1:現実を創造する

引き寄せの法則と波動の関係性を知り、生きたい現実を生きる方法

更新日:

引き寄せの法則と波動の関係性を知ることは、自分が生きたい現実を生きることに繋がるものなので

「今の現実を変えたい」と思ったり、「より生きたい現実を生きること」を考えるなら、引き寄せの法則と波動の関係性について知り

自分自身を変えることで、より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

*波動とは何か

引き寄せの法則と波動の関係性について知る為に、まずはよく言われる「波動」とは何か?ということについて知ることは大切なポイントになります。

「波動」というのは波の動きと書きますが、これは「エネルギーの振動」であり「周波数」と言われることもあります。

引き寄せの法則でも、例えとしてよく用いられるのが、「ラジオのチャンネルを合わせる」こと

テレビのチャンネルを合わせることでもいいのですが、人は自然と自分が見たいものや興味のあるものにラジオやテレビのチャンネルを合わせているものですよね。

つまり波動を変えて現実を変える為には、自分が生きたい現実にチャンネルを合わせることで

生きたい現実を引き寄せることに繋がる、ということになります。

*波動を変えて現実を変える

波動を変えて現実を変える為には、出来ることは色々とありますが、自分が生きたい現実と自分自身の無意識の望みが合っていることが条件になるので

「生きたい現実を生きている」こと、「感じたい感情を今感じていること」が大切なポイントになります。

「願えば叶う」のではなく、「叶って当たり前」だと思えることや、それは「すでに叶っている」のだと感じられていること

その為に出来る簡単なことが、自分が「感じたい感情を感じながら生きること」です。

自分が生きたい現実を生きることが、より生きたい現実を生きることに繋がり

「現実を変えたい」と思うなら、その現実に「合う」自分になることで、そうした現実を受け取ることに繋がるので

自分が生きたい現実を生きている人と関わりを持つことや、自分が生きたい現実を生きることで、セルフイメージを変えることにも繋がりますね。

*生きたい現実を生きていて当たり前の波動

人は誰でも「自分の波動に合う現実を生きている」もので、自分の波動が変われば現実が変わることに繋がりますが

引き寄せの法則を実践していても効果が無いと感じたり、自分が望む現実を生きることが出来ていない、引き寄せたいものを引き寄せられないと感じる場合は

自分が「欠乏感に目を向けている」ことが原因だったり、自分に「合わないものを引き寄せようとしている」ことが原因なので

自分が生きたい現実を生きることや、感じたい感情を感じることで、より生きたい現実を生きることや、それに繋がる出来事を引き寄せることに繋がります。

その為にも、まずは今の現実が「今の自分に合う最善の結果」だと受け入れることで

今の現実に対して感謝の気持ちを持つことや、より生きたい現実を生きる為に行動すること

そして生きたい現実を生きていて「当たり前」だと思える自分になることにも繋がりますよね。

*生きたい現実に波動を合わせる方法

人は誰でも自分の波動に合う現実を生きているものなので、その現実を変えることや生きているステージを変えることを考えるなら

生きたい現実に自分自身を合わせること、その現実を生きていて当たり前の自分で在ることが大切なポイントになるので

「自分の波動を変えること」が「自分が生きる現実を変える」ことに繋がります。

その為には自分の気持ちに目を向けて、「チャンネルを変えて現実から受け取るものを変える」ことや「より生きたい現実を生きる為に行動する」ことで

今の現実が今の自分に合う現実だと、感謝の気持ちを持ちながら生きることにも繋がりますよね。

自分自身が感謝の気持ちを持ちながら生きることは「生きたい現実を生きている」と感じていることになるので

それは、より生きたい現実を自分の元へと引き寄せることにも繋がります。

普段から自分は「何を考えながら生きているのか」や「どんな感情を感じながら生きているのか」に目を向けてみると

それが「自分が生きたい現実」であり「自分に合う現実」だと自覚することにも繋がりますし

より生きたい現実があるのなら、それに合う自分であることを選択してみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.