1:現実を創造する

潜在意識と引き寄せの法則

更新日:

潜在意識と引き寄せの法則を理解することは、自分が「本当に望んでいること」を理解したり、より生きたい現実を生きる為には重要なポイントとなりますが

私たちは潜在意識で無意識に望んでいることを「現実に引き寄せている」ものなので

今、自分が歩んでいる現実というのは、自分が引き寄せたものであり、自分自身が「無意識に望んでいるもの」「潜在意識が望んでいること」になるので

自分が「理想とする現実」を歩む為には、それに相応しい自分になること、その現実を「歩んでいて当然」だと思える自分になることが、重要になります。

・潜在意識と顕在意識

潜在意識と顕在意識の割合は大凡9:1、殆どが潜在意識に占められていると言われています。

引き寄せの法則を使って現実を変えたいと考えるなら、潜在意識を書き換えることが重要になるとよく言われてはいるのですが

それでも現実を変えることが出来ない人が多かったり、願えば叶うと思っている人もいますよね。

実際に「潜在意識を書き換える」には、視野を広げて現実を見た上で、自分が理想の現実を歩む為に「現実的な行動」が必要になってくるので

「変わりたいけど変わる為の行動を取らない」のなら「変わりたくない」「変わるのが怖い」というのが正直なところで

変わりたいと本当に思っている人は、誰に言われなくても変わる為の行動を取っているものなので

より生きたい現実を生きることを選択するのであれば

顕在意識と潜在意識が「合致する」こと、「現実的に引き寄せる」ことが、自分の現実を変えることに繋がっていきますね。

「イメージする」ことは大切なのですが、例えば実際に「お金持ちになった自分を想像して下さい」と言われると

お金持ちになって「喜んでいる」自分を想像する人が多いかもしれませんが

実際にお金持ちになったとしても「人から疎まれる」「今の人付き合いが壊れる」「お金が無くなる心配をしてしまう」などの理由から

元の自分にとって居心地のいい環境に戻ってしまう、ということも考えられるので

自分が「それだけのお金を扱うことが出来る」ような「セルフイメージを持つ」ことや

それを可能とする知識や仕組みや環境を整えながら、行動することで、潜在意識も自分が「豊かであることが普通」にセットされることになりますよね。

・潜在意識に合うものを引き寄せる

潜在意識は目に見えないと言われますが、自分の現実を見れば「自分が本当に望んでいること」や「潜在意識で望んでいること」が見えてくるもので

普段、自分が「取る行動」「人付き合い」「会話の内容」「服装・身だしなみ」

「よく行くお店」「お金の使い道」などを見ることで、自分の「セルフイメージ」、「自分にとっての当たり前」が見えてきますよね。

今の現実は「今の自分に相応しい現実」であり、自分が変われば「現実は変わる」ものなので

今自分の周りにあるものや、居る人、自分と近く繋がっているものが「自分に合うもの」であり、潜在意識で「望んでいるもの」なので

それを変えていきたいと考えるのであれば、着る服を変える、持ち物を変える、付き合う人を変える、住む場所を変えるなど

現実的に変えていく」ことが、より生きたい現実を生きることに繋がりますね。

・潜在意識を書き換える

今の現実が自分の望まない現実だと感じるのであれば、それを変える為の行動が必要になりますし

その為にも今の現実は「自分が望んでいる現実」だと自覚すること、実感することで、変わる為に必要な行動も見えてきますよね。

今の自分が居る場所が、今の自分に相応しい場所であり、それは「潜在意識の望み」なので

理想の自分で「在る」事を選択するのであれば、自然と「自分が居る場所も変わる」ことになります。

今の自分から理想の自分へと変わる為には、理想の自分に近づく為に、今の自分と理想の自分との「ギャップを埋めていく」ことが、現実的に出来ることになりますね。

・潜在意識は望み通り

引き寄せの法則について知ると、自分の望みは何でも叶うのだと「魔法の杖」を手に入れた気分になったり、叶わなそうな夢に思いを馳せたりする事もあるかと思いますが

引き寄せの法則というのは「当たり前のこと」であり「今の現実が自分の望み通り」なのだと「自覚」することが

引き寄せの法則を知る一番大きな恩恵ですね。

引き寄せの法則を知ると、自分が望むものを「引き寄せよう」とする人もいるかと思いますが、「既にあるように振る舞う」と言われるように

本当に引き寄せたいと考えるなら、「望まないこと」、それに「相応しい自分で在る」ことや、「予定レベルで考えること」が重要になります。

「自分にはそれを手に入れる事が出来る」「その現実を歩むことが出来る」という「確信」、敢えて言うなら「思い込み」が大切になります。

・望みは全て叶っている

今の自分の現実は、潜在意識の望みが「全て叶っている状態」だと自覚すると、「自分を変えること」が「現実を変える」ことになると気づきますが

今までの自分から「変わること」を選択する時、潜在意識では「変わりたくない」と感じていたとすると

「変わらなくても良い理由」に目を向け、変わらない事を選択する事になりますよね。

「変わりたいのに変われない」という現実を歩んでいる人は、自分の「周りを変えること」を選択してみたり

本当に変わりたいのなら、自分が生きる「環境を変える事」を選択することが、現実を変える大きな要素になりますね。

自分が「潜在意識では何を望んでいるのか」に気づくことや、より理想の自分で在る為に「出来ることから変えていく」ことが、現実を変える大きな一歩になるので

「望みは全て叶っている」という実感を持ちながら、更に「一歩先のポイントを置く」こと、より自分が望む現実を生きていくことを、選択することで

周りの人と一緒に、より理想の未来へと歩んで行くことに繋がりますね。

◎潜在意識と引き寄せの法則:要約

*潜在意識と顕在意識

潜在意識と顕在意識について考える時は、潜在意識は「自分の習慣」だと思ってみると分かりやすいですし

それを変えようと顕在意識が思ったとしても、人の習慣は根強いものなので、自分が「可能だと思えること」から、1つずつ変えていくことで

習慣を変えて潜在意識を変えることを選択してみるのもいいですね。

*潜在意識に合うものを引き寄せる

人は自分の「潜在意識に合うもの」を引き寄せることになるので、自分が「理想の自分」をイメージしても、その自分に「なれる」と思えなければなれないものです。

潜在意識を書き換えて、自分が望むものを引き寄せる為には、自分の「セルフイメージを変える」ことが必要になりますし

それに相応しい自分である」ことが重要なポイントになりますね。

*潜在意識を書き換える

潜在意識を書き換えて、より生きたい現実を生きる為には、それに相応しい自分で「在る」ことが大切なので

生きたい現実、理想の現実を「歩んでいて当然」だと思えるような知識を得たり、行動を取ることや、習慣を変えることなどが必要になりますね。

*潜在意識は望み通り

今の現実は自分の潜在意識の望み通りである、と受け止めることが出来る人は、現実を変える為の行動を取ることが出来る人ですし

自分の「行動」を見ることで、自分自身の変化、潜在意識の変化にも気づくことに繋がりますね。

*望みは全て叶っている

今の現実では、自分が望んでいることは全て叶っている、と「実感する」ことや「満たされる」ことはとても重要な感覚になりますが

そこから「予定レベルで現実を変えていく」ことで、より生きたい現実を生きることに繋がりますし

今まで抵抗を感じていたことでも、慣れるとスムーズに出来るようになるものなので

1つずつ、出来ることから始めること、行動することで潜在意識も変わり、より生きたい現実を引き寄せることに繋がりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.