1:現実を創造する

理想の自分になる方法

更新日:

誰にでも「理想の自分」や「理想の生き方」「理想の人生」といったものがあるかと思いますが、理想というのは「理想」であり、「理想に近づく」為には「今の現実を変える」ことが必要になりますよね。

今の現実というのは「自分に合う現実」なので、理想の自分になる為には「自分を変える」必要があり、理想の自分に近づく為には「現実とのギャップを埋める」ことで理想の自分に近づきます。

例えば理想の自分が「自信のある自分」だとすると、「自信を持つ為に出来ること」をする必要がありますし、「モテる自分」になりたければ「モテる為に出来ること」をする必要がありますよね。

「理想の現実」と「今の自分」を比べてみて、何を変えていけば「理想の自分に近づくのか」を書き出したり行動に移すことによって「周りの人の反応」も変わりますし

それによって「理想の自分」に近づきますが、何もしなければ何も変わらないものなので、「何かしらの行動に移す」ことはとても大切になります。

そして「理想が遠すぎる」と挫折することにも繋がるので、確実に理想の自分になること、理想の自分で在ることが出来るように、一歩ずつ着実に行動していきましょう

・理想の自分を明確にする

理想の自分になる為には、まずは「理想の自分を明確にする」ことが必要です。

理想の自分を明確にすることで、寄り道せずに理想の自分へと近づくことが出来ますし、人生は一度きりなので、出来るだけ「時間は大切に」使いたいですよね。

「変わりたいけど変われない」人というのは「変わることを望んでいない人」であり、「変わりたい人は行動に移している」ということを意識していれば、自分に言い訳をすることなく「変わる為の行動を取る」ことが出来るのではないでしょうか。

自分は「どんな自分として生きたいのか」、一度じっくり考えてみることは大切ですが、満たされない思いを満たしたいと考えるのではなく、「与える為に変わること」を意識することは大切ですね。

理想の自分の「着ている服」「話している言葉」「付き合っている人」「周りの人間関係」「仕事内容」「住んでいる家」「生きている環境」など、思いつく限り書き出してみることで

「自分が望んでいること」や「理想の自分像」が見えてきます。

・理想の自分とのギャップを埋める

理想の自分になる為に、「理想の自分像」をイメージすることが出来たら、次はそれに向けて「今の現実とのギャップを埋める」ことが大切になります。

一番簡単に変えやすいものは「着ている服」や「持っているもの」ですし

「仕事」や「住んでいる家」は急に変えられるものではありませんが、変えられないものでも無いので、タイミングを見計らって変えやすい時に変える方が「抵抗」は少なく済みますね。

人間関係は「自分が変われば変わるもの」ではありますが、「過去の人間関係に執着しない」こと、そして「新しい縁を繋ぐ」ことを意識して、理想の自分に合う人と付き合うことが大切になります。

「理想の自分」で在る為には「理想の自分を演じる」ことが理想に近づく一歩ですが、「理想の自分で在る」ことが「当たり前」になることで「理想の自分」として生きることが出来ますよね。

人は多かれ少なかれ「演じて生きている」ものですし、「自分はこういう人間だ」という「思い込み」を持っています。

つまり理想の自分で在る為には「自分の思い込みごと変える」ことが必要であり、自分の「思い込み」を変える為にも「行動を変える」必要があるのですね。

・理想の自分で「在る」為の行動を取る

理想の自分になる為には「理想の自分で在る状態」を保つことが重要になりますが、今の自分と理想の自分との「ギャップ」が埋まれば「理想の自分」として生きることに繋がります。

今の現実は「自分に合う現実」なので、現実的に「理想の自分に変わる為の行動」は必要になりますが、一歩ずつ着実に「変わること」を選択していけば間違いなく「理想の自分」には近づきますよね。

理想の自分は「普段どんなことをしているのか」や「どこに買い物に行くのか」「人とどんな会話をするのか」「どこから情報を得るのか」などを意識することで、自分が「引き寄せるものも変わる」ことになります。

「今の自分と同じまま」では「同じような現実」を歩むことを選択しているのと一緒なので

理想の自分ならどうするか」や、理想の人がいるのであれば、「その人なら何を考え、何を選択するか」を意識して行動することが大切になりますね。

・理想の自分は周りの人がいて創られる

「理想の自分」として生きる時に大切になるのは「理想の自分を創るのは周りの人」だという意識です。

人は1人では生きていけませんし、一人一人が世の中の流れや常識を創っているもので、自分は「その中で自分はどんな役割を果たすのか」を決めることが出来るだけです。

「ヒーローになりたい人」は「悪役が居なければ成り立たない」こと、「誰かを助けたい人」は「助けて欲しい人が居なければ成り立たない」こと

「モテたい人」は「追いかけたい人が居なければ成り立たない」こと、「人を成長させたい人」は「成長したいと思う人が居なければ成り立たない」ことを自覚すること

現実は「お互いの望みによって出来ている」と自覚した上で「理想の自分」として歩むことで、現実を受け止めることも出来ますし

自分の意識が変われば「理想が変わること」も在るものです。

理想の自分として生きる時には「その役割をさせてもらっている」という意識は大切になりますね。

◎理想の自分になる方法:要約

*理想の自分を明確にする

理想の自分になる為には、まずは「理想の自分」を「明確にする」ことが必要です。

理想の自分が明確になれば「それに必要な行動が明確になる」ので、行動を取りやすく、行動を取りやすいということは「現実を変えやすい」ということなので

遠回りせずに理想の自分に近づくことが出来ますよね。

*理想の自分とのギャップを埋める

「今の自分」と「理想の自分」とのギャップを埋めていくことが「理想の自分に近づく道」です。

そして「理想の自分で在る」ことが出来るように「現実的に変えられるものから変えていく」ことに意識を向けて行動していくことが大切になりますね。

*理想の自分で「在る」こと

人は大なり小なり「自分を演じている」もので、「どんな自分で在りたいか」に沿って現実を生きています。

「理想の自分」として生きることを選択するのであれば、今の現実がどうであれ「理想の自分で在る」こと、「理想の自分を演じる」ことで「立ち振る舞い」も変わってきます。

そして「自分の変化」は「周りにも伝わる」ものなので、自分が理想の自分で在ることを意識すると、周りの人も「そういう人」だと思い接してきてくれるので

「どんな自分で在るか」が「自分の現実を創っている」と意識することは大切ですね。

*理想の自分は周りの人がいて創られる

人の世の中というのは「関わり合い」「求め合い」「与え合い」「支え合い」で出来ているもので、「お互いにお互いがいて成り立っているもの」です。

つまり自分が「ヒーローになりたい」と考えていても「ヒーローを求めている人」が居なければ「ヒーローにはなれない」もので

「ヒーローになりたい」と考えなければ「ヒーローを求めている人」が自分の現実に現れることはありません。

「理想の自分」を意識する時には、そうした「周りの人のこと」も意識してみると、「理想の自分で在ること」は「周りにどんな人を集めること、創ることになるのか」も見えてきます

自分が「理想の自分」として生きること、「その役割をさせてもらっている」という意識を持ちながら、自分に「出来ることから行動する」ことが、あなたの現実を変えることになりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.