1:現実を創造する

引き寄せの法則と波動の関係性

更新日:

引き寄せの法則というのは、現実は「自分が引き寄せたものである」という自覚を促すと共に「更に望むものへと焦点を当て、それを引き寄せる」為に使うことが出来る法則ですが

引き寄せの法則というのは自分が「望む」ものではなく、自分に「合う」ものを引き寄せるものなので

引き寄せの法則と「波動」についての関係性を知ることで、自分が「本当に望む現実を歩む」ことに繋がります。

引き寄せの法則やスピリチュアルでよく語られる「波動」や「周波数」というのは、「全てはエネルギーである」という話に基づいているので

自分が「どんな現実を生きたいのか」に焦点を当て、そこに「合わせる」ことが、生きたい現実を生きる為には重要になりますね。

・自分の波動が「今の現実」を創り出している

人は自然と「自分が共感できる人」「波長が合う人」と関わり合いながら生きているもので、自分が変われば自分の周りにいる人、付き合う人も変わります。

「周りにいる5人の平均が自分である」という言葉があるように、自分というのは「周りの人によってつくられる」ものでもあるので

自分自身を知ることや、周りをよく観察してみることも大切になりますね。

自分がどんな波動を出しているのか、というのは自分が「引き寄せているもの」を見ることで実感出来るものですし

それは「自分を変えて周りを変える」ことにも繋がります。

楽しいことを求めている人は楽しい場に、静かな時間を求めている人は静かな場所に、それぞれが自分の波動と合う場所へと自ら赴いているもので

今の現実を変えたいと考えるなら、自分自身の「波動を変える」こと

簡単に出来ることで言えば「見るものを変える」「現実の受け取り方を変える」「行動を変える」ことで、波動を変えることに繋がりますね。

「人を変えたいと思うなら自分が変わる」こと、「人に理解して欲しいと思うなら相手を理解すること」が大切だと言われるように、自分自身が「何に目を向けているのか」を意識することで

自分が「どこと繋がっているのか」に、気づくことも出来ますよね。

・波動を変えて現実を変える

人は誰でも「自分に合う現実を歩んでいる」ものなので、波動を変える為には「新しい自分に出会う」事も時には必要になります。

自分が「望む場所」と「自分」の波動が「合っている」こと、「合わせる」ことが望む現実を生きる為に重要なことになるので

自分に「合わないもの」をいくら望んでも、それが現実のものにはならないように、現実を変えることを考えるなら、自分が望むものに「合わせる」こと

その現実を歩んでいて「当たり前」だと自分自身が思えることが重要になりますし、その為に出来ることをやること、行動することも大切ですね。

人は自分が「当たり前」だと思うこと、自分自身の「セルフイメージに合う」現実を生きているものなので

自分自身の「常識が変わる」「現実の見方が変わる」と自分が生きる場所も変わりますし

波動を変えて現実を変える為には、自分が「生きたい現実に自分を合わせる」ことが、重要になります。

・望む現実に「合う自分になる」ことが重要

自分自身が望む現実に「合う」ようになると、自分が生きたい現実を生きることに繋がりますし、自分が生きている世界は、自分に合う現実だということを「実感」することで

現実を受け止め、現実を変える行動を取ることにも繋がりますよね。

生きていれば自然と自分自身の変化に伴って周りの環境や付き合う人も変わるものではありますが、出来るだけ「在りたい自分で在る」事を意識しながら生きることで

その自分に合う人が周りに集まることになったり、それに相応しい環境に自分自身が置かれることに繋がるので

自分は「どう在りたいのか」を意識して、それに沿った行動を取ることが、望む現実を歩む為には重要なことになります。

その為に視野を広げて、様々な現実を見る事も、同じように重要なことになりますね。

私たちはみんな繋がっているので、見たいものだけを見て生きることは難しく、時には見たくないものを見る事や、受け入れられないことが起こる事もありますが

そうした自分の中にある「見たくないもの」や「受け入れられないこと」を「知る」こと

そしてそれを受け止めることは、自分自身の学びや成長にも繋がる大切な経験にもなります。

・自分の「行動が望み」であり、波紋を広げるエネルギーである

自分自身の「望み」というのは「行動」を見ると理解できるもので、それは自分以外の人の望みも同じように、言葉よりも「行動を見る」ことで

「本当の望み」「無意識に望んでいること」が見えてきます。

生きていると、時には「望んでいない事をしてしまう」こともありますが、そうした経験も「気づき」や「学び」に変えることで人は成長していくものですし

人はどうしても周りからの影響を受けるものでもあるので、自分が「影響を受けたい環境に身を置く」ことや

逆に「影響を受けたくない環境から離れる」こと、そして「周りからの影響を受けにくい自分になる」ことも

自分が望む現実を生きる為に、選択出来ることでもありますね。

本当に現実を変えたいと考える人は、現実を変える事を選択させてくれる人に相談やアドバイスを求めたり、1人でも現実を変える為の行動を取るもので

現実を変えたくない人は「今のままでいい」と言ってくれる人に相談したりアドバイスを求め「共感」することで「安心」したりしますが

自分が取る行動というのは「自分の望みが反映されている」ものなので、現実に対して「当事者意識を持つ」ことで、より自分が望む現実を歩むことへと繋がっていきますね。

自分のことは自分が一番よく知っているものですし、自分が本当は何を望んでいるのか、自分の日頃の行いや思考というのも、自分が一番よく知っているものなので

より自分が望む現実を歩む為に、自分に出来ることから「行動する」こと、自分の周りの環境を変えていくことを選択してみてはいかがでしょうか。

◎引き寄せの法則と波動の関係性:要約

*自分の波動が「今の現実」を創り出している

自分がどんな波動を出しているのかというのは、テレビのチャンネルを変えて自分が見たい番組を見るように

自分が「引き寄せているもの」を見ることで実感出来るものですし、それは「自分を変えて周りを変える」ことにも繋がります。

普段、自分自身が「何に目を向けているのか」を意識することで、自分が「どこと繋がっているのか」に、気づくことも出来ますね。

*波動を変えて現実を変える

現実を変えるには波動を変えること、つまりテレビのチャンネルを変えることが必要になりますが

自分が見たいチャンネルと、自分が見ているチャンネルが違う場合は「望まない現実を歩んでいる」ことになります。

自分が本当に望む現実を歩む為には見たいチャンネルに変える必要があり、そのボタンは現実の世界では「付き合う人を変える」ことや「住む場所を変える」こと「職場を変える」ことかもしれませんし

「服装を変える」ことや「勉強する」こと、「海外に行く」ことかもしれませんが

自分が「見たいものを見ることが出来る自分になる」ことが、重要になりますね。

*望む現実に「合う自分になる」ことが重要

人は無意識に自分に「合う」環境に身を置いているものなので、現実を変えたいと考えたり自分を変えたいと考える人は

今までとは「違う価値観を知る」ことや「違う現実の見方をする」こと

そして望む現実に「合う」ように自分を変えていくことで、その現実を歩むことへと繋がりますね。

その為にも、まずは自分が「どんな人生を生きたいのか」や「どう在りたいのか」を「決める」こと

そうすると自ずと「必要な行動」や「変えるべきこと」も見えてきますし

望む現実を歩んでいることが「当たり前」の自分になること、容易に想像出来ること、波動が合うことが、重要になりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.