1:現実を創造する

手段と目的の違いを明確にして生きたい現実を生きる方法

更新日:

手段と目的の違いを明確にしておくことや、手段として選んでいることは「目的の為の手段」だと自覚しておくことは、何をするにも大切なことになるもので

自分自身の「目的を明確にする」こと、そして目的の為に出来ることが「手段」なので、その手段は色々とある選択肢の中の1つだと捉えることで

生きたい現実を生きながら、色々と自分に出来ることに目を向けることや、より「目的に合った手段」を選択することに繋げてもらえれば幸いです。

*自分自身の「目的」を明確にする

「目的を決める」ことは、それに向けて必要な「行動を明確にする」ことに繋がり、それが自分自身の現実を創っていくことになるので

「どんな人生を歩みたいのか」を「決める」ことから、詳細な「目的を決める」こと、そして「手段を決める」ことに繋がりますよね。

例えば「お金持ちになること」が「手段」であり「目的」ではないように

「勉強すること」も「手段」であり「目的」ではありませんし

その先にある「自分がやりたいこと」「在りたい自分」について考えてみる事が、自分が本当に生きたい現実を生きることに繋がります。

「目的」というのは、自分は「どう在りたいか」と捉えると分かりやすいかと思いますし

自分自身の「目的」を明確にする為には、自分自身と向き合うこと、そして現実と向き合うことも大切になるので

自分自身と向き合うことで、自分の「在り方」を明確にし、より自分が生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

*「目的」の為なら「手段」は変わっていい

「目的」が明確であれば、視野を広げて現実を見てみることで、その為の手段というのは色々とあることに気づきます。

例えば「心豊かに生きること」が「目的」であれば、その為の手段として「働く」ことや「運動する」こと、「感謝日記をつける」ことや「豊かさに目を向ける」ことなど

目的の為に選ぶ事が出来る「手段」というのは沢山あるもので、その中から自分が「生きたい現実に合うもの」を選択することになりますが

心豊かに生きること」が「目的」だとすると、「いま豊かさを感じている」こと、そうした状態で在ることはとても大切なことになります。

そしてその状態で「手段を選択すること」で、より生きたい現実を生きることにも繋がりますし

手段は目的の延長線上にある、と意識してみると分かりやすいですね。

例えば「幸せに生きている人」が結婚すると「幸せな結婚生活」に繋がりますが

「幸せになりたい人」が結婚すると「幸せになりたい結婚生活」に繋がるように

自分自身の「今の状態」が未来へと繋がっていくので、自分が「生きたい現実を生きていること」

「目的に合った手段を選択しながら生きていること」がとても大切なポイントになります。

*生きたい現実を生きること

手段と目的を混合してしまうと「何の為にこの手段をとっているのか」という状態になるもので

人の人生で起こりやすいことで言うと、「何の為に働いているのか」という状態になってしまうことに繋がりますよね。

自分が生きる「目的を明確にしておく」ことや「在り方を決めておくこと」は、目的の為に選んだ手段が目的から外れてしまいそうになった時にも

「目的を思い出す」ことによって、手段としてしていることの軌道修正をすることや、気持ちを切り替えることが出来るので

自分自身の目的、生き方、在り方を明確にしておくことで、より生きたい現実を生きることに繋げてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.