2:人間関係

自分の弱さを認める人が、生きたい現実を生きられる

投稿日:

「自分の弱さを認める」ことは、勝負に負けた気になったり、自分の価値を失う気持ちに繋がることもあるものですが、人は誰でも「弱さを持っている」ものなので

自分自身と向き合って、弱い自分も自分だと受け入れることが出来ると、無理に強がる必要もなく、ありのままの自分で生きることに繋がりますよね。

自分の弱さを認める為には勇気がいるものですが、自分自身の弱さと向き合う事で、本当に生きたい現実を生きることや

自分の弱さを受け止めることが出来る人は、人の弱さを受け止めることも出来る人なので、多くの人に寄り添い生きることも出来るものですよね。

・不安や恐れは誰にでもある

人は誰でも不安や恐れを抱えながらも生きているもので、例えば普段は明るく振舞っている人にも、辛い出来事や悲しい出来事を経験してきた過去があったり

不安や恐れを抱えながらも、周りの人に心配を掛けないように、出来るだけそれを出さないようにしていることもありますよね。

自分の弱さを出すことで相手に弱みを握られるとか、相手に負けるのが嫌だと感じる人は、勝ち負けの世界に生きていたり、勝つことに価値を感じているかもしれませんが

勝負の土俵から降りることが、自分の弱さを認めることや、見栄を張ることなく「等身大の自分で生きていく」事にも繋がりますね。

・人は1人では生きていけない

人は1人では生きていけないもので、今までの人生を振り返ってみても、家族や友人など、自分と関わりのある人のおかげで今の自分があることや

自分が見えていない所でも、色々な人が考えたり働いてくれているお陰で、周りの環境や今の世の中が成り立っていることを考えると

自分1人の力の無力さが身に沁みますし、それは周りの人に感謝の気持ちを持ちながら生きることにも繋がりますね。

人は1人では生きていけないと自覚することは、自分の弱さや力の無さを自覚することにも繋がりますが、それと同時に周りの人と一緒に現実を創っている事にも目が行くので

周りの人の為に、自分自身の為に、「自分には何が出来るのか」や「自分に出来ること」に焦点を当てて生きること

人との繋がりを大切にしながら生きることにも繋がりますよね。

・弱さを認められるという強さ

自分の弱さを認められるということは、人は弱い生き物だという事を実感し、現実を受け止めることが出来るということなので

現実を受け止めた上で、自分自身を成長させる事や、自分が生きたい現実を生きる選択をすることに繋がりますよね。

自分の弱さを認められる人は、客観的に自分を見ることが出来ているので、変に自分を良く見せようと見栄を張ることもありませんし

「ありのままの自分」「素の自分」として生きることに繋がり、それは「自分と対面する相手に対して」も「そのままを受け入れる」ことが出来るということなので

損得勘定なしに心を開いて人と付き合うことにも繋がりますね。

・知らない事を知らないと言える

「知らない事を知らないと言える」こと、「知らない事を認められる」ことは、自分自身の「学び」や「成長」に繋がりますし、「知らないことが無い人」は居ないものですよね。

素直に知らない事を認める事が出来る人には、周りの人も色々と教えたくなるもので、結果的に自分の成長に繋がり易いですし

「知らない事を知っている」こと、「知らない事を認められる人」は「助けられ上手」で「頼り上手」な面もありますよね。

人は誰でも「知らないこと」はあるものなので、自分が知らないことで相手の知っていること、相手の知っていることで自分が知らないこと

そうした「情報の交換」や「情報の共有」は「自分の弱さを認めれる人」や「信頼関係がある人」同士であると、お互いにとっていい関係を築くことにも繋がります。

知らない事を知らないと言えることは恥ずかしい事ではありませんし、知らないなら知っていけばいいもので

誰でも最初は何も知らない状態で生まれてきているはずなので、自分の人生を歩みながら、色々と知識を深めることで、より生きたい現実を生きることに繋がりますよね。

自分の弱さを認めること、自分自身を客観的に見つめることで、自分が生きたい現実を生きる為に必要なことや出来ること、やった方がいいことなども見えてくるので

自分の弱さを認めること、今の自分を受け止めることが出来たら、そこから一歩ずつ、より生きたい現実を歩むことも大切になりますね。

◎自分の弱さを認める人が、生きたい現実を生きられる:要約

*不安や恐れは誰にでもある

自分の弱さを認めることは、自分の中にある恐れや不安と向き合うことにもなりますが、そうした恐れや不安は誰にでもあるものなので

「自分の弱さ」を認める事で、「相手の弱さ」も受け止めることが出来ますよね。

*人は1人では生きていけない

人は1人では生きてはいけないもので、1人1人が自分に出来ることをして世の中が成り立っているものですが、その中で自分1人の力というのは微々たるものですし

「大勢の人に影響を与えている」ように見える人は、どちらかというと「大勢の人から影響を与えられている」人であり「その役が出来る人」なので

「人は1人では成り立たない」こと、自分の弱さや力の無さを自覚することはとても大切ですね。

*弱さを認められるという強さ

「自分の弱さを認められる人は強い」と言われることもありますが、実際に自分の弱さを認められる人というのは「自分の弱い所を自覚している」ので

そこに対して補強したり、自分が得意なことや強い部分を伸ばすことに目を向けることも出来ますし

自分の弱さを認められるので、人の弱さにも寛大になることが出来ますよね。

*知らない事を知らないと言える

「知らないことを知らないと言える」ことはとても大切なことで、それが出来る人は「今の自分自身」を受け止め、さらに学び、成長しやすいので

「誰にでも知らないことはある」と受け止めることで、より生きたい現実を生きる為に必要な知識・学び・経験を引き寄せることにも繋がりますし

自分の弱さを認めること、自分自身を受け止めることが出来る人は、そこから更に自分が望む現実を歩むことも出来ますよね。

その為にも、より生きたい現実を生きる為に、自分に出来ることを1つずつ「行動に移す」ことが、とても大切になりますね。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.