1:現実を創造する

自分の世界を広げる方法

更新日:

「自分の世界を広げる」というのは、分かりやすく考えてみると「知らないものを知る」ことや、「経験したことの無いことを経験すること」、「他の人の見ている世界を知る」ことなどになりますが

自分の世界を広げるということは、「自分と世界を繋げる」ということで

それは世の中で起こっている事が「自分と繋がっている」「自分と関係のある」ものだと「意識出来るかどうか」も、重要なことになりますね。

多くの人は「自分に関係がある」と思うことだけに焦点を当てて生きているものですが

世の中で起こっていることというのは「全て自分にも関係があること」だと意識出来ている人は「自分の世界が広い」と捉えることが出来ますし

更に「自分の世界を広げる」為には、知識を増やすことや、自分自身で実際に経験をすること、自分の目で見て確かめる、ということが大切になりますね。

・自分の世界とは何か

「自分の世界を広げる」ことを考える時に大切になるのは、誰でも「自分が見ているもの」が「自分の世界」だということです。

今の世の中で「世界」と言うと、一般的に「地球」や「全人類」といったイメージになりますし

自分の世界を広げる、と言う言葉から連想されやすいのは「海外」や「未知の領域」に足を踏み入れること

例えば「コンフォートゾーンの外に出る」ことで今まで経験したことが無いようなことを経験すること、見たり聞いたり食べたり嗅いだり触れたり、「自分自身で経験する」ことで

本当に自分自身の世界を広げることに繋がりますよね。

自分の世界というのは「自分が知っているもから創られる」ので

まずは「知識を増やす」こと、そしてそれを「実際に経験する」ことで、自分の世界というのはどんどん広がっていきますね。

・知識を増やす

自分の世界を広げる為には「知識」はとても大切になりますし、人の現実、世界というのは「その人が知らないことは存在しない」ものなので

自分自身の「知識を増やす」「知らないことを知る」ことは、自分の世界を広げることに直結します。

今はインターネットで検索をかけることで「知識や情報」というのは「大量に出てくる」もので

1つの事柄を調べると、数珠繋ぎにそれに関連する知識や情報も出てきますよね。

ただ、何かを「調べる」にも「存在を知る」ことは必要になりますし

無料で提供されている大量の「情報」から「自分が何を選択するのか」も重要にはなるので

インターネットばかりではなく本などからも知識を得ることや、「知識のジャンル」を広めることも、自分の世界を広げることに繋がりますね。

人は基本的に「自分が興味のあるもの」「自分が興味のあるジャンル」を集めて自分の世界を創っているので

自分が興味の無い分野に関しての知識を増やしてみるのも、自分の世界を広げる為の、1つの選択肢になりますね。

・実際に自分自身で経験する

インターネットや本やテレビから「知識や情報」というのは大量にインプットされるような時代になっていますが

「自分には関係がない」と思うと、それ以上自分の世界が広がることはありませんし

人は自分が「安心して過ごせる範囲」である「コンフォートゾーン」に留まることを無意識に選択するものなので

その「コンフォートゾーンを広げる」ことが、自分の世界を広げることに繋がりますね。

それは「行ったことの無い土地に行ってみる」「食べたことの無いものを食べてみる」「読んだことの無い本を読んでみる」「普段関わらないタイプの人と関わってみる」など

出来ることから始めてみることで、自分に出来ることというのは増えますし、その分、自分の世界は広がることになるので

「行動すること」「経験すること」に焦点を当てながら生きることで、自然と自分の世界は広がっていきますね。

・人の価値観・考え方を知る

自分の世界を広げる為には「人が見ている世界を見る」ことも大切になります。

人はそれぞれが「現実に対する解釈」を持っていて、事実を事実のみとして見ることが出来る人というのはあまり居ないかと思いますし

事実に対して「何かしらの共感」をすることが多いですが

「何に共感するのか」というのは人によって違うものなので、人が「何に共感するのか」

特に自分とは価値観・考え方の違う人は「どんな価値観・考え方を持って生きているのか」を知ることで

「そういう見方もあるのか」と思えると、自分の世界を広げることに繋がりますね。

基本的に人は「同じような価値観・考え方・現実の見方」をしている人と繋がりを持つので

自分の世界を広げることを考えるなら「自分とは違う価値観・考え方・現実の見方」をしている人と繋がりを持つことが重要になります。

海外に行くと視野が広がるなどと言われるのは、今の自分の環境を客観的に見ることに繋がるからで

新しい視点から自分の立場を見ることが出来るようになるからですね。

海外に行ったことがある人から見ると、日本は驚くほど安全な国ですし

良くも悪くも「比べる」ことで自分の世界は広がるものなので、色々な世界を見ながら生きることで、より充実した人生を生きてみてはいかがでしょうか。

◎自分の世界を広げる方法:要約

*自分の世界とは何か

自分の世界というのは「自分が見ているもの」で出来ているので、自分の世界を広げる為には「未知の領域」に一歩踏み出すこと

「知らないことを知る」ことや、「経験したことの無いことを経験する」ことで、自分の世界というのは広がっていきますね。

*知識を増やす

人の現実というのは「その人が知っていること」からしか「選択肢が生まれない」ものなので、自分自身の知識を増やして「選択肢を増やす」ことで

自分の世界を広げることに繋がりますよね。

自分が知らないものは、世の中に存在していても「自分の世界に存在しない」ので、知識を増やすということはとても重要なことになりますね。

*実際に自分自身で経験する

「知識を増やす」ことで「自分の見ている世界」は広がり、「選択肢」や「可能性」はとても広がることになりますが、それを「実際に経験する」ことで、自分の世界に「深みが増す」ことに繋がりますよね。

「知識だけを持っている」のと「実際に経験している」のは違うもので、実際に経験することで「共感出来るようになる」こともありますし

「共感出来るものが増える」というのは、「自分の世界が広がった証拠」ですよね。

*人の価値観・考え方を知る

世の中には色々な価値観・考え方があり、人が「信じているもの」でグループが出来たり立場が出来たりしているので

自分と価値観・考え方が違う人は「何を信じているのかを知る」ことが、自分の世界を広げることにも繋がるので

自分が生きたい現実を生きている人は「どんな現実の見方をしているのか」を知ることで、より自分が生きたい現実を生きる為に出来ることをしてみたり

自分の世界を広げる為に、色々な人と会って話をしてみたり、人が興味のあるものに興味を持ってみること、好奇心を持って生きることが大切になります。

人は自分が行動した分、経験した分だけ「経験値」を積みますし、それだけ人生は充実したものになるので

好奇心のアンテナを立てて、興味を持って現実を歩むこと、行動することを意識して生きることが、自分の世界を広げることに繋がりますし

色々な経験をして、人生をより豊かに、充実したものにしてみてはいかがでしょうか。

-1:現実を創造する
-, , , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.