2:人間関係

人によって態度が違う人の理由と対処法

更新日:

「人が人によって違う態度を取る」ということは、よくあることであり、「あの人は人によって態度が違う」と感じる出来事というのは、生きていれば誰でも感じることがあるかと思いますが

「あの人には優しいのに自分には厳しい」とか「自分がしたことではないのに怒られる」とか「何もしてないのに機嫌が悪い」とか

誰にでも「気分」はありますし、「人によって態度が違う人を変えたい」と考えるのであれば

出来るだけ自分が「その人のどの面を引き出しているのか」に焦点を当てることが大切になりますね。

・人は自分を映す鏡

「鏡の法則」という本が流行したこともあり、現実は自分の心の反映だということを多くの人が知ることにもなったかと思いますが

人は自分を映す鏡であり、自分が相手に対してどう接するかで、これからの現実を自分がより生きたい現実を生きることに繋げることが可能になります。

例えば自分が弱い立場にいると、周りの人が皆強い立場に「見える」もので、そう感じるものですし

仕事を頑張っているように見える人と、頑張っていないように見える人とでは「周りからの評価」も違うものですよね。

そして自分を「嫌っていそうな人」に対して友好的に接するということは難しいもので、自分を「信じてくれていそうな人」を裏切ることも難しいものです。

「現実は自分の心の反映」であり、周り(現実)を見ることで自分が今「どんな世界に生きているのか」を知ることが出来ます。

「人によって態度が違う人」に振り回されることなく、自分は「自分の世界」を「どんな世界にしたいか」に焦点を当てることが

結果的に「人によって態度が違う人」を変えることや、そうした人との繋がりが薄くなると気づけば

相手を変えるのではなく自分を変える」ことの方が重要であると気づきますね。

・人によって態度が違うのは「立場」が違うから

誰でも大なり小なり「人によって態度が変わる」ものではありますが

それが顕著に現れている人が周りから反感を買いやすいのは「えこひいき」や「八つ当たり」していると見られるからですよね。

ただ、考えておきたいのは、誰だって「自分を傷つけたり自分に危害を加えそうな人」を側に置いておきたいとは思わないもので

自分を信じてくれている人や、自分と気が合う人と一緒に居たいと思うものだということ

そして「自分自身もそうである」と気づけば

自分から相手を理解しようと歩み寄るか、そうした人が居ない環境に変えることを選択するか、何かしらの手立てを打つことが出来ますよね。

人は「お互い」によって「立場」が出来るので、「親」と「子」であったり「上司」と「部下」であったり

そうした「様々な立場」を経験しながら生きていきますし

恋人の前での自分と仕事中の自分の「態度の違い」「ギャップ」があるように

「好きな人」と「嫌いな人」に対する態度の違いというのはありますよね。

好き嫌いというのは「合う合わない」で考えると理解しやすいかと思いますし

自分に合う人は好き、自分に合わないものは嫌い、それは相手も同じ。

では「相手に合う自分」になれば「相手に好かれる」ということ

つまり相手を理解し自分の「立場を変える」ことで「相手に好かれる自分」になることは可能ですが

世の中には多くの人がいて、自分に合う人も居れば合わない人もいるので「みんなに好かれる」というのは現実的ではありませんし

無理して「自分を創る」ことを選択して生きるのは、正直しんどいですよね。

人によって態度が違う人が目に付くのは「上下関係」の多い「縦社会」に居ることが理由としては大きいので

「横社会」で生きるか「縦社会」で「そういうもの」だと受け止めるかに分かれます。

「自分の立場」が「相手の立場」を創っているので

「自分の立場を変える」ことが解決策であり、それは自分が生きたい現実を生きる為の方法でもあります。

・自分を変えて相手を変える

「人が人によって違う態度を取るのは当たり前」であり「自分も人によって態度が変わる」ことはあると自覚すれば

あとは自分が「どう生きたいのか」を考えることが重要になりますよね。

人は無意識だとしても「生きたい現実を生きている」もので、「好きなことをして生きている」ものです。

つまり「今の現実は自分が引き寄せている」もので

それを変えたいと考えるなら「自分を変える」ことが必要になる、ということであり

「自分はこのままでいい」と考えるのであれば、「このままの自分」で居られる場所に居ることになりますよね。

ただ、自分は変わらなくても「世の中は変わるもの」なので

出来るだけ視野を広げて現実を見ることを選択することや

自分とは価値観・考え方の違う人を理解しようと努めることは、自分を成長させてくれる経験にはなります。

人は「主観」で現実を見ているもので、「客観的な視点」を持つ為には「自分とは意見が違う人」「自分とは立場が違う人」の現実の見方を知ることが大切になりますし

自分自身が「相手の立場」になった時に、新しく見えるものが増えて「視野が広がる」こともあります。

それは自分自身が「相手の立場に寄り添う」こと

相手の目線に立つことを「選択」した結果であり、「自分を変える」という選択をした結果で

人は常に「立場」を持っていて、「立場」が変われば「態度」も変わりますよね。

例えば、職場で後輩が出来れば「自分がしっかりしなければ」と意識が変わったり

昔は大きかった親の影響が、自分自身が成長することで小さくなるのと似ていますね。

そして多くの場合、自分にとって「逆境」だと捉えられる出来事からの方が、人は「学び」や「成長」を実感するものですし

そうして立場が変わっていくことで、人の成長は循環していくと考えれば、自分自身を変える選択をすることにも繋がりますね。

◎人によって態度が違う人の理由と対処法:要約

*人は自分を映す鏡

人によって態度が違うことは「当たり前」だと受け止めることで、自分は人に対して「どう接するか」を決めることや

出来るだけ人によって態度が変わらないように努めることが大切になりますね。

*人によって態度が違うのは「立場」が違うから

「立場」が変わると、それに合わせて「態度」も変わりますし、それがいいか悪いか、というよりも、それを「受け止める」ことや

自分自身が成長すること、自分が置かれている環境を変えることなど、自分に出来ることをすることで

自分の「立場」をしっかりと固定したり、自分自身も出来るだけ「人によって態度が変わらない」ようにすることにも繋がりますね。

*自分を変えて相手を変える

人と接する時に、人によって話す内容が変わったり、空気が変わったり、態度が変わったりすることは誰にでも経験はあるかと思いますが

自分は「自分に合うものを引き寄せている」ものなので、人によって態度は変わるものだと理解し、自分は「自分が受け取りたいものを選択する」ことが

人によって態度が違う人に振り回されることなく、自分が生きたい現実を生きることに繋がりますね。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.