1:現実を創造する

潜在意識とお金

更新日:

「潜在意識」と「お金」についての関わりを知り、今の自分の現状と照らし合わせてみることは、今の自分の現状を変える為の一歩になり

更には「潜在意識を書き換える」ことで、より「理想的なお金との付き合い方」をすることにも繋がりますし

お金に振り回されることなく、お金を「ツール」として捉え、賢く使うことは、資本主義社会に生きる人の人生にとっては

とても重要な学びや気づきに繋がりますね。

潜在意識とお金について学ぶことや、自分が「本当は何を望んでいるのか」に気づくことはとても大切なことになりますし

それは今の「現実に対する見方が変わる」ことや、これから「何を望むのか」、そしてそこにいく為の「覚悟を決める」ことにも繋がるので

「潜在意識の望み」と「自分の望み」を一致させながら生きることが出来るように、出来ることから始めることが大切になりますね。

・今の経済状況は「潜在意識の望み通り」だと気づく

潜在意識について知ることで「潜在意識を使えばお金持ちになれる」とか「潜在意識を書き換えてお金持ちになる」と考えることは間違いではありませんが

自分の「潜在意識」は「今の現実に反映されている」と気づくことが、今の現実を変える為にはとても重要なことになりますね。

「お金持ちになりたい」と考えていたとしても、それが「潜在意識の望みではない」「自分が心から望んでいることではない」なら

今の現状が「今の自分に相応しいもの」であり

それを変えることを考えるなら、今までとは「生き方を変える」必要があり

それは「お金」に関することだけでなく「価値観・考え方」「現実の見方」なども変えていく必要があるので

「自分自身を変えること」が「潜在意識を変える」ことにも繋がりますね。

・お金に対する価値観を変える

今の時代は「お金があれば様々な物やサービスと交換が出来る」ので、人は自然と「お金を求める」ようになり

「お金があれば安心」だと感じたり、逆に「お金が無ければ不安」を感じたりもしますよね。

「お金があれば安心」だと思うのは、例え自分の身に何かがあってもお金があれば何とかなる、生活が出来る、という考えから来るものだと思いますが

お金自体に価値が無くなると「お金を持っていても意味がない」ことに気づきますし、お金を沢山持っているとしても、自分がやりたいことが出来ないのであれば

お金がなくてもやりたいことをやる方がいいと考えることもありますよね。

自分自身がお金に対して何を思うのか、お金が「必要な理由」やお金があれば「何をしたいのか」を考えることや

それは「お金が無ければ出来ないことなのか」を考えることで

「自分自身が本当に望むこと」を明確にすること、そして「お金はそれを叶える為のツール」だと考えることにも繋がりますよね。

・お金持ちは「人に価値を与えている」人

自分が「何に対してお金を使うのか」を考えてみたり、自分以外の人は「何に対してお金を使うのか」を考えてみることは、「人が求めていること」に気づいたり

「お金に対する見方を変える」ことにも繋がり、それは自分自身のお金に対する考え方を変えることにも繋がりますよね。

人が「何に価値を感じるのか」というのは「人によって違うもの」で、それは「人によって現実の見方が違う」からですが

人が「価値を感じるもの」「人が求めているもの」を「提供することが出来る人」の所にお金は流れていくことになるので

お金持ちの人は、それだけ「人に価値を与えている」「人が求めているものを提供している」ことになると意識出来るようになると

「自分が与えられる価値を増やす」ことが「自分の元へと流れてくるお金の量を増やす」ことに繋がると気づきますね。

・潜在意識とお金に対する「思い込み」

自分自身のお金に対する「思い込み」というのは、今までの人生で培われたもので、それは今の自分の生き方や経済状況に繋がってくるので

自分が「お金に対してどんな思い込みを持っているのか」に気づくことは、その「思い込みからの解放」に繋がりますね。

例えば「お金は苦労して稼ぐもの」だと考えている人は「苦労してお金を稼ぐ」人生を送ることになりますし

「自分を使って」どれほどの作業をこなしたか、他の人より売ったか、他の人より頑張ったかなど、「自分」を意識することが多いですが

お金は「人に価値を与えることで得られるもの」だと考えている人は、「自分が苦労する」ことよりも「どれだけの人に価値を与えられるか」に意識を向けて生きることになるので

「自分の代わりに働いてくれるもの」を所有することや、「自分自身の価値を高める」ことで「人により多くの価値を与える」人生を送ることになります。

自分が持っている「お金に対する思い込み」に気づくことは、お金に対する見方を変えることや、自分自身の生き方を変えることにも繋がるので

「自分はどう生きたいのか」を考えながら、それに繋がる道に向けた「行動を取る」ことが、重要になりますね。

◎潜在意識とお金:要約

*今の経済状況は「潜在意識の望み通り」だと気づく

今の経済状況が「潜在意識の望み通り」だと気づくことから、自分の経済状況を変えることに繋がるので、潜在意識を使ってお金持ちになりたい、と考えるタイプの人は

その「お金持ちになりたい状況」を「自分が望んでいる」のだと、気づくことが重要になりますね。

*お金に対する価値観を変える

お金というのは「ツール」であり、自分が「やりたいことをする」為に必要なものです。

ですがその「やりたいこと」が「お金が無くても出来る」なら、お金の必要性というのは少なくなりますよね。

「健康的に生きる為に日常に運動を取り入れる」なら「お金を払ってジムに通う」ことも「お金を使わずジョギングする」ことも出来るもので

人は「やりたいこと」の為にお金を求めるものですが、いつの間にか「お金」が目的になっていることもあるので、そうならないように「何の為にお金が必要なのか」は、意識しておきたいですね。

*お金持ちは「人に価値を与えている」人

人がお金を使うのは、そこに「自分が求めている価値がある」からで、その「人が求めている価値を提供できる人」の元に、お金は流れることになりますよね。

自分が「人に提供できる価値」を「増やす」ことや「広める」ことが、自分の元へと流れてくるお金の量を増やすことにも繋がるので

普段、自分は人に「どのような価値を与えているのか」や「人は自分にどんな価値を見出しているのか」を、考えてみるのも面白いですね。

*潜在意識とお金に関する「思い込み」

「お金に対する思い込み」というのは様々で、「お金は災いの元」「お金があると不幸になる」「お金持ちは悪いやつだ」といった「お金は人生を悪くする」人の思い込み

「お金は人生を豊かにする」「お金は人の可能性を広げる」「お金持ちは多くの人に貢献している」と言った「お金は人生を良くする」人の思い込み

実際は「お金が流れているだけ」ですが、そこに対して「どのような思い込みを持っているのか」で

「自分の生き方」「お金との付き合い方」というのが変わりますし

自分が生きたい人生、ライフスタイルに合う「お金との付き合い方」を選択することが、生きたい人生を生きることに繋がりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.