2:人間関係

人の目を気にしないで生きる方法

人は誰でも大なり小なり「人の目を気にして生きている」ものですが

人の目を気にしないで生きることを考えている人というのは「人にどう思われるか」を過剰に気にしすぎて疲れたり

「自分がどうしたいか」よりも「相手がどう思うか」や「周りの人に合わせる」ことを優先させて生きてきて

人の目を気にせず「自分が思うようにする」ことが難しくなっているかもしれませんが

「人の目を気にする」ということは、「人に嫌われたくない」と考えていたり「場を丸く収めること」や「自分を守ること」に意識が向いている状態であると言えますね。

人の目を気にする人がいる一方、全く人の目を気にしない人もいるもので

人の目を気にしないで生きる人というのは「人に好かれようと思っていない」「嫌われることを恐れていない」「人の意見よりも自分の思いを優先させている」など

人の目を気にして生きている人から見ると、そうした人は「自己中心的」「我が儘」に映るかもれませんが

人の目を気にしていない人から見ると、人の目を気にして生きている人は「自分がどう思われるかばかりを気にしている自意識過剰」で「自分のことばかり考えている」ように映るものなので

どう生きるにしても「全ての人に好かれることはない」ことに気づき

人の目を気にするよりも「自分が生きたい人生に集中すること」に意識を向けることが、「自分の人生を歩む」為には、重要になりますね。

・相手は相手、自分は自分の境界線を引く

人の目を気にしないで生きる為には「自分と相手との違いを認める、受け止める」ことが大切になります。

人にはそれぞれの「立場」や「現実の見方」があり、それは人によって違うものなので、人は「自分と似た立場の人」と「共感しながら生きている」ものですし

自分と離れた立場の人、自分とは違う現実の見方をしている人に対しては「理解出来ない」と感じたり「気持ちを分かってくれない」「共感出来ない」と感じることになりますよね。

人の目を気にして生きている人は、同じように人の目を気にして生きている人と共感しながら生きていくことになりますが

人の目を気にしないで生きている人、人の目を気にしないで生きることを決めた人は

同じように「人にどう思われるか」よりも「自分はどうしたいのか」や「相手はどうしたいのか」を意識している人たちと生きていくことになりますね。

私たちはお互いに影響し合っているものですが、相手は相手で自分は自分だという意識を持つことは

自分が「お互いにどんな影響を与え合う人と付き合うのかが大切」だと気づきますね。

・「自分はどう思うのか」を大切にする

人の目を気にして生きることは、「自分がどう思うのか」よりも「周りの人がどう思うか」を優先させて生きることに繋がり、そうした意識が世の中を創っているものではありますが

「人の目を気にしないで生きる」ことを選択するのであれば「自分はどう思うのか」を、意識することが重要になりますね。

「自分はどう思うのか」を大切にして生きると、自分と価値観・考え方が合わない人は離れていくことになり、自分と価値観・考え方が合う人が自分の周りに残ることになるので

そうした人生を生きる方が「自分が生きたい人生を生きる」ことに繋がりますよね。

人は誰でも「自分に合う現実を生きている」ので、「自分が変われば周りも変わる」ことになりますし

色々な人の意見を聞くことや、色々な人の現実の見方を知ることで「自分の視野を広げる」こと、そして「自分はどう思うのか」を確立させていくことも、大切になりますね。

・人がどう思うのかは「その人の課題」

自分が人に対して思うことというのは、自分の中にある「嫌いな部分」や「好きな部分」、「自分の現実の見方」を、相手を通して見ているに過ぎず

人の取る行動に対して「何を思うか」は人によって違うものなので、相手が「何を思うか」というのは「相手の課題」であり

自分は「自分がどう思うか」に意識を向け、それを「自分が望む形へと変化させていく」ことが、自分の現実をより生きやすく、自分に合うものにすることに繋がりますね。

それは例えば「誰かが自分の悪口を言っていた」なら、それは「相手の課題」であり「相手の現実の見方」、「相手が生きている世界」なので、自分が気にする必要はありませんが

そうした「意見を受け止める」こと

「自分を変えること」を選択するかどうかは「自分の課題」になりますね。

・自分の考えを確立させ、自分に合う現実を生きる

人は誰でも「自分に合う現実を生きている」ものなので、人の目を気にしないで生きる為には「人の目を気にしない生き方、考え方」を身に付けることで、今の現実を変えること

「人の目を気にしないで生きられる環境」に身を置くことを選択する必要がありますよね。

その為には周りの人の意見に流されるままに生きるのではなく、「自分はどう思うのか」を大切にすること

「自分はどう思うのか」を大切に出来る生き方をする為に、今の自分に出来ることから「始める」こと、「行動に移す」ことで、自分の現実を「より自分が望むもの」へと変えることに繋がるので

自分が生きたい人生」を明確にすること、そしてそれに繋がる道を選択することが、重要になりますね。

◎人の目を気にしないで生きる方法:要約

*相手は相手、自分は自分の境界線を引く

私たちはお互いに影響し合っているものですが、相手は相手、自分は自分の境界線を引くことは、人の目をきにしないで「相手の課題は相手に任せる」こと

そして「自分の課題に集中する」ことが、出来るようになりますね。

*「自分はどう思うのか」を大切にする

人の目を気にして生きていると、人の意見に左右されてしまいがちなので

「自分はどう思うのか」について普段からよく考えておくことで、自分が生きたい道から逸れることなく歩みを続けることに繋がりますし

どう生きたいのかというのを「目に見える所に記しておく」のも効果的ですね。

*人がどう思うのかは「その人の課題」

人の目を気にする人は「相手がどう思うのか」を過剰に気にしてしまいがちだと思いますが、相手がどう思うのか、というのは「相手の課題」なので

それを解決するのは「相手に任せる」ことが、人の目を気にしないで生きることに繋がりますね。

*自分の考えを確立させ、自分に合う現実を生きる

人は誰でも「自分に合う現実を生きている」ものですが、人の目を気にしないで生きることを選択するのであれば「人の目を気にしない生き方」に繋がる考え方をすること

そうした生き方を「確立させる」為に、出来ることから始めること、行動に移すことが必要になるので

自分自身の「生き方」「在り方」について考えてみることや、そう生きることが出来るような「選択をする」ことが、重要になりますね。

人の目を気にして生きている人は、人にどう思われるかを過剰に気にしすぎているところがあるので、「人の目を気にしていない人の意見」を聞いてみることや

色々な人の価値観・考え方・現実の見方を知ることで「視野を広げる」こと、「選択肢を広げる」ことも、意識してみるといいのではないでしょうか。