1:現実を創造する

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)に目を向け、よりよい現実を生きる為に出来ること

更新日:

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)とは、「生活の質」や「生命の質」と訳されるように、私たち1人1人が、「ただ生きる」のではなく「どう生きる」のかに焦点を当て

自分自身の人生や、生き方に「満足しながら生きている」人を増やす事や

自分自身がそうした生き方をする事で、より多くの人が自分の人生に満足しながら生きることに繋がる考え方になります。

QOLの認知度や大切さが広く浸透する為には、多くの人が安全に、安心して暮らせる世の中であることや

一人一人の価値観・考え方が変わることによって、現実に対して満足しながら生きることに繋げてもらうことがポイントになるので

まずは自分自身が現実に満足しながら生きることが大切になりますね。

*QOLについて考える時に大切なこと

QOLについて考える時に大切なことは多々ありますが、特に大切なポイント、要点としては「足るを知る」ことや「人と比べない」ことで

「自分自身が現実に対して満足しながら生きる」こと

「足るを知る」ということは、「有るものに目を向ける」ことや「有るものに感謝する」ことで

「当たり前のように有るもの」に目を向ける事を、日頃から意識しておくと

日々感謝の気持ちを持ちながら生きる事にも繋がりますし、それは日々の暮らしに満足することに繋がりますよね。

次に、「人と比べない」ということは、自分と人との「違い」を受け止め、相手よりも「優れているか・劣っているか」で考えるのではなく

「自分がそれをいいと思うかどうか」を大切にすること。

人の意見というのは色々とあるもので、自分とは違う意見を持っている人の話は、自分の視野を広げる為には参考になるものではありますが

ある人にとっては「とても価値のあるもの」が、別の人にとっては「特に価値を感じないもの」だということもありますよね。

つまり自分は「自分の価値観を大切にする」こと

自分がこれまで歩んできた現実の中で、「大切にしたい人」「大切にしたいもの」「繋がっていたい場所」などに目を向け

人と比べることなく、自分の価値観を大切に生きることが、自分自身の「生活の質」をよりよくすることに繋がりますね。

*現実を見る

QOLに目を向け、より良い現実を生きることを考えるなら、「現実を見る」ことも大切になりますよね。

世の中は多くの人が、それぞれの思いや信念に従って生きているもので

自分とは意見が違う人もいるものですし、自分1人の力で何とか出来るものもあれば、出来ないこともあるものなので

自分は「自分が出来ることをする」ことや、それを行動に移すことが大切になります。

現実を見るということは、「実現可能なことから行動する」ことや、「日々の暮らしを大切にする」ことになるので

それが「自分自身の生活の質を上げる」ことに繋がり、それは自分と繋がっている人の生活の質を上げることにも繋がりますね。

人は自分と繋がっている人やもので自分自身を創っているものなので

自分自身が自分の生活をよりよくしていくことが、自分の周りの人の生活もよりよくしていくことに繋がります。

*自分が生きたい人生を明確にする

人によって「どんな人生を生きたいか」は異なるものなので、QOLについて考える時には、自分は「自分が生きたい人生を明確にする」ことや

自分が「何に価値を感じるのか」を知ること、自覚することは大切になりますよね。

「沢山の人と関わりながら生きること」に価値を感じる人もいれば

「自分がやりたいこと(創造的活動)をすること」に価値を感じる人もいるもので

それは自分が「いかに生きるか」や「どう在るか」を決めることにも繋がりますし

「自分が生きたい人生を明確にすること」で「生きたい現実を生きること」に繋がるので

「自分が生きたい人生を明確にする」こと、どんな人生を生きたいかを紙に書き出してみたり、ブレインダンプしてみることで

普段から自分が考えていることや、やりたい事に繋がる行動、今何をするべきか、何をしていたいのか等が見えてくるので

「何をすればいいのか」が分かると、現実を変える為の行動も取りやすくなりますね。

*人との繋がりを大切にする

人との繋がりを大切にすることは、多くの人にとってQOLの向上に繋がる要素になるかと思いますし

人は人との繋がりによって、より充実した人生を送ることにも繋がりますよね。

人との付き合い方はお互いにとっていい関係であることが大切になりますし

特に意識しなくても、人は自分と合う人と人間関係を築いていくことになるので、過去から今まで築いてきた人間関係を大切にしながら

新しく人間関係を築くことを意識することで

より多くの人と関わりを持つことや、それによって自分自身の現実をよりよくしていく事にも繋がりますね。

*時間を大切に過ごす

「時間を大切に過ごす」ことは、自分が人生を「どう過ごすか」、どんな人生だったか、ということに繋がるもので

私たちは生まれた時から、いずれ亡くなる運命にありますし、QOLについて考えるなら、「時間の使い方」についても考えておきたいものですよね。

人は自分が生きている「時間」を、どのように使うかは「自分で選べる」ものなので、生活の質を上げることや、自分らしい生き方を選択する為には

「生きたい現実を生きる時間を持つ」ことや

「やりたいことをする時間を持つ」こと

例えば、本が好きなら本を読む時間を持ったり、創作が好きなら創作する時間を持ったり、人と関わるのが好きなら人と関わる時間を持ったり

自分自身が「充実感を感じる時間を持つ」ことで、より生きたい現実を生きることにも繋がりますよね。

*お金の使い道を意識する

お金の使い道を意識することで、自分自身の生活の質をより自分が望むようにすることや

お金を「生き金」として世の中を循環させる事に繋がりますし

自分自身の「知識や経験」「人との出会い」を広げることや深める為に使うことで、より自分自身と繋がりのある人やものも増えますよね。

例えば、本を買うことで新しい知識を得て、それを自分の人生に活かすことが出来ると、充実感を得たり、より生きたい現実を生きることに繋がりますし

自分の価値観によって「生きたお金の使い方」というのは変わりますが

お金を使う時に「感謝の気持ちを持つ」ことや、お金を使う事によって世の中との繋がりを感じることで自分自身の心を満たすことは

より生きたい現実を生きることや、現実に満足しながら生きることに繋がりますよね。

*自分自身を大切に生きる

自分の生き方というのは、自分の周りの人の生き方と繋がる部分があるので

自分自身が自分を大切に生きることで、周りの人も自分を大切に生きる事に繋がりますよね。

その為にも自分自身が「健康的に生きること」や「知識や経験、学びや成長に目を向ける」こと、そして「生きたい現実を生きること」など

自分が自分自身を大切に生きることへと繋がりますね。

1人1人が自分を大切に生きることが、多くの人が自分を大切に生きられる世の中へと繋がりますし、自分自身の生き方を広める為には

自分は自分に出来ることをすることや、自分の周りの繋がりを変えていくこと、広げていくこと

引き寄せの法則でも言われているような「望むものを今感じる」ことや、それを今「受け取っている」ことを自覚することで

より生きたい現実を生きることへと繋がるので、自分は自分が生きたい現実を生きることで、よりそうした現実を広げることにも繋がりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.