1:現実を創造する

「与える」ことで人生は豊かになる

更新日:

人に「与えること」に焦点を当てて生きることが出来る人は、とても豊かな人生を生きることが出来るもので、それは心の豊かさとも繋がりのあるものですが

「与える」ということが「自分を犠牲にすること」だとか「自分の身を削ること」だという意識がある人は、その意識を変えることが大切になりますし

「与える」ということについて深く掘り下げて考えてみることや、自分が世の中に対して「与えているもの」や「受け取っているもの」を見渡してみることで

自分が「沢山のものを与えてもらっている」ことに気づくこと、そして自分自身も「人に何かしらを与えている」と、気づくことが出来るようになります。

そしてその「意識の変化」は自分自身の中に「豊かな心」を芽生えさせ、それは自分の現実を更に豊かなものとすること

「豊かな人生を送ること」に、繋がっていきますね。

・「与える」とは「受け取る」こと

「人に与えること」を考えるとき、そこに「自分を犠牲にする」ことや「自分の身を削る」ような意識を持っている人は、まずその意識を変えることが重要になります。

人はみんなお互いに「与えた時に受け取っている」もので、「お互いがお互いの望みを叶えている」ものなので

「与える」ということの本質を考える時、どちらか一方が「与える側」で、どちらか一方が「受け取る側」だという「見方を変える」必要があります。

私たちは「与える」ことで「与えさせてもらっている」もので、それは例えば「人を助ける」為には「助けてほしい」相手が居なければ成り立たない

ということを自覚することがとても大切になりますし

「何かを教えたい人」は「何かを教えて欲しい人」が居なければ成り立たないこと

自分が「与えることが出来る」のは、その輪を広めることが出来るのは「周りの人がいるから」だと自覚すると

自分が「与えた瞬間に受け取っている」ということが、理解できますよね。

・自分が与えているものを意識する

人の現実は「自分が与えたものが返ってくる」もので、「返報性の原理」と言われるものもありますが

好意を受けたら好意を返したくなる、敵意を受けたら敵意を返したくなるというのは

自分の人生を振り返ると、誰でも納得は出来るものですよね。

自分のことを大切にしてくれる人は大切にしようと思いますし、自分のことを粗末に扱う人を大切にしようとは思わないもので

人間関係はそんなに単純なものでもないですし、余裕がない時に人に優しくすることが難しいように、人には感情の波がありますが

出来るだけ自分が「受け取りたい感情を受け取る」ことを意識して生きることで

自分自身の周りには「それに同調する人」や「出来事」が集まることにも繋がりますね。

・受け取っているものが「与えているもの」

人は常に「与えている」もので「受け取っている」ものなので

自分が「受け取っているもの」を意識すると、自分が「現実に何を与えているのか」が見えてきます。

例えば「豊かさを受け取っている」のであれば、「豊かさを与えている」ことに

「癒しを受け取っている」のであれば、「癒しを与えている」ことに

「恐れを受け取っている」のであれば、「恐れを与えている」ことになります。

「与えることで人生が豊かになる」のは、自分が「豊かさを与えること」に焦点を当てた場合ですが

豊かさとは「心の状態」でもあるので、「有るものに目を向ける」ことや「感謝の気持ち」を持って生きることが、大切になりますね。

・こころ豊かな人生を送ろう

「与える」ということは「誰かに何かをあげる」といったものではなく、あなたの「存在そのものが与える影響」のことであり

あなたが「こころ豊かに生きる」ことが、「あなたの人生を豊かにする」こと、そしてその影響を周りに広めることに繋がります。

「物質的な豊かさ」に焦点を当てると、「人と比べる」ことにも繋がりやすいので

どちらかと言うと、「精神的な豊かさ」「自分自身の内側」に焦点を当てることが重要になりますね。

「周りの人がどう思うのか」ではなく「自分が満足しているかどうか」が重要で、自分自身が満たされていること、そして周りの人と豊かさを分かち合うことで

より豊かな人生へと続く道を歩むことに繋がります。

あなたが自分自身を豊かにすること、こころ豊かな状態で生きること、そしてその豊かさを分かち合うことに焦点を当てて生きることが

更にあなたの周りに「豊かさが運ばれてくる」ことや、豊かな人生を生きる人が増えることにも繋がりますね。

・豊かさとは主観的なものである

「豊かな人生」というのは「人によって違う」ものなので、自分が受け取りたい「豊かさ」に焦点を当てて生きることは大切になります。

豊かさとは主観的なものであり、お金があれば豊かだと思う人、沢山の友人がいれば豊かだと思う人

やりたい事が出来るのが豊かだと思う人、生きているだけで豊かだと感じる人

周りを見渡せば「豊かさ」は溢れているものですが、自分がその豊かさに焦点を当て、「豊かさを感じる」ことが、豊かな人生を送り続けることに繋がりますね。

◎「与える」ことで人生は豊かになる:要約

*与えるとは受け取ること

人に与えることを考える時に、「自分を犠牲にする」とか「自分の身を削る」と考える必要はなく、ただ「自分は与えたいものを与えている」ことや「させてもらっている」と意識すること

人はお互いにお互いの望みを叶えているもので、お互いに「与え合っている」し「受け取りあっている」ものだと理解することで

「与える」という言葉の解釈も変わりますね。

*自分が与えているものを意識する

人は誰でも生きているだけで周りの人に「影響を与えている」ものですが、自分が普段周りの人に対して「どんな影響を与えているのか」を意識することは

自分が「受け取っているもの」を見てみると見えてくるものなで

普段、「自分がどんな気持ちで生きているのか」を考えてみたり、自分が「生きたい気持ちで生きること」を優先してみるといいのではないでしょうか。

*こころ豊かな人生を送ろう

「豊かな人生を生きている人」は「豊かさ」に焦点を当て、豊かさを感じ、受け止め生きています。

そして豊かな人生を生きている人の周りには、同じように「豊かさに焦点を当てている人」が集まることにもなりますし

「自分がどう生きるのか」が「自分の周りに集まる人を決める」ので

自分自身が豊かさに焦点を当て、豊かな人生を送ることを選択してみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.