2:人間関係

自分の弱さを認めることで、より生きたい現実を生きることに繋げる方法

更新日:

「自分の弱さを認める」ことは、自分自身の弱さと向き合って、「弱い自分も自分」だと受け入れることが大切になりますが

自分の弱さを認めることや、自分の弱さを受け入れることが出来ると

飾らないでありのままの自分で生きることや、より生きたい現実を選択することにも繋がりますよね。

「喧嘩をしたら勝てない」とか

「不安なことや心配なことを考えてしまう」ところ

「勇気がない」とこや「意志が弱い」ところ

「人に流されてしまう」ところなど、人は誰でも自分の中にそうした弱さを感じることがあるかと思いますが

その「弱さ」を認め、受け入れることで、より自分が生きやすい現実を生きることを選択したり

今の自分自身を変えることで、より生きたい現実を生きることに繋げてもらえれば幸いです。

*不安や恐れを認め、受け入れる

人は誰でも「不安」や「恐れ」を生きている中で感じることがあるものですが、そうした「不安」や「恐れ」から目を背けて生きるよりも

恐れや不安を受け入れることで課題や問題と向き合い、出来るだけ生きたい現実を生きることが出来るように自分自身を変えることや

自分に出来ることに目を向けることで、安心して暮らせるように働きかけることも出来ますよね。

自分自身が安心して日々を過ごす為には、自分に自信を持つこともとても大切なことになるので

自分に自信を持って生きる為に出来ることをしていくことで、より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

*弱さを認められるという強さ

実は、自分の弱さを認められるということは「現実が見えている」ということなので

現実を受け止められる強さを持っている、と捉えることも出来るものです。

人は弱い生き物だという事を実感し、現実を受け止めることが出来るということは

現実を受け止めた上で、自分自身を成長させる事や、自分が生きたい現実を生きる選択をすることにも繋がりますよね。

自分の弱さを認められる人は、客観的に自分を見ることが出来ているので、変に自分を良く見せようと見栄を張ることもありませんし

「ありのままの自分」「等身大の自分」として生きることに繋がり、それは「等身大の自分」として、生きたい現実を生きることが出来る人でもありますよね。

*知らない事を知らないと言える

「知らない事を知らないと言える」こと、「知らない事を認められる」ことは、自分自身の「学び」や「成長」に繋がりますし

世の中には「知らないことが無い人」は居ないものですよね。

素直に知らない事を認める事が出来る人には、周りの人も色々と教えたくなるもので、結果的に自分の成長に繋がり易いですし

「知らない事を知っている」こと、「知らない事を認められる人」は「助けられ上手」で「頼り上手」な面もありますよね。

人は誰でも「知らないこと」はあるものなので、自分が知らないことで相手の知っていること、相手の知っていることで自分が知らないこと

そうした「情報の交換」や「情報の共有」は「自分の弱さを認めれる人」や「信頼関係がある人」同士であると

お互いにとっていい関係を築くことにも繋がりますよね。

自分の弱さを認めること、自分自身を客観的に見つめることで

より自分が生きたい現実を生きる為に、必要なことや出来ることが見えてくるかと思うので

自分の弱さを認めること、今の自分を受け止めることが出来たら、そこから一歩ずつ、より生きたい現実を生きることを選択してみて下さいね。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.