1:現実を創造する

人は自分が見たいものを見て、自分がやりたいことをして生きている

更新日:

人は「自分が見たいものを見て、自分がやりたいことをして生きている」ことを意識しておくことで

自分は「自分が見たいものを見て、自分がやりたいことをして生きる」ことが「自分の人生を生きる」ことに繋がり

「他の人の生きたい現実」に気を取られることなく、自分が「本当に望む現実」を歩むことに繋がりますよね。

人は現実を見るときに、それぞれの「現実の見方」「事実からの解釈」をしているもので

それによって危険を察知したり、自分が望む現実を歩む事に繋がるので

出来るだけ「事実だけを見る」ことが「現実を生きる」ことに繋がり、事実を受け止めることで、「現実を変える」ことにも繋がりやすくなります。

・「事実」と「思い込み」「解釈」を分けて考える

人は「思い込み」によって現実から「何を受け取るのか」を「自分で選択することが出来る」もので

例えば「人に悪口を言われた」として、それが「自分を傷つけるかどうか」は「自分で選択できる」もので

「悪口を悪口と感じるかどうか」は「自分の現実の受け取り方」による、ということです。

何度も目が合う異性が居たとして、その人が「自分の事が好きなのかもしれない」と考えるのも

自分にとって都合の良い解釈」であり「自分の現実の見方」を「自分が認識する」ために使うことは出来ますが

事実としては「目が合った」というだけであり、自分に自信がない人は「何か気に触る事をしたのかもしれない」と、解釈することもありますよね。

人はそうして「自分にとって都合の良い解釈」「自分の現実の見方」を「事実」から見出し生きているものですが

それが「その人が生きたい現実」なので、それを「変えるかどうか」というのは「その人が選ぶことが出来るもの」です。

ただ、私たちはみんな繋がっているので、「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい」といった言葉があるように

「自分を変えること」が「周りを変えること」に繋がると意識して

周りの人に生きて欲しい現実を「自分が生きる」ことが、あなたの周りの現実を、よりあなたの生きたい現実へと変えていくことに繋がりますね。

・自分の見たいものを見て、自分がやりたいことをする

人は自分が見たいものを見て、自分がやりたいことをしていきていると気づくと

誰かが現実をどう見ているのかを気にしたり、人からどう思われるかを気にしたりするよりも

自分は自分が見たいものを見て、自分がやりたいことに集中した方がいいことになります。

ただ、「自分が見たいものを見る」ということと、「現実を見ない」こととは別のことなので

出来るだけ広く現実を見た上で、「自分が見たい未来に目を向ける」ことが大切になりますね。

人は常に「自分が正しいと思う事をしている」もので

その「正しさの違い」「価値観の違い」によって「意見の対立」が起こりますが

それらも全て「繋がっている」もので、互いに「いい関係」を築く為には

「お互いの意見を尊重する」事や「違いを受け止める」ことが大切になりますよね。

「相手を理解しよう」とする心構えや「自分と相手との違いを知り、受け止めること」は大切なことであり

「与えることで与えられる」という言葉もあるように

「自分から相手を理解しようとすること」が、「相手から理解される」ことにも繋がります。

人と関わりながら生きる方が、人生は充実しますし、自分が見たいもの、やりたいことと、相手の見たいもの、やりたいことが重なっている時に

人の縁が交わることになるので

自分は自分が見たいもの、やりたい事をしていくことが、自分の現実を広げることや、人間関係を築くこと、経験や知識を得ることなどにも繋がっていきますね。

・視野を広げる、俯瞰する

自分にとっての「世界」は、自分が「認識したもの」で出来ているので

自分が知らないことや経験した事がないこと、考えたことや感じた事がないことなどは、自分の世界には存在しないことと同じなので

誰にでも理解出来ない人や相性が悪い人というのはいますよね。

インターネットで世界中と繋がることが出来るようになった現在では「様々な人の価値観・考え方に触れる」ことが出来るようになっていて

視野を広げたり現実を俯瞰すること、価値観や考え方の違う人と分かり合うことも、昔よりも簡単になっていると言えますよね。

ただ、これだけ多くの情報にアクセス出来る現代、世の中の変化のスピードも加速しているので

「何が正しいのか」「何をして生きていきたいのか」を「自分で選ばなければいけない」時代でもあるということです。

その為に「視野を広げる」こと、「現実を俯瞰する」ことはとても大切なことであり

世の中を見渡しながら、「自分はどう生きるのか」を選択することが、本当に自分が生きたい現実を生きることに繋がりますよね。

そこで意識しておきたい事は、自分は「自分に合う場所に落ち着く」ということ

引き寄せの法則というのは、「願えば叶う」ものではなく、「自分に合うものと引き寄せ合う」ということなので

「自分が変わる」ことが「自分の世界を変える」ことに繋がります。

視野を広げ、現実を俯瞰して、「自分が生きたい世界」を選択することや

どんな現実の見方をしている人と現実を歩んでいくのかを「決める」ことが、自分がやりたい事をしていきていく為には、大切になりますね。

自分が「やりたいこと」「目的」などは、生きている内に変わっていくものになるかもしれませんが

まずは「今見えているもの」から、何かしらを「選択」すること

そしてより多くのものを見て、新しく「選択」していくことで、未来へと繋がって行きますよね。

常識は変わるものであり、現状維持は後退と言われるように、私たちは日々「変化」しているもので

自分が変わらなくても「周りの現実は変わっていっている」ことを念頭に置いて

その「変化に対応出来る自分である」ことは、これからの時代を生きていく為にはとても重要なキーワードになります。

周りの現実が変わるという事は、遅かれ早かれ「自分自身も変わる必要がでてくる可能性が高い」ということなので

出来るだけ視野を広げて、現実を俯瞰しながら、自分はどこで生きていくのか、何をして生きていくのかを「選択」すること

そして、それに向けて「行動すること」で、より自分が生きたい現実を生きることに繋がりますね。

「現実を変えるのは行動」なので

自分がやりたいことをする時間や、感じたい感情を感じる時間を増やすことから、始めてみては如何でしょうか。

◎人は自分が見たいものを見て、自分がやりたいことをして生きている:要約

*「事実」と「思い込み」「解釈」を分けて考える

現実に起こる出来事、事実とそれを見た人の「解釈」「思い込み」を分けて考えることは

現実を受け止めること、そして「自分が望む現実を生きる」為に、出来る事をすることに繋がりますよね。

多くの人は自分の「解釈」「思い込み」の世界に生きているものですが、それを手放し事実だけを見る事をしてみると

落ち着いて、自分が本当に望む現実を選択することに繋がりますし、人の言葉が「事実」なのか「思い込み」「その人の現実の見方」なのかを判断することも出来ますよね。

*自分の見たいものを見て、自分がやりたいことをする

人が見ている世界、思い込みは、その人が選択したものなので、誰かを変えることを考えるよりも、自分は自分が見たいものを見て、自分がやりたいことをすること

それが自分が望む現実を生きる為には大切なことになりますし、自分の行動が人を変えることにも繋がりますね。

*視野を広げる、俯瞰する

人は自分が見たいものを見て、自分がやりたいことをしているものですが

その「世界の広さ」や「世界の深さ」は人によって違うもので、知識や経験が違えば、自分と全く同じように現実を見ること、解釈することはありませんよね。

今の世の中はとても変化のスピードが早いので、視野を広げて現実を見ることや、現実を俯瞰してみることも

自分がやりたいことをして生きていく為には、大切なことになりますし、世の中の変化に対応しながら、生き方も柔軟に変えていける余裕を持つことで

より自分が望む現実を生きることに繋がります。

自分が出来ることというのは限られているものかもしれませんが、自分が出来るだけのことをすることは、人生を有意義なものとしますし

自分に出来ることから行動することや、知識や経験を積むことを、選択してみて下さい。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.