2:人間関係

人の目を気にしないで、自分が生きたい現実を生きる方法

更新日:

人は誰でも大なり小なり「人の目を気にして生きている」かと思いますが

人の目を気にしすぎると自分がやりたいことが出来なかったり、素直な気持ちを出せなかったりすることにも繋がりますよね。

ですが、人の目を気にするよりも「自分が生きたい人生を生きること」に意識を向けることで「自分の人生を歩む」ことに繋がりますし

生きたい現実を生きることを選択するなら、人の目を気にすることなく生きることが出来る自分で在ることを選択してみて下さいね。

*相手は相手、自分は自分の境界線を引く

人の目を気にしないで生きる為には「自分と相手との違いを認める、受け止める」ことが大切になります。

誰にでも自分の意見と人の意見に違いがあるように、人はそれぞれ自分が受け取りたいように現実を受け取っているものなので

相手の意見は相手の意見で、自分とは違って当たり前だと受け止めること

そして自分は自分と合う人と人間関係を築いていくことで、より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ますよね。

人にどう見られるのか、というのは「相手が自分をどう見るのか」ということですが、これは自分が変えられるものではありませんし

相手が現実をどう受け取るのかは相手に任せて、自分は自分が生きたい現実を生きること、自分が受け取りたいように現実を受け取ることで

より生きたい現実を生きることへと繋がります。

*「自分はどう思うのか」を大切にする

人の目を気にして生きることは、「自分がどう思うのか」よりも「周りの人がどう思うか」を優先させて生きることに繋がりますし

「人の目を気にしないで生きる」ことを選択するのであれば「自分はどう思うのか」を優先させることが大切になりますよね。

「自分はどう思うのか」や「自分の意見」を大切にして生きると、自分と価値観・考え方が合わない人は自然と離れていくことになり

自分と価値観・考え方が合う人が自分の周りに残ることになるので

自分が生きたい現実を生きることで、自分に合う人が周りに残るなら、そうした人生を生きる方が「自分が生きたい人生を生きる」ことに繋がりますよね。

人は誰でも「自分に合う現実を生きている」ので、「自分が変われば周りも変わる」ことになりますし

色々な人の意見を聞くことや、色々な人の現実の見方を知ることで「自分の視野を広げる」こと、色々な意見を参考にして

「自分はどう思うのか」や「何を信じて生きるのか」を確立させていくことも、大切になりますね。

*人がどう思うのかは「その人の課題」

自分が人に対して思うことというのは、自分の中にある「嫌いな部分」や「好きな部分」、「自分の現実の見方」を、相手を通して見ているに過ぎず

人の取る行動に対して「何を思うか」は人によって違うものなので、相手が「何を思うか」というのは「相手の課題」であり

自分は「自分がどう思うか」に意識を向け、それを「自分が望む形へと変化させていく」ことが

自分の現実をより生きやすく、自分に合うものにすることに繋がります。

例えば「誰かが自分の悪口を言っていた」なら、それは「相手の課題」であり「相手の現実の見方」、「相手が生きている世界」なので

自分はそれを「どう受け止めるのか」を変えることしか出来ませんし

そうした「意見を受け止める」ことや、「自分を変えること」を選択するかどうかは「自分の課題」になります。

人がどう思うのかや人がどう生きるのかは「相手の課題」であり、自分は自分が生きたい現実を生きること

自分が「正しいと信じる道を歩むこと」が、人の目を気にせずに自分が生きたい現実を生きることへと繋がりますよね。

*自分の考えを確立させ、自分に合う現実を生きる

人は誰でも「自分に合う現実を生きている」ものなので

人の目を気にしないで生きる為には「人の目を気にしない生き方、考え方」を身に付けることで、今の現実を変えることや

「人の目を気にしないで生きられる環境」に身を置くことを選択することが大切になりますよね。

その為には「自分はどう思うのか」、自分が持っている価値観や考え方を大切にすることや、「自分が生きたい人生」を明確にすること

そしてそれに繋がる道を選択することがポイントになりますし、その為にも自分に自信を持って生きることも大切になります。

*自分に自信を持つ

自分に自信がある人は、そもそもあまり人の目を気にしてはいないものですが

人の目を気にして生きている人は自分に自信がないことが多く、周りの人の評価が自分の評価だと受け取ってしまいやすい傾向があるので

人の目を気にしないで生きる為には、自分に自信を持って生きることも大切になります。

人の目を気にする人は自意識過剰だと言われるように、自分がどう思われるかを気にしがちな所がありますが

そう自覚した時には、「相手に何を伝えられるか」や「相手の為を思うこと」で意識を変えてみて下さい。

相手の為を思って生きることで自分のことは気にならなくなりますし、相手の為を思ってする行動というのは自分の為にもなるものなので

人のために出来ることを意識しながら生きることで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-2:人間関係
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.