1:現実を創造する

潜在意識と顕在意識を一致させる

更新日:

「潜在意識」と「顕在意識」を一致させることは、自分が「本当に歩みたい現実を歩む」為には重要なことであり

今の現実が「自分の望み通りでない」と感じるのは、「潜在意識と顕在意識の不一致」によるもので

それは多くの場合、「こうなりたい」という「夢」や「理想」を持っている人が、「こうなりたい」という「状況」を「無意識に望んでいる」こと

つまり潜在意識では「叶えたいという状況を望んでいる」ので、「本当は変わることを望んでいない」ことに「気づいていない」か

気づいていながらもその道を歩んでいることになりますね。

潜在意識と顕在意識を一致させる為に必要なのは、今の現実は自分の「望み通り」だと自覚し、本当に望む現実に焦点を当てて、その為には何が必要なのか

自分が「どう在ること」で、その理想を現実のものとすることに繋がるのかを考え、そして「行動する」ことです。

・潜在意識と顕在意識は一致している

「潜在意識と顕在意識を一致させる」ことを考える時というのは、それが「一致していない」と思っているからですが

実際は潜在意識と顕在意識は「一致している」もので、「2つで1つ」だということを「自覚する」ことはとても大切になりますし

そこからが本当に自分の現実に対して責任を持ち、当事者意識を持って現実を歩むこと、変えて行くことに繋がりますね。

自分がどんな人間なのかは「自分が決める」ことが出来るもので

生まれて育った環境などによって、ある程度決まってしまうものでもありますが、それは変えられるものでもあるので

視野を広げて現実を見渡し、自分が生きたい現実に「合う」ことを意識して行動することが大切になりますね。

・今の現実は「今の自分に合う現実」

人はそれぞれ「自分に合う現実」を歩んでいるもので、自分の周りを見渡せば、自分と価値観・考え方・波長の合う人が居るものですし

「自分が持っている自分に対するイメージ」に合うような服を着たり、雑誌を買ったり、本を読んだり、ドラマを見たり、音楽を聴いたりしますよね。

潜在意識と顕在意識を一致させる、というのは例えば「こうなりたい」といった「理想」に対して

「そう在る」ことや、「そう在る」為に意識して行動することが重要になります。

「優しい人になりたい」なら「優しい人で在る」こと

「豊かな人でありたい」なら「豊かな人で在る」こと

「楽しい人になりたい」なら「楽しい人で在る」こと

「変わる」為には「変える」必要がありますが、それが自分にとっての「自然」「普通」「いつも通り」になれば「理想は現実になる」ものですよね。

何に惹かれるのか、何を欲しているのかというのは「人による」ものですが、自分が望む現実を生きる為には、「自分をそこに合わせる」ことが、重要になりますね。

・行動を変える

潜在意識と顕在意識を一致させること、自分が理想とする自分で「在る」為には「行動を変える」こと、「行動すること」は大切になりますね。

自分が普段何気なくしている「行動」というのは「潜在意識の表れ」なので、行動を変えて行くことで自然と潜在意識も変わることに繋がりますし

人は習慣の生き物だという言葉があるように、自分の習慣が未来の自分を創るものなので、その積み重ねを意識すること

自分がどんな世界で生きたいのか、何を望んでいるのかが明確なのであれば

それに「近づく為の行動を取る」こと、そしてそれを「続ける」こと、習慣にすることが、重要になりますね。

・身に付けるものを変える

普段、自分が身につけているものというのは「今の自分に合うもの」であり、潜在意識で望んでいることでもあるので

意識的に身に付けるものを変えることで、現実を変えること、望む現実を生きることにも繋がりますね。

理想の自分に合うものを着たり身につけたりすることで、自分自身の意識も変わりますし、それは姿勢や行動にも影響を与えます。

生きていると何を考えるでもなく自然と「趣味が変わって行く」ことはあるかと思いますが

自分が理想とする現実を生きることを選択するのであれば、それに合ったものを着たり身につけたりすることが重要になりますし

例えば「上品に生きたい」なら「上品なもの」を、「カジュアルに生きたい」なら「カジュアルなもの」を、「無難に生きたい」なら「無難なもの」を身につける事で

「周りの人からどう見られるか」「どんな人だと思われるか」も意識してみることで、周りの人の力も借りて現実を変えて行くことに繋がりますね。

・変えられるものから変えていく

自分が「理想とする現実」や「少し先の理想の自分」をイメージしてみて、それに合うように「変えられるものから変えていく」こと

小さなことでも1つずつ変えていくことで、より理想の自分へと近づくことになりますよね。

現実は行動しなければ何も変わらないもので、「行動しない」ということは「行動しないことを望んでいる」「変わらないことを望んでいる」のと同じであり

顕在意識で「変わりたい」と考えていても、何もしないなら潜在意識では「変わりたくない」と思っているということなので

昔の自分と比べて「心理的な抵抗が無く出来ること」が増えれば、それは潜在意識も書き換わっていると捉えられますね。

行動することが怖いと感じる人もいるかもしれませんが、変化が早い今の時代では行動しない方が怖い、変わらない事の方が怖い面もあります。

潜在意識と顕在意識を一致させる事で、自分が生きたい現実を生きること

それと同時に視野を広げ、世の中の変化にも目を向けることは、未来を見据えて行動する為にも、重要になりますね。

◎潜在意識と顕在意識を一致させる:要約

*今の現実は自分の望み通り

誰でも自分が生きたい人生を生きていて、自分がやりたいことをして生きているものですが

それが潜在意識と「合っていない」時、成長を求めたり変化を求める時に、顕在意識で「変わりたい」と考えることになりますね。

*今の現実は「今の自分に合う現実」

今、どんな現実を生きていたとしても、それは「自分に合う現実」であり、それを変えることを考えるなら「自分を変えて現実を変える」ことが必要になります。

意識が変われば行動も変わるもので、行動が変われば潜在意識も変わるものですよね。

ただ、「自分を創るのは周り」だということもあるので、「周りの人にどう見られるのか」も、1つの指標にしながら、行動を取ることが大切になりますね。

*変えられるものから変えていく

潜在意識と顕在意識を一致させる、というよりも「より理想の現実に生きる」為に必要なのは「変えられるものから変えていく」こと、「行動する」ことです。

人からどれだけ話を聞いたり情報を得たりしたとしても、「知っている」「出来る」「やっている」では大きく違うので

出来るだけ「やっている」の状態であることや、「実際に経験する」ことが望ましいですし

そうして「現実の変化」を「実感する」ことで視野も広がり、より理想の現実を歩むことにも繋がりますよね。

「自分に出来ることから始める」ことや「一歩ずつでも進む」ことで、現実は変わっていきますし

潜在意識と顕在意識を一致させる為に、自分が変えられるものから、変える選択をしてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.