1:現実を創造する

コンフォートゾーンとは

更新日:

「コンフォートゾーン」というのは、自分にとって「居心地の良いところ」「安心できる環境」「快適空間」といった言葉で表されるような「自分にとっての快適空間」であり

コンフォートゾーンというのは「人によって違うもの」なので、コンフォートゾーンについて考える時には「自分が普段生活している環境」に焦点を当てながら考えてみると、分かりやすいですね。

通常であれば「安心する」「落ち着く」環境がコンフォートゾーンの人が多いかと思うのですが、「不安を求めている人」「危険を求めている人」も中にはいるので

そうした状態で生きることが自分の「コンフォートゾーン」なのであれば、「安心」や「安全」に生きている人の環境が「コンフォートゾーンの外である」と言えますね。

・自分のコンフォートゾーンを知る

コンフォートゾーンについての知識を求める人は「コンフォートゾーンの外に出る」こと、「コンフォートゾーンを抜け出す」ことで「自分自身を成長させる」ことを目指す人が多いかと思いますが

まずは「自分自身のコンフォートゾーンを知る」ことで、自分が「信じているもの」や「生きていたい環境」に「気づく」ことは重要になりますね。

普段自分はどんな日常を送っているのか?について考えることが自分のコンフォートゾーンを知ること、自分が信じていることを知ることに繋がるので

例えば「沢山の人と交流して過ごすことが多い人」は、人の中で生きることがコンフォートゾーンの中であり、「1人で過ごすことが多い人」は、人と群れないで生きることがコンフォートゾーンの中になるので

「沢山の人と交流して過ごすことが多い人」は、「1人で過ごすことが多い人」が理解出来ず

「1人で過ごすことが多い人」は「沢山の人と交流して過ごすことが多い人」を理解出来ないかもしれませんが

お互いに「自分のコンフォートゾーンの中で生活している」だけで、それがお互いにとっての「心地よい環境」なので

「自分のコンフォートゾーンはどこか?」というのは、普段の自分の生活を見ることで見えてきますね。

・普段の生活を見る

コンフォートゾーンというのは「普段の生活」を見ることで見えてくるので

それは例えば「どんな人と付き合っているのか」や「どんなお店を選んで入るのか」「日常的に買うものは何か」「どんな食事をとっているのか」「どんな会話をよくするのか」「どんな服を着ているのか」「どんな家に住んでいるのか」など

自分を取り巻く環境について細かく思い出したり、書き出してみたりすることで、自分のコンフォートゾーンを客観的に見ることが出来ますし

反対に、自分が「行きたくない場所」「関わりたくない人」「欲しいと思わないもの」などを思い浮かべてみると、それは「コンフォートゾーンの外にあるもの」になります。

両方書き出してみると、自分のコンフォートゾーンを明確に知ることにも繋がりますし、コンフォートゾーンを広げたいと思う時には、コンフォートゾーンの外にあるものに目を向け、興味を持つことが重要になりますね。

・現状を変えたいと思ったら、コンフォートゾーンを広げること

コンフォートゾーンについて調べるということは「コンフォートゾーンを広げる」ことや「現実を変える」ことに焦点を当てているかと思うので

現状を変える為に「コンフォートゾーンを広げる」ことについても考えてみましょう。

今の現状、自分が見ている世界というのは基本的に「コンフォートゾーンの中」であり、自分が「普通だと思っていること」「当たり前だと思っていること」「自分は出来ると思っていること」の中にあり

コンフォートゾーンを広げることで未来の可能性や選択肢というのは広がることに繋がりますよね。

コンフォートゾーンを広げる為には「自分が目指す場所」に焦点を当て、そこに向けて「必要な情報を集める」こと、そしてそれに向けて「行動する」ことが必要になります。

未来に目を向けて、そこに辿り着くまでの道筋を描くことで、自然と「やるべきこと」は見えてきますし

それは例えば、仕事で「知らない(出来ない)こと」を「調べて(教えてもらって)出来る」ようになり「考えなくても出来る」ようになるまでの道のように

誰にでも「コンフォートゾーンが広がる」「無意識に出来ることが増える」経験はあるはずなので

そうした経験を積み重ねることで、更にコンフォートゾーンを広げることや、より自分が生きたい現実を生きることに繋がりますね。

◎コンフォートゾーンとは:要約

*コンフォートゾーンとは

コンフォートゾーンというのは自分にとって「居心地のいい場所」「安心できる環境」「快適空間」といわれるような、「自分が快適に過ごすことが出来る範囲」のことで

人は基本的にはその「コンフォートゾーンの中で生活している」ので

自分が「普段している生活」や「行動範囲」について見てみることで、自分の「コンフォートゾーン」を知ることが出来ますね。

*自分のコンフォートゾーンを知る

自分のコンフォートゾーンを知ることで、それを広げることや、より自分が生きたい現実を生きることにも繋がるので

まずは自分が「快適だと思う範囲」について知ること、普段の生活での「行動範囲」や「付き合う人のタイプ」「会話の内容」「着ているものや持っているもの」などに目を向けてみて

「自分が居そうな場所」を客観的に見てみると、自分のコンフォートゾーンが見えてきますよね。

反対に、自分が居なさそうな場所に対しては何かしらの「心理的な壁」があるかと思いますが、それがコンフォートゾーンの外であり、今の自分には扱えないものになるので

そうした壁を取り除くことで、コンフォートゾーンは広がる、ということになります。

*現実を変えるならコンフォートゾーンを広げること

人は誰でも「安全なところで過ごしたい」「変わりたくない」という欲があるかと思いますが、世の中は変わるもので、それに伴って人の常識や生活スタイルも変わるものなので

変わりつつある現実に対して不満を漏らしても現実の変化は待ってはくれないので、「変化に対応できる」ような柔軟性を持ちながら生きることは、大切になります。

その為にも、コンフォートゾーンを広げる他に、「視野を広げて現実を見る」こと、「世の中の流れを見る」ことも一緒にしながら、「行動する」ことが、重要になりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.