1:現実を創造する

主体的に生きる為に大切な考え方と主体的に生きる為に出来ること

更新日:

主体的に生きるということは、自分の意思や判断によって行動すること、そうした生き方を選択することになりますが

主体的に生きることは、自分が生きたい現実を生きる為にはとても大切なことになりますし、生きたい現実を生きるために主体的に行動することで

より生きたい現実を生きることへと繋がるので

現実に対して当事者意識を持って生きることや、自分自身が主体的に生きること、行動することを選択することで

より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*自分の人生に責任を持つ

主体的に生きる為には、自分の人生に自分自身で責任を持つことはポイントになりますよね。

「被害者意識を持った成功者はいない」と言われるように、自分の現実に対して当事者意識を持っている時点で成功者とも呼べるかと思いますが

現実は自分が引き寄せたものであり、自分の現実に起こる出来事に対して「自分がどう解釈するのか」というのは自分次第で変えることが出来るものなので

現実に起こる出来事に対して「何を思うのか」「自分はどう行動するのか」「何を選択するのか」は「自分で選ぶことが出来るもの」だと意識して

自分が「生きたい現実に繋がるものを選択する」ことがポイントになります。

自分の人生に責任を持つことは、自分の現実は「自分が創っている」と自覚することも大切なことなので

今の現実というのはこれまでの自分が「選んできたもので出来ている」と自覚することで

これから自分が「何を選ぶことで、より生きたい現実を生きることに繋がるのか」も見えてきますし

それは、より生きたい現実に繋がる選択をすることにも繋がりますよね。

*現実を受け入れる

生きていると色々な出来事があるものなので、時には誰かのせいにしたり、環境のせいにしたりしたくなる時もあるかと思いますが

主体的に生きることを考えるなら、出来るだけ「現実を受け入れる」ことで自分自身の「行動を変える」こと

そしてそれによって自分が生きる現実を変えることがポイントになります。

主体的に生きている人は、今の自分の現実を受け入れることで、より自分が生きたい現実を生きる為に出来ることをしているものなので

自分自身の周りの環境を変えることや、出来るだけ生きたい現実を生きることに繋がる選択をすることで

より生きたい現実を生きることに繋げることが大切になりますね。

*自ら考えて行動する

主体的に生きる為には、自ら考えて行動する、ということも大切になります。

例えば人の意見に流されて自分が望まない方向へと現実が変わっていく場合、人の意見に流されない自分であることが大切になりますし

人の意見に流される前に、一旦自分で考えてから行動することで、自分の現実に対して責任を持って生きることにも繋がりますよね。

人の意見に対して「その意見を採用するかどうか」は自分で選べるものなので、人の意見を採用するなら、それも自分の責任だと捉えることが大切になりますし

日々の何気ない選択が自分の人生を創っていると意識することで、「自分が何を選択して生きているのか」を自覚しながら行動することで

より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

*自分の意見を発言する

人と話をする時には、相手に同調することや相手に共感を示すことで良好な人間関係を築くことが出来るものですが

自分の意見を発言すること、素直な意見を述べることで、自分が生きたい現実を生きることへと繋がりますよね。

主体的に生きることで自分が生きたい現実を生きることを選択するなら、自分の意見を言う方が自分に合う現実との繋がりを持つことにもなりますし

それは自分が引き寄せたいものを引き寄せることにも繋がります。

自分の意見を発言することで「自分がどのような人間か」が周知されることに繋がるので

自分の意見と合わない人は離れていくことになり、自分の意見と合う人が自分の周りに集まることに繋がるので、それはより自分に合う現実を生きることに繋がりますよね。

例えば「お花が好きだと言っていたからお花を贈ろう」とか「キャンプがしたいと言っていたから誘ってみよう」とか

相手が好きなことが分かっていると相手が欲しいもの、相手に合うものを贈りやすいですし

その方が贈る側も贈られる側も嬉しいですよね。

自分の意見を発言するということは「自分を知ってもらうこと」なので、自分を知ってもらうことで現実はより自分に合うものへと変わっていくので

自分とは違う相手の意見があっても、それを否定するのではなく、相手の意見を受け止め

自分は自分の意見を言うことで、お互いにとって生きたい現実を生きることにも繋がりますね。

*主体的に生きている人と関わりを持つ

主体的に生きる為には、主体的に生きている人と関わりを持つことも大切になります。

人は周りの人の影響を少なからず受けているものなので、主体的に生きることを選択するなら主体的に生きている人の輪に入ること、主体的に生きている人が多い環境で過ごすことで

自分自身も主体的に生きることに繋がりますよね。

自分の人生に対して責任を持ち、生きたい現実を生きている人たちと過ごすことで、自分自身もそうした価値観、考え方や自分の軸を持つことも出来るので

自分自身が「身を置く環境」も自分で選ぶことが、より主体的に生きることに繋がりますね。

*生きたい現実を生きる

主体的に生きることは、自分が生きたい現実を「自分自身で選んで生きている」という充足感を感じながら生きることになるので

自分の人生に対して豊かさや充実感を感じながら生きることにも繋がりますよね。

自分の現実は自分が創っているものであり、人は自分に合う現実を生きることになるので、出来るだけ生きたい現実を生きる為に「主体的であること」を意識して

より自分が生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さいね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.