1:現実を創造する

「自分」は「自分を構成するもの」によって出来ていると知り、生きたい現実を生きる方法

更新日:

長い人生を生きている中で、「自分とは何か」という問いについて考えたことがある人も多いかもしれませんが

「自分とは何か」と問うことや、「自分について知る」ことは、自分が生きたい現実を生きることや

自分が生きている現実を、より生きたい現実へと変えることにも繋がるとても大切なことになります。

自分は自分を構成するものによって出来ていると自覚することは

「今の自分」は、「過去に自分が選んできたもので出来ている」と、実感することにも繋がりますし

例えば今まで自分が築いてきた「人間関係」や生まれて育ってきた「環境」、「持っているもの」や「見てきたもの」

自分自身が正しいと信じてきた「価値観・考え方」などが今の自分を創っていると考えると

「自分を変えたい」と考えたり「なりたい自分になる」事を考えるなら、「自分を構成するものを変える」こと

つまり今の自分を創っている「人間関係」「環境」「持っているもの」「見てきたもの」「思考のプログラミング」「価値観・考え方」などを変えることが必要であり

「自分を更新する」ことが大切だと理解出来ますよね。

普段、人は無意識にその場その場で「自分」を創っているかと思いますが

自分自身が本当に望む自分で在る為には、その「環境」、自分の周りの人間関係や住む場所、自分自身の立ち振る舞いを固定させることで

より「自分が在りたい自分」として生きることに繋がりますね。

「立場が自分を創る」という言葉があるように、自分が「どんな自分としてここに存在するのか」が決まっているのであれば

例えば母親は母親として、「母親らしくあろう」としますし、店長は「店長らしくあろう」という「意識」が自分を創る、と考えると分かりやすいですよね。

「らしく」と言うのは「一般的に」「多数の人が思う人物像」なだけで、人間というのは「人の間」と書くように、人との関わりによって自分を創っているものなので

関わり合う人というのは、在りたい自分を考えた時には特に大切な要素になりますし

今の自分が在るのは「自分の周りにいる人のおかげ」だと気づく事も出来ます。

仕事とプライベートの違いもありますが、「自分とは自分を構成するものによって出来ている」と意識することは

自分が望む現実を歩む為には「どんな自分で在るのか」を決めること

それは「生きたい現実を生きている自分に合う人と繋がること」になるので、そこに新しい現実を創造することになりますよね。

人は「自分と合わない人」とは、そもそも深く関わることがありませんが、自分を変えることが「新しい出会いに繋がる」ことを意識し

自分が「どう生きるのか」を選択することで、新しい道が開かれることになります。

今の現実に対して、何かしらの変化を起こしたいと考えるのであれば、自分を構成するものを変えること、環境を変えたり、人間関係を変えたり

自分の考え方・現実の見方を変えることで、より自分が生きたい現実を歩むことへと繋がりますね。

「今の現実は自分が選んできて創ってきたものでもある」と「自覚」することや受け止めることは大切になりますし

人を変えるのではなく「自分を変えることで現実を変える」ことを選択する為には、当事者意識を持って生きることや

「自分がどのような人間か」ということを「周りの人が認識する」ことによって、自分が出来ているのだと自覚することで

より自分が生きたい現実を歩む為に「自分はどんな自分であるのか」を「決める」こと、そして行動することがポイントになりますね。

*自分を構成するものを変えると現実は変わる

自分は「自分を構成するもので出来ている」のなら、自分が理想とする現実や叶えたい夢・目標を実現させる為には

「自分を構成するものを変えればいい」ということが理解出来ますよね。

「自分が理想とする自分」や「生きたい現実を生きている自分」であるためには、既に「そうで在る」という意識が大切にはなりますが

実際に自分が「そうで在る」と思える為には今の現実が「自分の望み通りで在る」と自覚すること、受け入れることが大切になります。

より生きたい現実を生きる為には、現実を見て自分が「出来ることから変えていくこと」「一歩ずつ歩み進んでいくこと」が大切になりますね。

例えば毎日着る服を変えること、今までとは違う服装をしてみる事で「自分の意識が変わる」ことに繋がり

それは自分の「立ち振る舞いを変える」ことにも繋がりますし、それを「周りの人にも認識される」ことで

周りの人があなたに取る態度も変わることになりますよね。

「外見を変えること」は自分にも、自分を見る人にも「自分の印象を変える」ことに繋がりますし

自分が着る服装や持ち物なども、自分を構成するものの1つであり、人は自分と合う人と関わることになるので

着る服や持ち物を変えることで、自分と関わる人も変わることに繋がります。

そして自分を構成するものを変える事を考えるなら、「使っていない物」や「着ていない服」

「自分の生きたい現実に合わない服」などは手放すことも効果があります。

自分の身の回りにあるものも「自分を構成するもの」だと意識することで

「生きたい現実に合わない繋がり」は手放して、「これからの自分に合うもの」「理想の自分に合うもの」「生きたい現実に合うもの」を選ぶことで

現実はより自分が生きたい現実へと変わることに繋がりますね。

*自分を構成するものを知り、潜在意識を知る

自分を構成するもの、自分と繋がりのあるものは、多くの場合は無意識に選んできたものになるかと思うので

それを知ることで自分の「本当の望み」「潜在意識」「自分と繋がっているもの」を知ることにも繋がります。

人は多くの場合は無意識に「自分が欲しいと思ったものを買う」「話が合う人と人間関係を築く」「自分が生きたい場所に生きる」ことを選択しているものなので

まずは今の自分を構成するもの、人間関係や環境・自分の身の回りにあるものを見渡してみて

その無意識に選んでいた「繋がり」が「自分を構成するもの」だ、という意識で見てみることで

今の自分の居場所・立ち位置を知り、そこから自分が「理想の自分」や「生きたい現実を生きている自分」をイメージすることで

「変えていくもの」も見えてきますよね。

自分の周りには「自分が必要としたものや繋がり」があり、自分の現実に起こることは「自分が無意識に望んでいること」や「自分に合う出来事」であり

今いる場所は「今の自分に合う場所」なので、自分が変われば、自分が生きる現実は変わることになるので

そうした「変化を実感」しながら、より自分が生きたい現実を生きることを選択することで、より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

*自分を構成するものを決める

人は誰でも生きたい現実を生きることを選択しているものですが、より生きたい現実を生きることを考えるなら

出来るだけ生きたい現実を生きることへと繋がる選択をしなら生きること、「自分を構成するものを決める」ことで

より「生きたい現実を生きている自分で在る」ことに繋げることが出来ますよね。

その為には自分の意見に一貫性を持たせることや、自分が生きたい現実を「決める」ことで

自分に合う人が自分の周りに集まることや、自分に合うものが現実に現れることにも繋がります。

例えば自分の周りにいる人で好きなもの、嫌いなものがハッキリしている人を思い浮かべてもらうと分かりやすいかと思いますが

その人に対して何か贈り物をしようと思った時には、その人が好きなものを贈ることが出来るように

自分自身が自分の価値観や考え方を明確にしておくことは、それに合う現実を引き寄せることに繋がるので

自分は何が好きで何が嫌いか、どんな考え方をして何に価値を感じるのか

そしてどんな人生を生きたいのかを明確にすることや自己開示することで

周りの人の力も借りて、より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.