1:現実を創造する

理想を現実にする為に、今の自分に出来ることを知り生きたい現実を生きる方法

更新日:

人は現実を生きている中で、「こうだったらいいな」という「理想」を思い描いたり

「理想の人生」を思い浮かべながらも、自分の価値観、考え方、行動の習慣などに合った今の現実

「自分のセルフイメージに合う場所」に生きているものですよね。

理想の人生は「理想」であり、それが「現実のもの」になると「理想」は「現実」に変わるので

理想を現実にする為には、「理想を現実にする為に出来ること」を、1つずつ行動に移すことや

今の現実は「今の自分に合った現実」であると受け入れ、より理想の現実を生きたいと望むなら

自分自身が本当に望んでいることを明確にすることも大切になりますね。

*理想と現実のギャップを知る

「理想の人生を送ること」は現実を変えることになるので、それは「今の生き方を手放すこと」とが必要だったり

理想の現実を生きる為には、自分が今の現実で「得ているもの」を「手放すこと」が必要になることもあります。

それは例えば「周りの人間関係」や「今までの常識」、「社会との繋がり」や「今までの価値観」など

自分が理想とするの現実を生きることを選択する為には、理想の現実に「合わないもの」は手放すこと

そして理想の現実に「合うもの」を取り入れることで、より理想の現実は現実のものとなりますよね。

自分自身が「理想とする自分」や「理想の生き方」「理想の働き方」「理想の人間関係」はどのようなものなのか

そしてその理想を現実にする為には「何を変える必要があるのか」を紙に書き出してみたり、メモに書いたり、マインドマップを作成してみたりすることで

自分の考えを整理することにも繋がりますし

紙に書き出すことで「今の自分に出来ること」が見えてきたり、理想を現実にする為に「必要なこと」も見えてくるかと思うので

頭の中を整理して、自分が生きたい現実を明確にしておくことも大切なポイントになりますね。

*自分が理想とするものを書き出す

夢を夢で終わらせない為に、理想を理想で終わらせない為には「現実味」が必要になるので

それを「叶えられると信じられること」や「確信していること」はとても重要なポイントになります。

例えば「仕事をするとお給料がもらえること」が「当たり前」だと感じるように

理想の人生を生きている自分が「理想の人生を生きていること」が「当たり前」だと感じていることは大切なポイントなので

「理想の人生を歩んでいる自分」の仕事や周りの人間関係、考え方や価値観、日常の過ごし方や住んでいる家

着ている服や普段の会話の内容、得ている情報や興味のあること、家族との関係性や買い物に行く場所など

理想の自分を思い描き、細かく色々と書き出してみることで、自分が「理想とする人生」や「理想の自分」で生きる為に必要なことや

その為に変える必要があることなども見えてきますよね。

「理想」は人によって違うものですが、自分が理想とする現実を明確にしておくことで、それに向けた行動も取りやすく、やるべきことも明確になるので

「自分が理想とする現実は?」という問いに対して、リアリティーを感じられるイメージを持つことも大切になりますね。

*理想と現実のギャップを埋める

理想を現実にする為には、理想と現実のギャップを埋めることが必要なので

例えば収入を増やしたいと思うなら、収入を増やす為に勉強したり資格を取ったり、起業したり兼業したりと、世の中には色々な選択肢がありますが

そうした「資格を取ると収入が増える」「起業すると収入が増える」「兼業すると収入が増える」と「当たり前に思える」のであれば、収入は増えますし

自分が理想とする現実を歩んでいる人がいるのであれば、その人の生き方を見習ったり

考え方や価値観を取り入れたりすることも、理想と現実のギャップを埋める近道になりますよね。

理想を現実にする為に、自分の一歩先を行く「理想の人」も「人」だという意識を持つことが大切で

理想の人を崇めるのではなく「一人の人として」見たり接したり見習うことは大切になります。

理想の人の理想の部分は、例えるならば「果実」の部分で、理想の現実を歩む為に見るべきは「果実」よりも「根」の部分なので

「理想の人」が地道に行動してきた積み重ねの成果である「果実」を同じように実らせるには「地道に行動してきた積み重ね」の部分に目を向けることで

「現実味のある理想」を思い描くことにも繋がりますし、理想の現実が現実味を帯びることにもなりますよね。

実際にそうした部分というのは、自分自身がそこに居なければ見る機会はあまりないかもしれませんが

そうした「裏話」の方がよっぽど理想を現実にする為には役立つものなので

理想の現実を歩んでいる人が周りにいるなら、色々と話を聞いてみたり、その人が発信している情報から自分に出来ることを行動していくことで現実は変わることになりますね。

*理想の現実を生きている人と繋がる

人は自分の周りの環境や人間関係にも影響されて生きているものなので、自分の周りの人間関係を変えること

理想の現実を生きている人と繋がることで自分を変える、というのもおすすめです。

今はTwitterやInstagram、FacebookなどのSNSで理想の人、自分の生きたい現実を生きている人と繋がることが簡単に出来る時代なので

自分が望む現実を生きている人と繋がりを持つことで「望む影響を受けること」が出来たり

日々の過ごし方や考え方に触れる機会も増えることになりますよね。

自分が理想とする現実を生きている人は「なぜその現実を生きることが出来ているのか」を多面的に見ることも出来ますし

周りの人間関係、繋がりを変えることで自分自身の意識のステージを変えることにも繋がります。

出来るだけ生きたい現実を生きる為にはそこに「合う自分で在ること」を意識しながら生きることが大切になりますし

その為に出来ることを「行動できる自分で在る」ことは、重要なポイントになりますね。

*理想の自分で在ること

理想を現実にする為に一番簡単で効果的なのは「理想の自分で在る」こと、理想の自分として生きることです。

引き寄せの法則でもよく言われていることではありますが、自分が欲しいと思うもの、引き寄せたいものは「既に持っている」と感じることが重要で

幸せを引き寄せたいなら「幸せに生きる」こと

可能性を広げたいなら「可能性に目を向ける」こと

現実を変えたいなら「望むものを今感じる」ことが大切です。

今の現実は自分に合う現実であり、理想の現実を生きる為には、その為に行動していくことや、自分自身を変化させていくことが

現実的に理想の現実を生きる為に必要なことなので

今の現実、自分が生きている場所が自分にとって最適な場所だということを受け入れた上で「新しい目的地」を設定しながら歩むことが

理想を現実にしながら、生きたい現実を生き続けることに繋がりますね。

理想を現実にする為には「自分の行動が望み」だということを念頭において、理想の現実に向けた「現実的な行動」を取ることや

自分自身の内面の変化、価値観や考え方をアップデートすることで、より生きたい現実を生きることを選択すること

そして出来るだけ、もうすでに「理想の自分で在る」と感じながら生きること、自分は「生きたい人生を生きている」と感じることです。

そうすると現実はそれに合うような現実を引き寄せることになるので

より生きたい現実を生きる為に、今出来ることから1つずつ、行動してみてはいかがでしょうか。

-1:現実を創造する
-, , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.