1:現実を創造する

人生は「自作自演」のドラマ

更新日:

人の人生は「自作自演」のドラマであり、人は「現実」と自分自身の「思い込み」の中で生きているものですが

その中で、私たちは「自分の人生」を「どのようなドラマにするか」や

自分が現実の世界で「何の役をして生きるか」は「自分で選ぶことが出来るもの」ですよね。

人は「自分に合う人生を生きている」もので、生まれた環境や育った環境によって、何が正しくて何が正しくないのか

何を信じて何を信じないのか、色々な選択をしてきたかとは思いますが

自分が生きたい現実、送りたい人生を決めることが、自分の人生を生きる為には大切になりますし

自分自身が「ドラマの主人公として」生きる事にも繋がりますよね。

・周りの人は自分に同調する

「人生は自作自演のドラマ」だと理解することは

それを「悲劇」にするか「喜劇」にするか、自分が現実をどう受け取るかや「何を引き寄せるのか」は「自分で選ぶことが出来るもの」であり

今の現実は「自分が引き寄せたもの」であり、「自分の立場が創っているもの」だと理解する事にも繋がりますよね。

例えば「学校の先生」をしている人は「勉強を教えること」や「生徒の話を聞く」こと、「生徒の将来を一緒に考えること」で「先生役をさせてもらっている」ことになりますし

会社に勤めて働いている人は「働く人」であることを選んでいることになりますよね。

今の現実が「自分が生きたい現実ではない」と感じる人は、「自分が本当に生きたい場所で生きる」為に、出来ることから行動することは大切になりますし

自分の周りにいる人や、周りの人の態度は「自分の立場がそうさせている」と、受け止めながら生きることにも繋がりますね。

・自分は何を広めたいのか

人は「自分が見たいものを見て、生きたい人生を生きている」ものであり

自分の現実は「自分が現実に与えたものが返って来ている」と気づくこと、実感することは

自分が「これからどんな現実を歩むのか」を、決めることにも繋がります。

自分が「無意識に与えているもの」が「与えたいと考えているものと違う」場合には

「生きたい人生を生きることが出来ていない」とか「引き寄せたいものが引き寄せられない」ことになるので

自分が現実から受け取っているものは「自分に合うもの」だと自覚することは大切になりますね。

人生は「自作自演」であり、自分が「どんな役割を果たすのか」は「自分で選ぶことが出来る」ものです。

例えば「村人」として生きたいのに、行動や発言が「勇者」をしていれば、自分の現実は「自分を勇者にする為の出来事」で溢れ

「生きたい場所と生きている場所が違う」原因になりますし

現実を受け止めて「勇者として生きる」ことを選択するか、勇者を辞めて「村人になる」ことを選択するかは「自分で選択出来るもの」です。

現実は「二択」ではありませんし、より多くの選択肢があるものですが

自分が「どんな立場で生きるのか」や「どんな役を演じるのか」は、ある程度「自分で選べる」ということ

そして今の自分の現実は「自分の立場」「自分の役割」によって出来ていることを自覚して

自分は現実で「どんな役割を果たしたいのか」を意識することが、「自分が本当に生きたい人生を生きる」ことに繋がりますよね。

・当事者意識を持って生きる

人生は「自作自演のドラマ」で、人は「自分に合った環境で生きる」ことになるので

自分の現実に起こった出来事に対して「誰かのせいにする」のではなく、「現実を受け止めること」や、「当事者意識を持って生きること」は大切になりますね。

私たちはみんなどこかで繋がっているもので、現実というのは「私たちが創って来たもの」であり

何かしらの行動を取った人が「責任を取る」事にはなりますが

そうした人を「創ったのは周り」だということを、自覚しているのとしていないのとでは「現実の見方」は大きく変わるものです。

人のせいにするのを辞めることで、「自分の人生」を歩むことに繋がりますし

そこからが本当に「自分の選択に責任を持ち、生きたい現実を生きる」ことになりますね。

◎人生は「自作自演」のドラマ:要約

*周りの人は自分に同調する

人生は自作自演のドラマであり、自分の周りにいる人というのは、自分が「生きたい現実を見させてくれる人」なので

自分の人生を「どのような人生にするのか」は、自分で選ぶことが出来るものだと気づくことで、今の現実を変えることや

より生きたい現実を生きること、やりたいことをすることにも繋がりますね。

*自分は何を広めたいのか

自分は何を広めたいのかを意識することは、自分が生きたい現実を生きる事に繋がりますし

自分の望みを広めることで、自分の周りにはそれに合う人が引き寄せられる事になり、現実が姿を変える事に繋がりますよね。

「楽しい人生を生きたい」なら、楽しさを広めること

「豊かな人生を生きたい」なら、豊かさを広めることで

それに合う人が、あなたの周りに集まる事になりますよね。

*当事者意識を持って生きる

「当事者意識を持って生きる」ことはとても大切なことで

自分の人生、見ている現実に対して、それは「自分が招いたこと」であり「自分が選択してきた事の結果」だと受け止められる人は

「人のせいにしない」ので、「自分を変える選択」をしていくことが出来ますし

「人の意見」に振り回される事なく、自分が信じる道を歩むことにも繋がりますよね。

誰かのせいにして生きることが、必要な時もあるかもしれませんが

出来るだけ当事者意識を持って、より生きたい現実を生きることが出来るように、その為の「行動を取る」ことを選択することが重要ですね。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.