1:現実を創造する

潜在意識を書き換えて、理想の現実を生きる方法

更新日:

潜在意識を書き換えて、理想の現実を生きる為には、人の意識には9割を占める「潜在意識」と、残りの1割を占める「健在意識」があることを理解し

自分を無意識に動かす9割の潜在意識を書き換える事で、自分がより生きたい現実を生きることを選択することや

その為に、自分の本当の望み、潜在意識の望みを顕在化することで、まずは「今の現実は自分の望み通り」であると自覚すること

そして、そこから「より理想とする現実」に向けて、意図的に行動や習慣を変え、顕在意識から潜在意識に落とし込むことで、現実を変えて行くことに繋がりますね。

潜在意識を書き換えるには「自分はどんな人間か」「何を信じているのか」を変えていくことが重要なポイントになるので

自分の「セルフイメージを変える」ことで、より「理想の現実を生きる」のに「相応しい自分」で在り続ける事にも繋がりますね。

・潜在意識の顕在化

潜在意識というのは「目に見えないもの」として言われる事が多いですが

自分の行動や発言、習慣を見ることで「自分が本当は何を望んでいるのか」「これからどんな人生を送るのか」というのは大凡見えてくるものですし

特に「口癖」や「習慣」というのは、ほぼ「無意識」に言ったり行ったりしているものなので

普段自分がどんな言葉を使っているのかや、自分が持っている習慣を書き出してみることで

自分が「何に目を向けて生きているのか」「何をしたいと思っているのか」「どこに居たいと思っているのか」が見えてきますし

普段、人と話す会話で「共感すること」もあれば「共感できないこと」があるように

その「人との違い」を見てみることでも、自分が「何を信じて生きているのか」や、自分の「セルフイメージ」を知ること、自覚することに繋がります。

そして自分の「セルフイメージ」や、周りから「どんな人だと思われているのか」が自分を創ることになるので

理想の現実を生きる為には、自分の「セルフイメージ」や、周りの人から「どんな人だと思われているのか」を意識することも大切になりますね。

・潜在意識を書き換える

潜在意識を書き換える、というのは、自分が「信じているものを変える」ことに繋がります。

人は何かしらの「信じているもの」「固定観念」「常識」を持って生きているもので

それは例えば「仕事は頑張らなければいけない」「困っている人がいたら助けなければいけない」「勉強は出来る方がいい」「人の役に立つ事がいいこと」など

そうした自分の中にある「信念」を持って「自分」を確立させているものですよね。

ですがそうした固定観念は、今までとは違う現実を生きることを考えるなら、手放す事や、「本当にそうなのか?」と自問自答することが大切になります。

自分が信じている「〇〇であるべき」だとか「〇〇しなければいけない」というのは、周りの人による「刷り込み」であり「常識」でもありますが

常識は変わるものですし、生きる環境によって「違うもの」でもありますよね。

そうした「価値観・考え方の違い」や「現実の受け取り方の違い」を受け止め、理想の現実を生きる事に繋がる「思考のパターン」や「習慣」を身につけることで

自分が心から信じているもの、潜在意識を変える事に繋がりますね。

・小さなことから始める

現実を変えることを考えた時に挫折しやすい人は「大きく変えようとしすぎる」ことがありますが

人は基本的に「安心・安全」を求めるものですし、大きく変えようとするとそれだけ大きな抵抗も生まれますよね。

潜在意識に落とし込むには「続けられること」を意識して、習慣化すること、それが日常になることが目的ですから「続けられる」ということが大切になります。

自分が理想とする現実に向けて「変えられること」から「変えて行く」こと

「続けられること」から「続けて行く」ことで、それが日常になると「理想の現実は理想ではなく現実」になりますよね。

「理想」という言葉を使うと壮大に考えてしまいがちですが、自分が出来ることから行動して行くことが出来れば、現実は変えることが出来ますし

潜在意識を書き換えるには「それが出来ると信じられる」ことが、とても大切になりますし

「心の底から信じられる」ように、知識や経験、学びや気づきを得る事も重要になりますね。

・行動は潜在意識の表れ

潜在意識を書き換える為には「行動を変える」ことが必要になります。

必要になる、というよりも「行動は潜在意識の表れ」であり、行動が変われば潜在意識も変わるものなので

自分の普段の行動、姿勢、態度などが変わっていけば「潜在意識が変わっていっている」と捉えることが出来ます。

理想の自分を「イメージをする」こと、そして「それに合う自分で在る」為の行動を取ることが出来るようになると

より理想の自分へと「変わること」を選択する時にも、柔軟に変えることも出来ますし

現実は「潜在意識の望み通り」だと理解すると、現実に対して当事者意識を持って、意図的に行動を変えて行くことに繋がりますよね。

潜在意識を書き換えて、理想の現実を生きる為には、まずは今の現実が「自分の望み通りで在る」と自覚すること

そしてそこから「理想の現実」に近づく為の行動を続けることで、自分自身を変えること、そして自分の現実を変えることに繋がるので

自分に出来ることから変えていくこと、行動を取る選択をしてみて下さいね。

◎潜在意識を書き換えて、理想の現実を生きる方法:要約

*潜在意識の顕在化

自分の「真実の望み」というのは「潜在意識の望み」であり、それは自分の行動や習慣を見ることで見えてくるものでもあるので

普段、自分が取っている行動や、発言、習慣などを見ることで、自分が「何を望んでいるのか?」や「何を信じているのか?」が見えてきますね。

*潜在意識を書き換える

潜在意識を書き換えるには、自分の「在り方」を変える事が大切になりますし、理想の現実を生きる為には、その理想を歩んでいる自分を「具体的なイメージ」として持てる事が重要になるので

理想が大きすぎて「理想までの道筋が見えない」人は、理想の現実を「現実的に可能だと思える事」に設定することで

一歩ずつ、より理想の現実へと歩みを進める事が出来るようになりますし、潜在意識も徐々に変わっていくことになりますね。

*小さなことから始める

潜在意識を書き換えること、理想の現実を生きる為には「その状態で在ること」が大切になるので

出来るだけ自分の「コンディションを整える」ことや、「望む状態で在ること」を意識して

そうした時間を増やすことが重要になりますね。

*行動は潜在意識の表れ

自分が取る行動というのは潜在意識の表れなので、自分が取る行動を変えることは、現実に対して「自分の望みを発信する」ことに繋がります。

頑張っている人は「頑張りたい人」だと発信しているので「頑張る現実」を引き寄せたり

穏やかな人は「穏やかな人」だと発信しているので「穏やかな現実」を引き寄せたり

行動が潜在意識の表れだと自覚することで、自分が「本当に望んでいること」を自覚したり

現実を見て「自分が本当に望む現実を生きる為の行動」を取る選択をすることも出来ますよね。

今の現実は「無意識だとしても自分が望んでいる現実」であり「自分に合う現実」なので

理想の現実を明確にすること、そして自分に出来ることから行動に移すことで、より生きたい現実を生きることに繋がりますね。

-1:現実を創造する
-, ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.