1:現実を創造する

現実を変える方法

投稿日:

現実を変える方法というのは色々とあるものですが、今の現実を変えたいと思ったり、より理想の現実を生きたいと思うなら「現実を変える方法」を「実践する」ことで自分の現実を変えることは可能ですし

より生きたい現実を生きる為には自分が「生きたい現実」を明確にして、その理想が現実になるように働きかけることが重要になりますが

現実を変えたいと思うなら、まずは自分が見ている現実は「自分がつくっているもの」だと知ること、気づくこと、自覚することが大切になります。

人はそれぞれ「自分が見たいものを見て、受け取りたいものを受け取っている」もので、今の現実は過去の自分が選択してきたこと、信じてきたことの「結果」としてここに在るので

これからの未来を変えていくことを考えるなら、「現実を変える方法」を身につけて、出来るだけ「理想の現実に向けた行動」を取る選択をしてみて下さい。

*現実は自分の望み通りだと自覚する

人は誰でも現実を見て自分が「信じたいもの」を信じ、信じたものに沿って「生きたい現実」を生きているものですが、今の現実がどんなものだとしても、現実を変えようと思うなら現実を変えていくことは可能です。

人を信じて生きている人は人を信じられる世界で生きることになりますし、自分には様々な可能性があると信じて生きている人は、可能性に目を向け色々な経験をしながら生きることになりますよね。

反対に人を疑って生きている人は人を疑わなければいけない世界で生きることになりますし、自分には何も出来ないと信じて生きている人は、出来るだけ何もせずに生きることになりますが

人は誰でも「自分に合う現実」を生きているので、似た境遇に生きている人でも、考え方1つで次にとる選択や行動が変わると、それは未来を変えることにも繋がります。

今の現実は過去の自分が選択してきたことの「結果」であり、自分に合う現実なので、今の現実は自分の望み通りの現実だと受け止めることは大切になりますし

もし「望まない現実を生きている」と感じるのなら、その現実から自分が「受け取っているもの」に目を向け、自分の「本当の望み」に気づくことや

より生きたい現実を生きる為には、自分が「信じたいもの」「信念」を変えることが大切になりますね。

人の生き方に「いい」「悪い」はないもので、現実は自分が信じたものを映す鏡なので、出来るだけ自分が生きたい現実を生きること、自分が「望む現実に目を向ける」ことが重要になりますね。

*望む現実に目を向ける

今の現実を変える為には「望む現実に目を向ける」ことがとても大切になりますし、望む現実に目を向けることで自分の「信念」や「行動」を変えることに繋がり、それは自分の周りの人にも影響を与え、周りの人の自分に対する見方も変わるので

自分が「望む現実に目を向けること」によって色々な要素が複雑に絡み合って、現実が自分が望む現実に変わることに繋がります。

結構複雑なので全てを理解しようとしなくても大丈夫ですし、舞台裏で行われていること全てを知ることは多分誰も出来ないものなので

自分が変えようと思えば「現実を変えることは可能」であり、その為には「望む現実に目を向ける」ことが大切だということだけ理解して

自分が生きたい現実を生きることを選択し、現実を変えることを選択してみて下さい。

大切なことは「望む現実に目を向ける」こと、そして「いま生きたい現実を生きる」ことです。

人生は今の積み重ねであり、自分が日々感じていること、考えていることが現実に引き寄せられることになるので、「いま何に目を向けるのか」を意識して、生きたい現実を生きることを選択し続けることが大切になりますね。

*視野を広げて可能性に目を向ける

現実を変える為には自分自身の視野を広げて可能性に目を向けることも、より自分の生きる世界を広げることにも繋がりますし、現実を変える「選択肢が増える」ことにも繋がります。

人は「知らないことは人生の選択肢に無い」ものなので、自分の「可能性を広げる知識」というのは現実を変える為にとても有効ですよね。

自分が生きたい現実、理想の現実というのも「自分が知っている知識からしか生まれない」ので、色々な人の生き方を知ることでそれを自分の可能性として選択肢を増やしたり

これから行きたい場所、見たいもの、食べてみたいもの、着たい服、住みたい家、一緒に生きたいと思う人、自分がやりたいと思うことも「知っていること」からしか生まれないですよね。

自分が視野を広げて現実を見渡し、自分の「未来の可能性」に目を向けることで、これから「何を選択するのか」も変わりますし、何を選択するのかが変われば未来が変わります。

現実を変える為には「生きたい現実に目を向ける」ことが大切になりますし、生きたい現実を明確にする為には「知っていることを増やす」ことも大切になるので

視野を広げて可能性に目を向け、色々な知識を増やすことで自分の世界を広げ、より充実した生き方にも繋がりますね。

*知識を増やす

人の人生は「自分が知っていることから成り立っている」もので、自分が知らないことは自分の現実には現れませんし、自分が知っていることに加えて、知らないことを知り続けながら人は現実を生きているものですよね。

人は特に意識しなくても「知らないことを調べて知る」ことや「新しい知識を増やす」ことをしているものですが、より生きたい現実を生きる為には「生きたい現実に繋がる知識を増やす」ことは大切になります。

例えば料理を上達させたいと思ったら、ネットで調べたり料理教室に通ったりして知識を増やし、それを実践することで料理の腕を上達させることが出来るようになりますし

料理よりも繊細さが必要になるお菓子作りは、自分自身が細かく計量したりレシピ通りに作ることがポイントになりますし

それを難しいと感じる人は、お菓子を作る前に「集中できる環境をつくる」ことの方が必要な知識になることもありますが

「自分の現実は自分が知っていることから創られる」と意識することで、生きたい現実に繋がる為に必要な知識を集め、現実をより自分が望む方向へと変える為の行動を取ることにも繋がるので

現実を変える為には「生きたい現実」に繋がる知識や気づきを増やすことも大切になりますね。

*人間関係を変える

現実を変える為には「人間関係を変える」ことは、言うまでもないかもしれませんが大きな変化になります。

人は自分の周りの人によって創られるので、自分がどのような人と人間関係を築くのか、誰と一緒に生きるのかによって大凡の未来は見えてきますし

人は自然と自分に合うコミュニティーに属しているものなので、そうした周りの人間関係、コミュニティーを変えることや、新しい人間関係を築くこと、新しくコミュニティーに属することで現実を変えることに繋がります。

「学生は学生」と、「社会人は社会人」と、「社長は社長」と、「主婦は主婦」と、その時々の自分の役割によってもコミュニティーに属する濃度は変わりますし

「共通の趣味のコミュニティー」や「地域のコミュニティー」「同じ目的を持った人が集まるコミュニティー」などに参加することで新しい人間関係の繋がりを構築することにもなります。

自分が変われば自分の周りの人間関係は変わるものなので、生きたい現実を生きながら新しい人との出会いや繋がりを大切にすることで

人との繋がりによって豊かさや充実感を感じながら生きることにも繋がりますね。

*環境を変える

自分の周りの人間関係と同じように、自分自身が身を置く環境を変えるというのも現実を変えることに繋がります。

周りの環境というのはとても大切なもので、自分の周りには自分と同じような人が集まることになりますが、環境を変えるとそこには自分と全く違う価値観や考え方、現実の見方をしている人が居ることもあるので

海外に行くことで自分の価値観が大きく変わったという人も居るように、そこに住んでいる人たちが「信じていること」というのは大きな力を持ちます。

海外に行かなくても日本に住んでいる人の中でも色々な価値観を持っている人は居るものなので、自分自身の価値観や考え方、現実の見方を変える為に環境を変えることや

より生きたい現実を生きる為に、生きたい現実を生きている人の多い環境に身を置くことで、自分の現実を変えることにも繋がりますね。

自分が「信じていること」というのは自分が生まれ育った環境によっても構築されていくものですが、それは変えることが出来るものでもあるので

より生きたい現実を生きる為には「自分が身を置く環境を変えること」を選択するのはとても有効です。

*習慣を変える

「人は習慣の生き物」だと言われるように、自分が持っている「習慣」を変えることは、現実を変える為には心強い味方になってくれます。

理想の現実に繋がる行動を習慣に落とし込むことが出来ると、特に意識しなくてもそれが出来るようになるので、現実はよりスムーズに自分が生きたい現実へと繋がっていきますし

習慣を変えることは自分の未来を変えることに繋がりますよね。

今の自分の日々の暮らし方、習慣になっているものを、より生きたい現実に繋がるものに変えていくこと、自分の日々の時間の使い方を見直してみたり、取り入れたい習慣を取り入れる為に「何を辞めるのか」を決めることも大切になるので

出来るだけ自分が生きたい現実を生きることに時間を使ったり、それに向けた習慣を取り入れることを選択することで、より「生きたい現実を生き続ける」ことにも繋がっていきますね。

*より理想の現実を生きることに繋がる行動をとる

現実を変える為には「行動」が必要になるので、現実を変える為の方法を知るだけではなく、それを実践することが現実を変える為に一番必要なことになります。

人が本当に望んでいることというのは「行動に現れる」ものなので、自分自身がどんな行動を取っているのかが自分の望みだと自覚しながら、自分自身の行動を変えること

「生きたい現実に繋がる行動をとる」選択をすることが大切になりますね。

それは例えば「健康的に生きる為に運動を習慣にする」ことだったり、「収入を増やす為の行動をとる」ことだったり「視野を広げる為に色々な人と関わる」ことだったり

「知識を増やす為に本を読む」ことや「リラックスする為にアロマを焚く」ことなど、規模や内容は人によりますが

より自分が生きたい現実に繋がる行動をとること、生きたい現実を今生きることが出来る人は、これから先もそうした選択や行動を取ることが出来るので

出来るだけ「生きたい現実を生きる為に行動できる自分で在る」ことを意識しながら生きることも大切になります。

*現実を変える為には「繋がりを変える」こと

自分の現実は自分自身が「繋がっているもの」で出来ているものなので、自分と周りの「繋がり」を意識して、自分が「何と繋がるのか」「誰と繋がるのか」「どんな気持ちと繋がるのか」が自分を創ることになると自覚しながら生きることで

より生きたい現実を生きる為の「繋がりを構築すること」が大切になります。

望まない現実を生きている時というのは「望まないものと繋がっている時」なので、出来るだけ生きたい現実を生きる為には「生きたい現実と繋がる」ことを意識することがポイントで

現実を変える為には、「変えたい今の現実」や「いやな感情」に目を向けるのではなく、「生きたい現実を今生きること」に意識を向けることが大切になりますね。

「望まない現実に目を向ける」ことはそこにエネルギーを注ぐことにも繋がりますし、何かあった時は「感謝できること」や「そこから学んだこと」に目を向け

出来るだけ「生きたい現実を生きる選択」をすることで、気持ちを切り替え、より生きたい現実を生きることへと繋げてみて下さい。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.