1:現実を創造する

「現実を見る」ことが生きたい現実を生きることに繋がる

更新日:

「現実を見る」ことは生きたい現実を生きる為には大切なポイントになるもので、現実的に生きている人は、実際に「現実がどう変わったか」に目を向けているので

現実的な人は、現実を変えるために「現実的な行動」をして、自分が生きたい現実を生きることが出来ますよね。

「現実を見る」ということは、実際に現実に起きていることに目を向けることや事実だけを見ること

自分の思い込みに気づき思い込みを手放すことで、より現実的に生きることへと繋がります。

現実を変える為には「行動すること」が大切になるので、現実を見て自分がより生きたい現実を生きることへと繋がる行動をすることへと繋げてみて下さいね。

*事実だけを見る

現実を見るときに大切になるのは、事実だけを見ることや「自分の目で見て確かめる」こと。

事実に対する「解釈」というのは人それぞれで、それぞれが持っている知識や経験から導き出された「解釈」は人の数だけあるものなので

そうした「人の意見」や「解釈」と「事実」を分けて考えることで、現実的に生きることへと繋がりますし

事実だけを見ることで、冷静に現実を受け入れることも出来ますよね。

事実だけを見ることで、そこからより自分が生きたい現実を生きるための行動をすることで「現実の変化」を実感することにも繋がりますし

現実を変えるのは「現実的な行動」なので、自分の「行動」に目を向けること、自分は生きたい現実を生きる為に「何をしたのか」や、これから「何が出来るのか」

そしてより生きたい現実を生きる為に「今の自分に出来ることをする」ことで、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*今の自分の現実は、今の自分に合う現実

自分が見ている現実は「自分に合う現実」なので、今の現実を変えたいと思ったり、より生きたい現実を生きる為には、自分自身が変わることで自分の現実は変わります。

自分を変える、ということは自分自身の「価値観や考え方を変える」ことや「思考のパターンを変える」こと、「現実の受け取り方を変える」ことなどの内面的なものから

自分自身の「外見を変える」ことや「立ち振る舞いを変える」こと、「行動パターンを変える」ことなどの目に見える外面的なものまで、全てが「自分」をつくる要素になりますし

自分の内側が変われば外側に見えるものも変わるものですよね。

今の自分の現実が今の自分に合う現実だ」ということを受け入れることは、自分が生きている現実に対して当事者意識を持って生きることにも繋がりますし

当事者意識を持って生きることは、そこからより生きたい現実を生きるために「自分に出来ることをする」ことにも繋がりますよね。

*現実の受け取り方を変える

現実の受け取り方を変えることは、自分の現実を変えることや、より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来るものなので

現実に起こる出来事に対して、そこから自分自身が「何を学んだのか」や「何に気づいたのか」、それを未来に「どう生かすことができるのか」を考えることで

より生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ますよね。

現実に起こる出来事に対して「前向きに捉える」のか「後ろ向きに捉える」のか、「フラットに捉える」のか、私たちは自分で選択することが出来るものなので

そこで大切になるのは「自分がどう生きたいのか」や「自分はどう捉えたいのか」であり、その選択が「自分の生き方」や「これからの人生」に繋がります。

*繋がりを変えれば現実が変わる

人は自分と繋がりのある人やもの、環境や考え方、生き方の影響を受けているものなので、自分が何と繋がっているのかやどこと繋がっているのかを見ること

そして、より「生きたい現実との繋がりを持つ」ことで、生きたい現実を生きることへと繋げることが出来ます。

それは例えば、海外に行きたいと思う人が英語を話せるように勉強したり、自分が興味のあるもののグッズを集めたりするように

人は生きている中で自然と自分に合う人やものとの繋がりを持ちながら生きているものなので、自分の現実を見ることで「自分が何と繋がっているのか」に気づくことも出来ますし

その「繋がりを変える」ことで、より生きたい現実を生きることが出来ると「自覚」することで

自分自身の「繋がりを変える」ことを「意図的に選択すること」も出来ますよね。

「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい」という言葉にも見られるように、自分自身が「どう生きるのか」を決めること、自分自身が「生きたい現実を生きること」が

自分の周りの現実に変化を起こすことにも繋がります。

*生きたい現実を生きること

生きたい現実を生きる為には、現実を見ることで自分自身の状態を知ること、そしてそこから自分を変えることで自分が生きたい現実を生きることがポイントになるので

自分自身が「生きたい現実を生きること」で、それに合わない人は離れることになったり、生きたい現実を生きている自分に合う人が周りに集まることになります。

周りの人間関係の変化は自分自身の変化だと捉えることも出来ますし、人間関係だけでなく、自分自身が「生きる環境」、つまり住む場所や働く場所、買い物に行く場所など

日常的に過ごす環境が変化することも、自分自身の変化だと捉えることが出来ますよね。

人は誰でも「今の自分に合う現実を生きている」ものなので、世の中の変化に伴って自分自身が生きたいと思う現実が変わることもあるかと思いますが

「生きたい現実を生きることは可能」だと自分自身が信じていることは大切なポイントになるので

より生きたい現実へと繋がる行動をすることで、生きたい現実を生きることを続けてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.