせて行くことが、重要になりますね。

・自分とは違う意見に耳を傾ける

自分の軸を持つ為には、自分とは違う意見を持つ人の話に耳を傾けること、価値観・考え方の違いを知ることも大切になります。

自分の周りにいる人が皆、自分と同じ意見だとするなら、そこから一歩外へ踏み出し「違う意見を持っている人」と関わることで、自分自身の「視野を広げる」ことにも繋がりますし

自分が「正しいと思っていたこと」が「正しくなかった」と思うような出来事に出会うこともあります。

人は誰でも「自分が正しい」と思いながら生きているものなので、自分とは違う意見を持つ人を認めることが出来る人は、それだけ色々な価値観・考え方に触れ、自分の世界を拡げることが出来ますし

それが自分の軸をより強固なものとすることに、繋がって行きますね。

・人に合わせるのを辞める

自分の軸を持ちながら生きる為には、人に合わせることを辞めることも大切になります。

人は多かれ少なかれ、周りの人に合わせて生きているかと思いますが、自分の軸・意見を持つことで、より自分に合う環境に生きることに繋がりますし

人に合わせるのを辞めることで、自分に合わない人は自然と離れて行くことになります。

今の自分が置かれている環境というのは「自分に合う環境」になるので、今の環境を変えたいと考えるなら、その為に出来ることから始めること、自分を変えることも、大切になりますね。

・どんな人で在りたいかを意識する

自分は「どんな人で在りたいか」を意識すること、決めることは、自分の立場を固定すること、自分の軸を持つことに繋がります。

どんな人で在りたいか、というのは自分が「大切にしたいこと」が明確であればそれに沿ったものになりますし、自分の周りにはそれを必要とする人、その自分に合う人が集まることになりますね。

例えば「優しい人」の周りには「優しさを求める人」が、「成長させてくれる人」の周りには「成長したい人」が集まるように

「自分がどう在るか」によって自分の周りにどんな人が集まるのかは変わりますし

人は無意識に自分がどんな人間であるかというイメージ

セルフイメージに沿った人生を歩んでいる」ことになります。

つまり今の現実は自分が「どう在るか」を無意識にしろ決めていることの「結果」なので、それを変えることを考えるなら「自分の在り方を変える」ことが重要になり

そこで自分の「軸を持つ」こと、どんな自分で在るかを「決める」ことが、これからどんな人生を歩むことになるかも決めることに繋がるので

自分が「どんな人で在りたいか」について、落ち着いて考えてみることも、大切になりますね。

◎自分の軸を持つ方法:要約

*「自分はどう思うか」を大切にする

自分の軸を持つ為には、人の意見よりも「自分はどう思うか」が重要になるので、人の意見に流されることなく自分の意志をしっかりと持つこと

その為の「強さを持つ」ことも、大切になります。

*自分とは違う意見に耳を傾ける

自分とは違う意見に耳を傾けることは、固定観念を手放し、「自分とは違う人の現実の見方」を知ることで、自分自身の視野を広げることや、可能性を広げることにも繋がり

それは自分の軸をより強固なものにアップデートすることにも繋がりますね。

*人に合わせるのを辞める

人に合わせるのを辞めるというのは、人に同調したり、相手の意見を否定するのではなく、相手の意見を受け止めることが大切になります。

そしてそれは、自分が自分の軸を持っているように、相手にも相手の軸があると、受け止めることに繋がりますね。

*どんな人で在りたいかを意識する

自分の軸を持つことは、自分がどんな人で在りたいかを決めることにも繋がりますし、その軸がブレないように意志を強く持つことも大切になりますね。

その為には自分の意志を強く持つ為の「動機」が重要になります。

「自分の軸を持つ必要性」があれば、人は自分の軸を持つことを無意識に選択しているものですし

「自分の軸を持つ」ことで、「どんな人生を生きたいのか」について明確にすることが、とても重要になるので

一度ゆっくりと、考える時間をとってみるのもいいのではないでしょうか。