1:現実を創造する

効果的な断捨離の仕方

更新日:

「断捨離」をすることは、家の中にある物をを整理整頓することで、「自分自身の気持ちの整理」や「新しい繋がりを受け入れるスペース」を創ることにも繋がるので

心機一転したい時や、気持ちを切り替えたい時には断捨離をして、より自分が理想とする部屋創りをすることで、気持ちもスッキリしますよね。

部屋は自分の心を映す鏡であり、自分の内面が現われやすい場所なので、意図的に「理想の自分で居られる空間創り」をする事で

より自分が生きたい現実を生きることに繋がります。

断捨離をする時に大切なポイントとしては、「過去に対する執着」や「理想の自分に合わないもの」「いつか使うかもしれないという思考」は手放す、ということ

そして「理想の自分に合うもの」や「自分を成長させてくれるもの」などは手元に残したり、新しく取り入れたりすることが大切になりますね。

効果的な断捨離、というのは「理想の自分」で在る事を目的として

物だけでなく、物に込められた自分の思い・繋がりなどを手放す事で、自分自身の心持ちも変わる事になるので

断捨離をすることで、より自分が望む現実を生きることにも繋がりますね。

・断捨離をする目的を明確にする

断捨離をする「目的」が明確になっているなら、それを行動に移すモチベーションも上がりますし

断捨離をすることで「新しい生き方」や「新しい繋がり」を持つことにもなるので

「今の現状を変えたい」「新しい人生を歩みたい」「少しずつでも自分を変えていきたい」と考えるのであれば

断捨離というのは「分かりやすく効果的」な「自分に出来ること」になりますよね。

これから何の為に断捨離をするのか?

「過去に執着する事を辞めたい」

「未来に目を向けたい」

「いつでも友人を呼べるようにしておきたい」

「仕事に集中したい」

「快適な空間にしておきたい」など、人によって理由は様々かと思いますが

断捨離をする事で「得られるもの」に意識を向けること、その人生を歩むと「決める」ことが大切になりますね。

・理想の部屋をイメージする

断捨離する目的は「現状を変える」こと、「より自分が生きたい人生を生きる」ことなので

まずは「少し未来の理想の自分」をイメージして、

そのイメージを「紙に書き出す」ことや、理想の家や部屋の「イメージの画像」を集めてみることで、理想の自分が具体的になっていきますよね。

理想のイメージが具体的になればなるほど、それに「合うもの」「合わないもの」が分かりやすくなり、断捨離と理想の部屋作りを進めやすくなるので

「仕事がしやすい部屋」「人を呼びやすい部屋」「楽しそうな部屋」

「かわいい部屋」「カッコいい部屋」「ナチュラルな部屋」など

自分が「どんな部屋で過ごしたいか」のイメージを固めてみましょう。

・理想の自分に合わないものを手放す

断捨離をすることによって「部屋が整理整頓される」ことやは勿論ですが

「思い出の品」や「過去の自分が選んできたもの」を手放すことは、「過去に対する執着を手放す」ことや

「思い出」は「思い出」として、気持ちの整理をつける事で、「理想の現実を生きること」や「より生きたい現実を生きること」に繋がりますよね。

私たちは「過去」があって「今」があるものですが、生きているのは「今」なので

理想の自分や、自分が理想とする人生を歩む事を考えた時には「過去に対する執着を手放す」ことはとても大切なことになり

理想の未来へと向かう為には「未来に目を向ける」こと、一歩先の自分へ向かうことが重要になります。

その為には「理想の自分に合うものだけを残すこと」が、重要になりますね。

・行動に移す

断捨離に限ったことではありませんが、現実は「行動しなければ何も変わらない」ものなので

何かを思いついた時、それを「行動に移せるかどうか」で、自分がどのような人生を歩んでいくことになるかが変わります。

小さな行動でも、積み重ねると大きな変化にもなるもので

今、自分の周りにある「物」も、積み重ねることで大きなものとなっている人もいるかと思いますが

「残す」か「捨てる」か、そうした小さな「選択」が変わることで、人生も変わっていくものなので

断捨離をしようと思いついたのであれば、ぜひ行動に移してみて下さいね。

◎効果的な断捨離の仕方:要約

*断捨離をする目的を明確にする

断捨離をしようと思いついた時にするだけでは、また「断捨離をしよう」と思いつくまで物を溜めてしまうことにもなり兼ねないので

断捨離をすることの「目的を明確にする」ことで、自分の「望む部屋」を固めることに繋がり

これからの家や部屋の状態を、出来るだけ「理想の状態」へと保つことにも繋がりますよね。

*理想の部屋をイメージする

人によって理想の部屋というのは様々かと思いますが、断捨離をする時に「理想の部屋をイメージしておく」ことは大切になりますよね。

自分にとって理想の部屋をイメージしておくことで、それに「合わないものは捨てる」「合うものは残す」こともしやすいですし

部屋の印象を固めておく事で、新しく家具やインテリアを購入する時にも、部屋に合うかどうかを意識する事で、出来るだけ理想の部屋を保つ事にも繋がります。

*行動に移す

現実を変えるのは「行動」で、行動する事で現実は変わっていくものなので

出来るだけ生きたい現実を生きる為には、「そこに繋がる行動」を取ることが大切になるので

まずは断捨離して、自分にとって心地良い部屋作りをすることや、スペースを空けること、余裕を持つことから始めてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.