1:現実を創造する

自分に自信を持つ方法

更新日:

「自分に自信を持つ」ことはとても大切なことで、自分に自信がない人というのは「自己評価が低い」ので、周りの人の意見に動かされたり、人の機嫌を伺いながら生きる事に繋がりますよね。

自分に自信を持ちたい、と考えるのは、今の自分に対する評価が低いことから、自分が「価値のある人間」「価値のある自分」になることで

自分が望む現実を生きることに繋がる、と考えるからですよね。

自分に自信を持つことは、自分には価値があると「自分自身が思っている」ことが大切で

その為には現実の見方を変えることや、自分自身の在り方や行動を変えることが重要になるので

自分に自信を持つ為に、考え方を変えてみたり、出来ることから始めることが大切になりますね。

・人の意見を気にしない

自分に自信を持つ為に大切なことは、「人に褒められたい」とか「凄いと思われたい」といった「承認欲求」を手放すこと、気にし過ぎないことが大切になります。

世の中には沢山の人がいて、自分のことを褒める人も居れば貶す人もいるものですが、それらは全て「相手の現実の見方」に過ぎないので、気にしても仕方がないですよね。

例えば、勉強をしている人に対して「偉い」と言う人も居れば「時間の無駄」だと言う人も居るかと思いますが

「偉い」と思う人は、勉強する事に対する価値を高く見ている人で、「時間の無駄」だと思う人は、勉強する事に対する価値を低く見ている事になりますが

そうした「人の意見」というのは、自分の視野を広げたり、新しい価値観を知る為にはとても大切だったり、重要な事を言ってくれている場合もあるものですが

一番大切なのは「自分がどう思うか」で、「自分はどうしたいか」ですよね。

人の意見は「変わるもの」で、常識も「変わるもの」ですし

更に自分の立場が変われば周りの人の意見も変わるので、人の意見に一喜一憂するよりも、「自分が正しいと思う事をする」ことが、重要になりますね。

・現実を受け止める

自分に自信を持つ為には、現実を受け止めることも、とても重要なことになります。

それは例えば「生きている人はいつか死ぬ」こと、「人は主に外見で判断される」こと、「現実は自分が見たいもので出来ている」ことなど

特に、自分が「見たくないもの」や「受け止めたくないもの」、近しい人が亡くなったり、自分の弱さを感じた時に

それを「受け止める」ことは難しいと感じるかもしれませんが

少しずつでも現実を受け止めることで、それは自分自身の強さに変わりますよね。

現実を受け止める、ということは「事実だけを見る」ことや「等身大の自分自身と向き合う」ことでもあります。

人に対して不平不満を感じるのであれば、そうした現実を歩んでいる「自分自身を変える」ことを選択すること

自分の現実は「自分が創ってきたもの」なので、周りを変えたいと考えるのであれば、自分自身を変えることが、重要な要素になりますね。

・自分で自分を認める・信じる

自分で自分を認めること、信じることは、自分に自信を持つことに繋がります。

自分で自分を認めること、受容することが出来ない人は、自分の価値を「他人からの評価」に左右されがちで

周りの人の意見というのは確かに大切なものではありますが

それがあなたの価値の全てを決めるものではありませんし、価値がある人にならなければいけないという決まりもありませんよね。

「自分で自分を認めること」や、「自分で自分を信じること」が出来る人というのは、そうした周りの人の意見に対して客観的に自分自身を見つめることが出来ますし

それと同時に、自分が「周りの人を認めること」や、「周りの人を信じること」も、とても重要な事になりますね。

人は完璧ではありませんし、誰にでも自分の好きなところもあれば嫌いなところもあるかと思いますが、それでも「それが自分」で「人間」なので

人と比べて自信を持ったり無くしたりするよりも、今の自分を受け止め、自分自身の成長に焦点を当てること

人と比べるのではなく「違いを受け止める」ことも、大切になりますね。

・自分を変える為の行動を取る

自分に自信がない人というのは、自分で自分の価値を下げる事で自分自身を正当化したり、そこに居る事を無自覚に選択していることがありますが

現実を変える為には「現実を変える為の行動を取る」必要がありますし、自分に自信を持つ為に、出来ることから始めてみることも大切になりますよね。

単純に「出来ることを増やす」だけでも、自信を持つ事に繋がりますし、環境を変えることや人付き合いを変えることでも自分を変える事に繋がります。

人は誰でも「自分に合う現実を歩んでいる」もので、自分が変われば自分の周りも変わるものなので

自分に自信を持つことで、更に自分が生きたい現実を生きることに繋がるのであれば

出来ることから始めること、自分を変える為の行動を取ることを、選択することが、現実を変えることに繋がっていくので

「行動出来る自分」で在る事を意識しながら生きることも、大切になりますね。

◎自分に自信を持つ方法:要約

*人の意見を気にしない

人の意見というのは「相手の現実の見方」であり、それは人によって違うものなので、自分の視野を広げることや、人からどう思われるかの参考にはなりますが

大切なのは「自分はどう思うか」で「自分はどうしたいか」なので

その為には、多くの価値観や考え方、現実の見方を知ることから、本当に自分が選びたいものを選ぶことに繋がりますね。

*現実を受け止める

現実を受け止めるということは、「事実だけを見る」ことや「等身大の自分自身と向き合う」ことが重要な要素になりますが

今の自分が歩んでいる現実は「今までの自分が創ってきたもの」だと自覚することも、とても大切になりますし

そこから更に、自分が望む現実を歩む為の選択を取ることに繋がりますね。

*自分で自分を認める・信じる

自分自身の存在を認める・受容する・信じるということは、自分に自信を持つ為にはとても大切なことになるので

自分には価値が無いと思ったり考えたりするのであれば、そうした思考を持つ自分自身を受け止めること、そして変えることを選択することが大切になりますね。

*自分を変える為の行動を取る

自分に自信を持って生きる為には、自信を持てるような行動を取って行くことは必要になりますし

それは例えば「服装を変える」「言葉使いを変える」「仕事を変える」「食事を変える」「付き合う人を変える」など

自分が「変えられるものから変えて行く」ことで、現実を変えることに繋がっていきますし

行動しなければ何も変わらないので、少しずつでも、出来ることから行動して行くことで、「行動出来る自分」としての自信も、付くことに繋がりますね。

-1:現実を創造する
-, , , ,

Copyright© Create Reality , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.